1. ホーム
  2. 産地ブログ

北海道産ブロッコリー 收穫開始

投稿日時:2022年6月16日 9:48 木曜日
北海道産ブロッコリーの収穫がいよいよ始まります。

中富良野町の匠ファームでは4月14日に定植を開始。
5月はなかなか気温が上がらない日が多く、霜の被害や近隣ではひょうの被害もあったほどです。

低温の中ですが適度な降雨があり、予定よりも3日~4日ほど遅れた6月20日からの収穫に向けて着々と準備を進めています。

▼ 匠ファームブロッコリー   定植:4/14  撮影:6/15  品種:ピクセル















初収穫後も継続して収穫作業が行われ、シーズンで約54ha、150万玉の收穫、出荷を計画しています。


------------ばれいしょ----------------------------------------------------------

美瑛馬鈴薯出荷グループのばれいしょも順調に生育しています。

例年通りの4月21日より植え付け作業が始まり、適度な降雨もあり順調に生育しています。
早期出荷する圃場ではパオパオという不織布を使い、低温対策を行っていますが、先日除去作業が行われました。

▼ 美瑛町 寺島勝明さん パオパオ除去作業


畑一面となると張るのも剥がすのも家族総出で行います。


5月中旬から低温の期間が長く続きましたが、馬鈴薯は低温には強く順調に生育しています。


▼ 美瑛町 寺島勝明さん  6/15撮影 品種:男爵  
















早くも一輪だけ開花を確認できました。
これから次々と花が咲き、土の中ではじゃがいもが肥大する大切な時期となります。

7月20日頃に予定している收穫がとても楽しみです。



------------ミニ大根----------------------------------------------------

北海道南部、七飯町の木村さんでは“ミニ大根”の収穫が始まりました。


例年通りの4/9に播種を行いましたが、4月の干ばつによる発芽遅れと5月の低温による生育不良により、例年よりも7日~10日程遅れて収穫開始となりました。

ミニ大根とは一般品種の半分の長さ(20cm~25cm位)のもので、
一般品種を早期に収穫しているわけではなく、ミニ大根専用品種にて栽培を行っています。

害虫が寄りやすいため夏場の栽培は難しく、木村さんの出荷期間はシーズンで約2週間のみと大変貴重な野菜となっています。

▼ミニ大根生産者 七飯町、木村さん  品種:味いちばん

















今後、約2週間掛けて約60,000本の収穫、出荷を予定しています。

投稿者:itoshin

玉葱、ブロッコリーの定植開始

投稿日時:2022年4月15日 17:24 金曜日
4月に入ってからは平年よりも気温の高い日が多く、安定した天候が続いています。
畑にあった雪もすっかり融けてなくなり、圃場での農作業が慌ただしくなってきました。

空知地区南部の栗山町では玉葱(早生品種)の定植作業が開始されました。

▼定植作業の様子                                (撮影日4/13 栗山町)


適度な土壌水分もあり、良好な圃場条件です。
今年の栗山町は積雪量が多い年でしたが、例年通りの定植を迎えられて生産者はほっとした様子でした。

全道的には4月15日~25日には定植作業がピークを迎え、天候状況によりますが例年より5日前後早い5月の上旬に定植作業が終了しそうです。

今後、防除や管理作業を経て、極早生品種:7/中~ 早生品種:8/上~ 中生品種:8/中~  晩生品種8/下~の収穫期を目指し管理作業が始まります。



中富良野町 匠ファームでブロッコリー定植作業が開始されました。


▼ 匠ファーム  ブロッコリー定植作業                        (撮影日4/14)

この日の最高気温は10℃と肌寒い日でしたが、1.2haの定植・補植作業が行われました。
順調に生育すると例年通りの6/20頃から収穫作業が行われます。

匠ファームでは6/20~10/中旬まで、54ha(約150万玉)の生産を計画しており、多忙な日々が続きます。


美瑛馬鈴薯出荷グループの寺島さんでは前進栽培(男爵)の種芋に対して“芽出し作業”が行われました。


芽出しとは、種芋を一度土の中で発芽・発根させる作業です。
芽出しを行うことで植え付け後の生育が早く、早期出荷でも皮が剥けにくい良質な馬鈴薯の
生産に繋がります。

▼ 馬鈴薯(男爵) 芽出し作業(伏せ込み作業)              (撮影日4/5)


伏せ込み後はパオパオ(被覆資材)によって、保温・保湿しながら管理を行います。

▼パオパオによって被覆されている様子










そして伏せ込みより10日後…





















わずかに芽が出てきました!
が、これではまだまだ芽が小さく植え付けまでは、あと10日程必要とのこと。


植え付け時期は芽の伸長にもよりますが、例年通りの4/25頃を予定しています。

それまでハウス内での管理作業は続きます。



気象庁より発表された北海道の長期予報(4/14発表)によりますと、向こう1ヶ月での平均気温が平年+2℃以上となる地域が多く、農作業が進むと一方で局所的な高温の発生に注意が必要です



