1. ホーム
  2. 産地ブログ

三矢物産 玉ねぎ間もなく収穫

投稿日時:2019年2月22日 13:26 金曜日
今週、三矢物産(鹿児島)を訪問しました。

三矢物産は鹿児島の垂水や指宿の自農場で
豆類(スナップエンドウ、インゲン、さや豆等)、おくら、玉葱などを作っています。
昨今、農業での人材不足がトピックになっていますが、
三矢物産でもフィリピンやベトナムから現在18名の技能実習生がおります。
実習生、企業の厳しい条件を満たし、
外国人技能実習生受入の優良企業に認定されました。

収穫が近づいている作物〈新玉ねぎ〉
化学肥料、農薬を慣行基準の半分以下に抑えた栽培をしています。

今年は台風などの影響で定植が例年より遅れたため収穫も遅れる見込みですが
温暖な冬だったので生育は順調です!
▼三矢物産 水迫社長

















玉ねぎで悩まされているのは【猿害】
辛みが少なく甘い新玉ねぎだからか…猿がやってきて玉ねぎを引っこ抜き
丸かじりで食べる被害に合っています。
イノシシのように畑をひっくり返すわけではなく、1本ずつ抜くのですが
それでも結構食べられてしまいます。
▼猿が食い散らかした跡                ▼根と茎を残してきれいに食べます




















〈豆類〉は訪問した垂水の他、指宿地域でも栽培しています。
収穫時期に合わせて【ハウス、トンネルハウス、露地】と栽培のを分けて
切れ目なく秋から春まで出荷できるように計画的に作付されています。

今年はなんと、40年ぶりに一度も冬に霜が降りていません!
そのため、豆類は前進しています。

▼トンネルハウスのスナップエンドウ 













春の味覚ですね
▼収穫中のスナップエンドウ         ▼スジの気にならないさや豆【スジナイン】



















▼5月頃収穫予定のいんげん















玉葱は3月から順次収穫開始予定です!

投稿者:MITSU

佐賀玉葱近況

投稿日時:2019年2月7日 16:48 木曜日
ひぜん産直の会 佐賀の玉葱作況報告です。

2,3年前は病気による不作で大変苦しんだ佐賀ですが
今年の早生(マルチ栽培)は順調に生育していました。

【マルチ栽培(早生たまねぎ)】は10月中旬からの定植も順調に進み、
一月末まで干ばつ気味でしたが2月に入り雨が降り生育がさらに進む見込です。
▼順調な生育 品種:スーパーアップ

















ベト病の発生が少し見られますが、問題ない程度だということです。
現状のまま進めば、かなり収穫も期待できそうです!収穫は3月下旬からの予定です。
















中生~晩生【露地栽培】は苗の状況もよく12月上旬からの定植も順調でした。
現段階でベト病の発生が見られますが、まだこれからの天候次第…
特に4月上旬ころの状況がポイントになりそうです。

▼苗は雨をもらい活着していました

投稿者:

玉ねぎ 抽苔も

投稿日時:2018年8月28日 9:42 火曜日
前回もお伝えしましたが、
北海道では7月下旬から8月上旬の干ばつの後、
8月中旬からは雨が乾く前にまた次の雨というような状況で
圃場が乾かないため
根切りや収穫の時期に、畑に入れない状況が続いています。
玉ねぎの作業は10日~2週間以上も遅れている状態です。

▼畑がぬかるんで機械が入れません
















それ以外にも、今年の玉ねぎ畑で多くみられるのが抽苔(トウ立ち)です。
7月上旬に数日間低温にあたったことが原因です。

▼空知ではこのような抽苔が圃場で多くみられます。















▼抽苔した玉ねぎは抜き取らないと根切りなどができないため、
 作業に時間がかかり、遅れの原因にもなっています。













昨日NHKでも札幌黄の報道されていましたが、在来種で特にトウ立ちが目立ちます。
▼抜き取った抽苔玉葱…


















投稿者:MITSU

雨続きの北海道

投稿日時:2018年8月17日 10:42 金曜日
北海道では雨の無い時期が約3週間続いていましたが、
8/9からはずっと雨が続いています。
その影響で、玉ねぎの根切りや収穫ができない状態が続いています。
気温が低いので畑が乾くのも遅く、収穫が再開できるのは
早い人で来週21日か22日になりそうです。22日午後からはまた雨予報になっています…。
しかし、土質によってはさらに乾きにくいので再開できるのがいつになるのか予想できません。

▼岩見沢(南空知) 8/1~16の降水量、平均気温推移(気象庁データより)














▼美幌(オホーツク) 8/1~16の降水量、平均気温推移(気象庁データより)














7月下旬は気温も平年を上回る暑い日が続いていましたが、
昨日、今日は一気に冷えて長袖1枚では寒い気温です。
今朝早くには北海道の大雪山系黒岳で初雪が降りました…
(1974年以降では最も早い観測で、8月の初雪観測は2003年以来、15年ぶりだそう)

▼6月~8月上旬の平均気温、降水量、日照時間











6/20~7/10までの長雨の影響で水ヤケの影響が出ている圃場も有るところに、
その後は約3週間以上雨が降っていない干ばつの状況になりました。
肥大がしないまま倒伏が始まった圃場もあり、
晩生品種は小さいサイズが多く発生し収量は減少するのではないかと予想されます。

▼昨日の突風で倒れた在来種黄玉ねぎの種取り母球…
 また、昨日の夜、岩見沢で
 瞬間最大風速20mを超す
 突風が吹きました…
 
 種取り用の母球
 ネギ坊主の部分が重いので
 あと2週間ほどで
 刈り取る予定だったのに
 このように倒れたり、
 根元で折れてしまい…
 

 まだ被害がどうなるか
 わかりませんが
 今年は順調に来ていたのに
 残念でなりません。

投稿者:MITSU

在来種の母球

投稿日時:2018年7月26日 13:47 木曜日
南空知で栽培している在来種黄玉葱は、F1種のように種苗会社から購入するのではなく、
生産者がその土地で長年種取りして受け継いだものです。
南空知玉葱出荷グループ代表坂野さんのところでも
毎年、在来種の種取りをしています。

 4月10日母球を植えました。
 母球は、昨年収穫した玉ねぎから
 良いものを選んでおいたものです。
 これを植えて、ねぎ坊主を育て、
 花を咲かせて 種を取ります。









そして、今ちょうど母球のかわいい花が満開です!
ネギ坊主は小さい花の集合体。
「花つけ」といって、毛ほうきなどで花をはたき受粉させる作業を先週から行っています。
「花つけ作業」は8月初旬まで続きます。


















投稿者:MITSU
前の月
2019年 02月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28