1. ホーム
  2. 産地ブログ

コープ九州産直産地二次点検実施

投稿日時:2017年10月18日 13:30 水曜日
先週コープ九州よりバイヤー、理事さん、商品政策担当、の3名がお越しになり
産直産地での交流と生協GAP2次点検確認を行いました。

【美瑛馬鈴薯出荷グループ】
今年の点検対象生産者は斉藤幸一さんでした。
▼(左)斉藤幸一さん 7月の産直点検での指摘事項改善がされていることを確認しました。

















コープ九州様では1月から【はるか】の企画があります。
品種の違いを実感してもらうために
フライドポテトにしてはるか、キタアカリ、男爵の食べくらべを行いました。









【オホーツク玉葱出荷グループ】
今年の点検対象生産者は佐藤玲央奈さんでした。

▼(右から二番目)佐藤玲央奈さん 

















改善要請された項目、それが実際改善されているか現物を確認しました。


















美幌にあるタマネギ倉庫、選果場も訪問していただきました。

















美瑛のじゃがいも、オホーツクの玉ねぎもこれからまだまだ販売が続きます!

投稿者:mitsu

たいよう農園オホーツク玉葱産地視察

投稿日時:2017年9月14日 15:24 木曜日
先週、愛媛のたいよう農園さんが北海道のたまねぎ産地視察にいらっしゃいました!
たいよう農園さんは今年の春から新玉ねぎを出荷いただいている産地です。
玉葱だけでも約30ヘクタール、400枚の畑があり、
若手社員が大勢頑張っている勢いのある会社です。

まず、オホーツク玉葱出荷グループ代表 佃徹さんを訪問しました。
▼粗選の作業に加わり、粗選基準の説明をして頂きました。
おそろいのオレンジのシャツが井上専務と本田常務のお二人


















▼大型防除機のスプレイヤーや移植機などを見せて頂きました。
「この規模は、愛媛ではありません」


















たいよう農園でも北海道使用の機械を購入しているのですが
実際の美幌の機械とは能力が大きく違うことに、驚き!
また、大きい機械でも作業は繊細に行っていることなど
多くのことに気づきがありましたとお二人。

「美幌の選果場」では全てがオートメーション化されていることや
また、1日に30基以上もの選果スピードにとても驚いておられました。
▼2階から選果の流れを見学

















播種、移植、防除、根切り、収穫、粗選果、選果とひととおり
使用する機械も見せていただき、たいよう農園のお二人は大いに感激されていました。
とても実のある出張になったと、
お帰りになってすぐに、出張の様子を動画に編集して送っていただいたほどです。
今後の、新玉ねぎの生産に色々と生かしていただけそうです!

投稿者:MITSU

コープしが様 産地視察

投稿日時:2017年8月29日 10:10 火曜日
先週、コープしがの組合員理事さんによる産地訪問がありました。

【空知高糖度とまと生産組合 五十嵐さん(美唄市)】
有機肥料とミネラルを中心とした土作りと必要最小限しか水を与えない栽培で
フルーツトマトを作っています。


















1個1個出荷の際も糖度を測っている【糖度計】を実際使わせていただき
糖度7度、8度、9度の食べ比べを行いました。
1度上がるごとに、味が変わることを実感!
酸味もあって、うま味濃厚な味わいでした。


















赤いから甘いわけではないんだと体感しました。


















赤さよりも、トマトのお尻の部分に星マークがあるものは甘いんです。














続いて、コープしが産直産地でもある
【南空知玉葱出荷グループ】代表の坂野さんを訪問しました。


















あいにくの雨模様でしたので
坂野さんが種取りしている「在来種 黄たまねぎ」を見せていただきました。
種苗会社が作るF1種ではなく、毎年生産者さんが種取りをしてる伝統野菜です。

▼晴れたら外に出しますがこの日は雨のなので倉庫内で乾燥させていました。

















▼数日前に刈り取った母球のネギ坊主の部分。
 10月まで乾します。


















▼黒いのがはじけて出てきた、在来種黄玉の種です。
生産者さん自らが、種をつないで行っている貴重な品種です。

















写真がないのですが…
夜には、以下の産地の食材を使用した、料理・食べ比べを行い、
品種による味・食感の違い、調理方法の違いを実感していただきました!

●岩見沢市、坂野俊一、たまねぎ(ピルシー、黄玉、白玉、オホーツク222)は
丸焼きや、オニオンスライスで。
●美瑛馬鈴薯出荷グループ 外山貴司さんの(とうや、男爵、キタアカリ)は
フライドポテトやポテトサラダで。
●美唄市、五十嵐さんのフルーツトマトはカプレーゼで。

訪問を通じて、産地をより身近に、興味を持っていただけました!

投稿者:MITSU

玉ねぎ収穫動画

投稿日時:2017年8月1日 15:31 火曜日
玉ねぎ収穫動画をアップしました。
7月に収穫が始まったばかりの動画ですので、まだ葉が青々としており、
8月下旬から9月上旬の収穫最盛期とはまたちょっと様子が違います。

▼収穫の1~2週間前に行う「根切り」作業
 玉ねぎの根を切ることで、茎葉が枯れあがり、玉葱の裂皮を防いでくれる効果も。


▼ハーベスタで収穫①…葉付きのまま引き上げられていきます。



▼ハーベスタで収穫②…葉が切り取られ後ろの鉄コンテナへと入ります。

投稿者:MITSU

北海道産たまねぎ収穫始まりました!

投稿日時:2017年7月21日 11:25 金曜日
昨日から、オホーツク玉葱出荷グループの最も早い生産者さんの収穫が始まりました。

▼極早生品種の根切りは7/19~一斉に始まりました。













▼7月半ばに根切りをして、7/20~収穫スタートしました。
 来週末からの出荷に向け、今日から雨の予報が続く為、早めに始めました。














▼とれたての玉葱。出荷まであと約1週間です。













南空知玉葱出荷グループでも早い人は7/15から根切りを始めており、
7月末から収穫開始予定です。

玉葱の生育状況は、農政部発表データではほとんど平年並みとなっています。
しかし、半月前にお伝えした状況から一変してオホーツク、南空知とも
現状としては、小玉傾向で収穫量は10a当たり4基を下回るのではないかとも
予想され、5年前の不作の年を思わせるような状況です。

圃場や地区(土質)によっても差が大きくなっています。
6月は多雨、低温、7月は真夏日や猛暑日が道内各地7日以上もある高温続きで
玉が肥大せず…一連の気候の影響を受けています。

▼北海道農作物生育状況7月15日現在(北海道農政部7/20発表)より
 玉葱産地の生育推移をまとめました。

投稿者:MITSU
前の月
2017年 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31