1. ホーム
  2. 産地ブログ

美瑛町のじゃが芋とブロッコリー

投稿日時:2020年9月19日 13:22 土曜日
北海道では8月下旬頃より気温が下がり始め、今では秋の涼しさも感じられる様になってきました。


当ブログにて何度か生育状況をご紹介していた、『美瑛馬鈴薯出荷グループ』ですが、2020年度産の収穫作業を無事に終了致しました。

今年も高品質の馬鈴薯が平年以上に収穫されたとあって、生産者一同喜んでおります。

既に7月中旬より販売中ですが、好評により1月下旬頃に【品種:はるか】今期の販売が終了する見通しです。

▼今年最後の収穫作業 (2020.9.17撮影)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

同町の萌育実生産組合では、ブロッコリーの収穫作業が行われています。

8月中旬までは順調に生育・収穫していたのですが、お盆を過ぎてから急激な気温の乱高下が連続して起こり、ブロッコリーの生育に重大なダメージを与えました。















収穫できずに、腐敗してしまった株も大量に発生しました。

今はようやく落ち着いた天候となり収穫が再開されています。

▼萌育実生産組合収穫の様子 (2020.9.17撮影)


今年も10月中旬まで出荷を予定しています。
順調な天候を願うばかりです。。。


9月15日現在、各作物の生育状況となります。

投稿者:itoshin

北海道産、じゃが芋・玉ねぎ・人参 本格収穫スタート

投稿日時:2020年8月1日 11:3 土曜日
北海道では7月中旬よりようやく晴天が続き、夏らしい気候となってきました。
北海道代表野菜である、じゃが芋・玉ねぎ・人参の収穫作業が本格的にスタートしました。

☆ じゃが芋 ☆
美瑛馬鈴薯出荷グループの寺島さんでは、デガーという機械で芋を掘り上げ、手拾いにて収穫作業を行います。
早出しのじゃが芋は皮が柔かく、打撲に弱いので手で拾い上げ慎重に扱います。

▼手拾い作業の様子  (7/27撮影 美瑛町:寺島さん)



▼ 美瑛の広大な大地での収穫作業  (7/27撮影 美瑛町:寺島さん)




☆ 玉ねぎ ☆
北海道産玉ねぎも収穫がスタートしています。

岩見沢市の坂上さんでは、コチラもデガーという機械で玉ねぎ4畝(うね)分を1箇所にまとめて、一気に収穫します。
坂上さんは「今の作型、早生はとても良好!晩生品種は肥大期に入っており、これからの天気が重要、まだまだ油断できない」とのこと。

▼ 玉ねぎ収穫作業   (7/21撮影 岩見沢市:坂上さん)



☆ 人参 ☆
北見市の原谷さんでは7月30日より、収穫をスタートしました。
最初に収穫する圃場では、サイズ~Lサイズが中心で、割れや奇形も少なく、品質は良好です!


▼ 初回収穫圃場(7/29撮影) 品種:天翔












お盆過ぎ~8月下旬に収穫予定している圃場では、播種時期(5月下旬頃)の干ばつにより発芽遅れの影響を受けています。

その後の降雨で発芽はしていますが、生育は遅れ気味と原谷さんは心配しています。

全体としての生育は良いが、干ばつ気味なので少し雨が欲しい。少しだけ。原谷さんはおっしゃいます。


今年も干ばつや日照不足などの天候不順もありましたが、無事収穫スタート出来ています。
この調子で豊作となることを願っています。

投稿者:itoshin

美瑛のじゃが芋収穫目前

投稿日時:2020年7月16日 16:36 木曜日
美瑛馬鈴薯出荷グループのじゃが芋が、収穫を目前に控え恒例の目揃え会が開催されました。

今年から新会長となりました、寺島勝明さんより『私達は安心安全で、おいしいじゃが芋しっかりお届けする』というという力強いお言葉を頂きました!

▼新会長、寺島勝明さんによる代表挨拶











また、美瑛馬鈴薯出荷グループの会長として18年間務め上げた、前会長の外山夫妻へグループより花束贈呈のサプライズがありました。











長きに渡り、グループを牽引して頂きありがとうございました。
株式会社エプロンからも厚く御礼申し上げます。


今年は4月中旬からの干ばつや、6月中旬からの日照不足もありましたが、
順調に成育し、平年よりやや早い収穫を迎えることが出来そうです。

そして、待ちに待ってた試食会!
調理はシンプルに炭火にホイル焼き。
これも恒例行事となっています。










今年の男爵芋の出来は…なまら美味いです!!!

