1. ホーム
  2. 安心・安全への取り組み
  3. 特別栽培 - 特別栽培農産物

栽培履歴

特別栽培をはじめ、野菜別に代表生産者と確認者の情報、肥料・農薬の使用履歴を公開しています。

栽培履歴を確認したい野菜を選択

特別栽培農産物(農林水産省新ガイドラインによる表示)

2022年産ミニトマト«仁木町果菜研究会»

特別栽培農産物 2022年産ミニトマト(佐藤大策)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 佐藤 大策
住所 余市郡仁木町東町5-22
連絡先(事務局) 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1 第一石田ビル3F
011-632-9061 (事務局)
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
イミダクロプリド 殺虫 1回
クロラントラニリプロール 殺虫 1回
スルホキサフロル 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量

2022年産ミニトマト«仁木町果菜研究会»

特別栽培農産物 2022年産ミニトマト(槌谷幸司)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 槌谷幸司
住所 余市郡仁木町
連絡先 090-6690-6699
確認責任者 株式会社 マルタ  品質管理部
住所 東京都千代田区外神田6-5-12 偕楽ビル(新末広)3F
連絡先 03-5818-6961
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
栽培期間中不使用
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
グアノ燐酸 元肥 0kg/10a
硫加粒 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
ハイグリーン 元肥 0kg/10a
脱脂糠 元肥 0kg/10a
ダーウィン5000 元肥 0kg/10a
コフナMP 元肥 0kg/10a
釧路フィッシュ 元肥 0kg/10a
アミノ酸発酵有機 元肥 0.05kg/10a
TDアミノ828 元肥 1.12kg/10a

金井農園«仁木町果菜研究会»

特別栽培農産物 2022年産ミニトマト(金井農園)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 仁木町果菜研究会 金井進
住所 余市郡仁木町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
栽培期間中(現時点)不使用 その他 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
堆肥 元肥 0kg/10a
魚粕名人 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
SS 浪漫 3号 元肥 0kg/10a

ミニトマト(2022年産)«仁木町果菜研究会»

特別栽培農産物 2022年産ミニトマト(大塚秀則)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 大塚 秀則
住所 余市郡仁木町西町
連絡先 0135-32-2053
確認責任者 株式会社マルタ 品質管理部
住所 東京都千代田区外神田6-5-12 偕楽ビル(新末広)3F
連絡先 03-5818-6961
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
4-CPA 植物成長調整剤 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
堆肥 元肥 0kg/10a
ダーウィン5000 元肥 0kg/10a
米糠 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
TDアミノ555 元肥 0.4kg/10a

ミニトマト(2022年度産)«仁木町果菜研究会»

特別栽培農産物 2022年度産ミニトマト(大久保徹)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 大久保徹
住所 余市郡仁木町
連絡先 0135-32-2209
確認責任者 株式会社マルタ
住所 東京都千代田区外神田6-5-12 偕楽ビル(新末広)3F
連絡先 03-5818-6961
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
イミダクロプリド 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
アトム10号 元肥 2.94kg/10a
牛ふん堆肥 元肥 0kg/10a
米糠 元肥 0kg/10a
貝化石 元肥 0kg/10a
鶏ふん 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a

2022年産ミニトマト«中川 雅樹»

特別栽培農産物 2021年ミニトマト 中川雅樹
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 11 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 14 kg)
栽培責任者 中川 雅樹
住所 北海道樺戸郡新十津川町字中央52-44
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社 エプロン 販売推進部
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルフェノクスロン 殺虫 1回
ピリベンカルブ 殺菌 1回
ボスカリド 殺菌 1回
■ミルベメクチン 殺菌 1回
■微生物農薬の為カウントされません
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
バイオキング 元肥 0kg/10a
ケプラ有機 特088 元肥 5.5kg/10a
PKシリカFe 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
ユーキマリーン 元肥 0kg/10a