1. ホーム
  2. 安心・安全への取り組み
  3. 特別栽培 - 特別栽培農産物

栽培履歴

特別栽培をはじめ、野菜別に代表生産者と確認者の情報、肥料・農薬の使用履歴を公開しています。

栽培履歴を確認したい野菜を選択

特別栽培農産物(農林水産省新ガイドラインによる表示)

2022年産 人参«有限会社 長尾農産»

特別栽培農産物 にんじん(ベータリッチ、綾誉、翔彩、愛紅)
節減対象農薬 熊本県地域比   5 割減  (使用回数 7 回)
化学合成肥料(窒素成分) 熊本県地域比   5 割減  (窒素成分 6 kg)
栽培責任者 後藤 寿一
住所 熊本県上益城郡益城町惣領1958
連絡先(事務局) 096-289-0888
確認責任者 アグリネット九州 栽培管理部
住所 熊本県上益城郡益城町惣領1958
096-289-0888 事務局
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
キャプタン 種子消毒 1回
イプロジオン 種子消毒 1回
チウラム 種子消毒 1回
リニュロン 除草 1回
ペンディメタリン 除草 1回
ホスチアゼート 殺虫 1回
エマメクチン安息香酸塩 殺虫 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
三光野菜化成 元肥 6kg/10a

人 参(2022年産)«相馬野菜生産者グループ»

特別栽培農産物 トンネル春どり
節減対象農薬 千葉県地域比   5 割減  (使用回数 6 回)
化学合成肥料(窒素成分) 千葉県地域比   5 割減  (窒素成分 10 kg)
栽培責任者 相馬野菜生産者グループ  代表 相馬 清示
住所 千葉県印西市
連絡先事務局 0476-99-1300
確認責任者 京成青果 山本 敦史
住所 千葉県印西市
0476-99-1300 事務局
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
ペンディメタリン 除草 1回
ホスチアゼート 殺虫 1回
テフルトリン 殺虫 1回
メソミル 殺虫 1回
カスガマイシン 殺菌 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
豚ふん堆肥 元肥 0kg/10a
エコロイヤル0281 元肥 5kg/10a
マグホス 元肥 0kg/10a

特別栽培人参(2021年度)«肥後農産出荷組合»

特別栽培農産物 にんじん
節減対象農薬 熊本県地域比   5 割減  (使用回数 7 回)
化学合成肥料(窒素成分) 熊本県地域比   5 割減  (窒素成分 7.5 kg)
栽培責任者 肥後農産出荷組合
住所 熊本市東区桜木1丁目18-8
連絡先 096-368-5582
確認責任者 肥後農産出荷組合
住所 熊本市東区桜木1丁目18-8
節減対象農薬の使用状況 こちらを参照
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
※化学肥料の削減率は最大使用量の場合を記載しています。   7.2kg/10a

2022年産 人参«原谷農園»

特別栽培農産物 人参 (春夏播き)
節減対象農薬 北海道地域比   5 割減  (使用回数 3 回)
化学合成肥料(窒素成分) 北海道地域比   5 割減  (窒素成分 1.2 kg)
栽培責任者 原谷 義成
住所 北見市留辺蘂町平里397
連絡先事務局 011-632-9061
確認責任者 株式会社エプロン 販売推進部
住所 北海道札幌市西区二十四軒1条1丁目3番1号
連絡先 011-632-9061
節減対象農薬の使用状況
使用資材名 用途 使用回数
トリフルラリン 除草 1回
リニュロン 除草 1回
セトキシジム 除草 1回
化学合成肥料(窒素成分)の使用状況
使用資材名 用途 化学合成肥料(窒素成分)使用量
福一番 元肥 0.4kg/10a