1. ホーム
  2. 安心・安全への取り組み
  3. 特別栽培 - 特別栽培農産物

栽培履歴

特別栽培をはじめ、野菜別に代表生産者と確認者の情報、肥料・農薬の使用履歴を公開しています。

栽培履歴を確認したい野菜を選択

特別栽培農産物(農林水産省新ガイドラインによる表示)

ばれいしょ(2021年度産)大西弘樹«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 ばれいしょ(男爵、キタアカリ、はるか)大西弘樹
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 10 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ  代表 寺島勝明
住所 北海道上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 2回
マンジプロパミド 殺菌 2回
ピラフルフェンエチル 植物成長調整剤 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
苦土入有機入粒状肥料S835 元肥 4.56kg/10a
畑のカルシウム 元肥 0kg/10a

2021年産 馬鈴薯«畑 正志»

特別栽培農産物 馬鈴薯(男爵、キタアカリ)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 7 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 畑 正志
住所 雨竜郡幌加内町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 (株)エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルオピコリド 殺菌 1回
プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1回
シフルトリン 殺虫 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
ピメトロジン 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 元肥 4.56kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a

寺島勝明(2022年産)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 キタアカリ、男爵
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 6 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ 代表 寺島勝明
住所 上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 基肥 4.56kg/10a
大豆粕 基肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 基肥 0kg/10a

ばれいしょ(2022年度産)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 斉藤雅司 (とうや、男爵、キタアカリ)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ 代表 寺島勝明
住所 上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ピラフルフェンエチル 植物成長調整剤 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 基肥 4.56kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 追肥 0kg/10a
畑のカルシウム 追肥 0kg/10a
ペレックスごま 追肥 0kg/10a

2021年産 馬鈴薯(男爵、とうや、キタアカリ)«羊蹄山麓馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 馬鈴薯 (三浦啓慎)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 8 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 5.5 kg)
栽培責任者 三浦 啓慎
住所 虻田郡ニセコ町字富士見
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
チアメトキサム 殺虫 1回
マンジプロパミド 殺菌 2回
シアゾファミド 殺菌 1回
フルオピコリド 殺菌 1回
プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
エコリード有機入り化成S50号 元肥 5.5kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a

ばれいしょ(2021年産)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 男爵・キタアカリ・とうや(寺島勝明)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 4 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ  代表 寺島勝明
住所 上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1第1石田ビル3F
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 基肥 4.56kg/10a
大豆粕 基肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 基肥 0kg/10a

2022年産 馬鈴薯(男爵、キタアカリ、はるか)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 馬鈴薯(外山)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 10 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ 外山駿介
住所 上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1第1石田ビル3F
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルアジナム 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
フルシトリネート 殺虫 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
アミスルブロム 殺菌 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
※節減対象農薬の削減率は最大使用回数の場合を記載しています。
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 基肥 4.56kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 基肥 0kg/10a
畑のカルシウム 基肥 0kg/10a
----- ホッカイコガネ -----

2021年産 馬鈴薯«㈲大牧農場»

特別栽培農産物 ホッカイコガネ(北海こがね)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 8 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 3.2 kg)
栽培責任者 有限会社大牧農場 村橋美学
住所 河東郡音更町字中音更西9-10
連絡先 0155-44-2647
確認責任者 有限会社大牧農場 宮田 真
住所 河東郡音更町字中音更西9-10
連絡先 0155-44-2647
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
オキソリニック酸 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
シモキサニル 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
アミスルブロム 殺菌 1回
フルトラニル 殺菌 1回
TPN 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
BN 微量要素 元肥 0kg/10a
過リン酸石灰 元肥 0kg/10a
BB  S805H 元肥 3.2kg/10a
オーガニック853 元肥 0kg/10a
----- 男爵 -----

2021年産 馬鈴薯(男爵)«㈲大牧農場»

特別栽培農産物 男爵
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 3.2 kg)
栽培責任者 有限会社大牧農場   五十川 賢治
住所 河東郡音更町字中音更西9-10
連絡先(事務局) 0155-44-2647
確認責任者 有限会社大牧農場 宮田 真
住所 河東郡音更町字中音更西9-10
連絡先 0155-44-2647
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
アミスルブロム 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
シモキサニル 殺菌 2回
フルトラニル 殺菌 1回
ベンチアバリカルブイソプロピル 殺菌 1回
フロニカミド 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
BN 微量要素 元肥 0kg/10a
AD混合有機M331 元肥 0kg/10a
BB  S805H 元肥 3.2kg/10a
過リン酸石灰 元肥 0kg/10a
オーガニック853 元肥 0kg/10a

ばれいしょ(2021年度産)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 外山駿介:ばれいしょ(だんしゃく、とうや、キタアカリ)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 4 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ 代表 寺島勝明
住所 上川郡美瑛町留辺蘂
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 1回
マンジプロパミド 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 基肥 4.56kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 基肥 0kg/10a
畑のカルシウム 基肥 0kg/10a

馬鈴薯(男爵、キタアカリ、はるか)«美瑛馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 馬鈴薯(大西)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 10 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 美瑛馬鈴薯出荷グループ 大西弘樹
住所 上川郡美瑛町
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン  販売推進部
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルアジナム 殺菌 2回
シアゾファミド 殺菌 2回
マンジプロパミド 殺菌 2回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 元肥 4.56kg/10a
大豆粕 元肥 0kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 基肥 0kg/10a
----- キタアカリ -----

2021年産 馬鈴薯(キタアカリ)«向井 翔一»

特別栽培農産物 2021年産馬鈴薯(キタアカリ)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 5.5 kg)
栽培責任者 向井翔一
住所 北海道真狩村加野53
連絡先(事務局) 011-632-9061
確認責任者 ㈱エプロン 商品管理室
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先(事務局) 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
フルオピコリド 殺菌 1回
プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
オキサチアピプロリン 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 2回
フロニカミド 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量

2021年産キタアカリ«羊蹄山麓馬鈴薯出荷グループ»

特別栽培農産物 キタアカリ(白井)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 10 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.56 kg)
栽培責任者 羊蹄山麓馬鈴薯出荷グループ 白井守
住所 北海道虻田郡留寿都村
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社 エプロン 商品管理室
住所 札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
マンジプロパミド 殺菌 2回
アミスルブロム 殺菌 1回
フルシトリネート 殺虫 1回
チアメトキサム 殺菌 1回
フルアジナム 殺菌 2回
プロシミドン 殺菌 1回
オキソリニック酸 殺菌 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
苦土入有機入粒状肥料S835 元肥 4.56kg/10a
ソイルバランス(ミネラル肥料) 元肥 0kg/10a
----- はるか -----

2022年産馬鈴薯(男爵、とうや、キタアカリ、はるか))«アグリテック真狩»

特別栽培農産物 2022年産 馬鈴薯
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 9 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 4.5 kg)
栽培責任者 横川善安
住所 北海道虻田郡真狩村字泉
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3-1
011-632-9061 事務局
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
リニュロン 除草 1回
フルオピコリド 殺菌 1回
プロパモカルブ塩酸塩 殺菌 1回
PAP 殺虫 1回
シモキサニル 殺菌 1回
ファモキサドン 殺菌 1回
アセタミプリド 殺虫 1回
フルアジナム 殺菌 1回
シフルトリン 殺虫 1回
シアゾファミド 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
有機888 元肥 5.5kg/10a