早い時期にも関わらず、澱粉がしっかり乗っていてホクホク感があり、
味付けをしなくても、充分美味しく頂きました!


有機質肥料とたっぷりのミネラル肥料を使い、収穫前に大きな降雨も無かったこともあり、素晴らしく美味しいじゃが芋になりました。

今月下旬より、毎年出荷しています契約販売先様へお届けとなります。

▼美瑛馬鈴薯出荷グループのメンバー

投稿者:itoshin

じゃが芋マルチ剥ぎ作業とハウスアスパラ定植作業

投稿日時:2020年6月1日 15:1 月曜日
今週の北海道は一気に気温が上がり、夏の様な天気となりました。

オホーツク地方では5月30日以降連続して最高気温が30℃を越える真夏日を記録しており、
少し遅れ気味だったタマネギの生育も遅れを取り戻しています!


以前の産地ブログ(4月7日、4月20日)にて紹介しました、
美瑛馬鈴薯出荷グループ、寺島さんのじゃが芋(男爵)ですが、低温対策のパオパオを撤去する作業が行われています。

▼パオパオ撤去作業(男爵)



家族総出での作業には、3人の息子さん達(13歳)(11歳)(8歳)も大活躍です。



芽出し作業 ⇒ パオパオ被覆作業 ⇒ パオパオ除去作業 ここまで大変な作業
を行いました。

気になる生育差はコチラです!














こんなに生育に差がついています!

最も早い『芽出し+パオパオ』は通常パオパオよりも7日程生育が早く、7月20日頃の収穫を目指しています。


ここから先の生育は自然の恵みを受けて、成長していきます。




富良野の匠ファームからは、少し珍しい作業風景を紹介します。

それはハウスアスパラの定植作業です!

前回の産地ブログにて露地アスパラの収穫や選果の様子をお届けしましたが、

露地の収穫時期は、ハウスの定植時期でもあるんです。


▼植付けする苗はとても細く、慎重に扱います。









植付けはもちろん手作業!

約360坪のハウスへ4000本の苗を植え付けました。

▼植付けの様子


30cm間隔で丁寧に植えをします、株間に土を盛っているのは、マルチ内で熱せられた

熱風が植付け穴からアスパラ苗を直撃するのを防ぐためです。

この熱風により苗が枯れてしまうこともあるので、とても大事な作業になります。


これからハウス内で、温度管理・水分管理を続けます。

2年目となる来年は『生育が順調に行けば、数日間収穫はできる』とのこと。

養分をしっかり貯めて、再来年の3月下旬頃からの本収穫を目指します。

今回植付けを行った品種:ウェルカムATは太物の発生率が高い特性がありますので、

順調に生育し収穫を迎える日が待ち遠しいです。

投稿者:itoshin

じゃが芋の植え付けが始まりました!

投稿日時:2020年4月20日 18:1 月曜日
美瑛馬鈴薯出荷グループではじゃが芋の植え付け作業が始まりました。

今年の冬は雪が少なく、春の天候に恵まれたことから例年よりも5日~7日程早い

4月17日より開始されました。



先日ご紹介した、美瑛馬鈴薯出荷グループの寺島さでも植え付け作業が行われています。


▼ まずは、芽出した種芋を拾うところから始まります。



▼ 種芋からわずかに発芽しているのがわかります。



芽が1cm程度で植え付けを行います。

長すぎると植え付け時に折れてしまうので、絶妙なタイミングが必要となります。






▼ 次に植え付け作業を行います。


機械による植え付けを行いますが、種芋が畑に落ちないと欠株となってしまうため

人の手で調整を行っています。



植えた後は低温・風害から守るため、パオパオという不織布にてじゃが芋を守ってあげます。

▼ パオパオで覆われた圃場の様子











春早くから、たくさんの手を掛けることで、7月15日頃に収穫を行うことが出来るんです。



生産者の寺島さんによると『植え付け後に低温や降雨が続くと、土中で種芋が

腐ってしまうので、これからの天気に注意が必要』とのこと。



じゃが芋の植え付け作業は5月上旬まで行われます。


2020年産はグループ全体として、男爵13㏊・とうや1㏊・キタアカリ8㏊・はるか2㏊

作付により、合計約600tの生産を予定しています。

投稿者:itoshin
前の月
2021年 03月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31