投稿者:itoshin

九州産ばれいしょの産地状況

投稿日時:2021年11月30日 10:57 火曜日
今年の北海道の馬鈴薯は、干ばつ及び高温の影響で、収量減・小玉傾向とお伝えしました。

今現在収穫を迎えている長崎産の秋じゃがいもも、
ちょうど生育期にあたる9月後半から、特に10月はほぼ雨がなかったため、
肥大が中々進まず、全体的に小玉傾向と予想されます。
(※秋じゃがいもは9月ごろに植え付け、11下旬~12月に収穫する作型です)

▼長崎島原市の合計降水量のグラフです。雨が少ないことがわかります。
















▼秋じゃがいも収穫真っ只中の産地の様子です(11/26撮影 長崎県島原市)





















































ボールペンとじゃがいもを比べている写真がありますが、おおよそ直径3cm程度と非常に小ぶりとなっています
















全国の馬鈴薯の総生産量(令和2年産216万5,000t)の内、1位の北海道の構成比は80%、
九州の長崎県は3%と少ない構成比ではありますが(以上、出典+データ引用・グラフデータ加工元:農林水産省Webサイト)
今年の馬鈴薯を取り巻く状況は、引き続き厳しいものとなりそうです。

投稿者:tomo

馬鈴薯の作柄

投稿日時:2021年9月2日 13:52 木曜日
HPのバックアップ作業などにより、更新が滞っており大変申し訳ありません。
また本日から更新していきますので、何卒よろしくお願いいたします!

***

さて、今回は北海道馬鈴薯の作柄についてです。

8月下旬から北海道の各産地で本格的に収穫が開始しました。
8月上旬に待望の降雨があったことから、茎葉が枯れる前の圃場で肥大が期待されておりました。
しかし、干ばつの中で成長した芋は、想像以上に成熟していたことから、
二次生長が多く発生してしまいました。


二次生長が起きてしまうと…
▼裂開



















まるで、収穫作業の機械などで傷つけてしまったような跡ですが、
干ばつ後の降雨で急激に肥大すると発生しやすい自然的な現象です。

美瑛馬鈴薯出荷グループでも、馬鈴薯全体的に小玉傾向と以前お伝えしましたが、
▼特にキタアカリがこの裂開がとても多く…(美瑛 8.23 撮影)







一部の生産者ではキタアカリの製品率が3割程度の見込みと深刻な状況です…。










男爵やとうやは、少し早い植え付け分、小玉傾向と少々の裂開で収まっていましたが、
キタアカリは天候の影響を一身に受けてしまいました。

▼小玉も多く散見されます。(美瑛 8.23 撮影)






















以前お伝えしたように、小玉でも、味はとっっても美味しいのです!


←味付けをしていますが、調味料がいらないくらい味の濃い馬鈴薯でした!
ミネラル肥料の投入、尚且つ今年の強い寒暖差により、
どの品種でもライマン価が高い傾向を示しており、食味の良い馬鈴薯に仕上がっているだけに、収量が落ちてしまうのはとてももったいないですね…。


エプロンでも販売の仕方の話し合いを進めています!

その他の産地では、
 ・羊蹄地区でも同様で、おおよそ半作の見込みで、尚且つ小玉傾向のことから昨年に比べ収量は激減すると予想されています。

 ・当初比較的収量がありそうであった十勝地区でも下方修正になってきており、メークインは平年の80%程度と予想が出ています。

 ・JAでは、ポテトチップス向けなどの加工用馬鈴薯も大きく不足する可能性があると発表しています。

以上、厳しい中にある今年の馬鈴薯の状況ですが、
まだ土の中にある晩生は少しずつ肥大も進んでいるので、
二次生長の被害が少なく収穫されることを祈るばかりです!

投稿者:tomo

美瑛の雨不足、深刻です…。

投稿日時:2021年7月16日 15:14 金曜日
各地で猛暑が続いています。皆様も体調にはくれぐれもご自愛ください。
さて、今回は美瑛馬鈴薯出荷グループの産地状況をお伝えします。

▼7.15 美瑛 男爵の圃場 撮影















普段なら、あぁなんて良い天気!と青空の気持ちの良い日なのですが…
以前お伝えしたように美瑛の6月の合計降水量は22mm、
そして7月もパラパラと降るだけで、本日16日までにたったの合計降水量6mmしか降っておりません。


美瑛、深刻な雨不足が続いています。


▼大西さんの男爵の圃場です(7.15 撮影)


















本来今の時期であれば、↑の写真の土が見え道のようにみえる畝は、
生育した葉で生い茂り見えなくなっている頃なのですが、
雨が降らず茎葉が中々成長しておらず丸見えの状態に…。

▼現在の土の中の馬鈴薯の生育状況を見るために、大西さんの奥様が試し掘りをしてくれました


















成長を見るためなので、貴重な馬鈴薯を決して掘りすぎないように注意します。

▼試し掘りをした馬鈴薯。

















写真だと大きいものが目立ちますが、
その脇に小さなサイズのものがちらほら。

現状のサイズはS中心の小玉が多い状況です。



収穫予定まであと約2週間。
本来であれば、お客様が待ち望んでくださっているので、できる限り早くお届けしたいという気持ちが強いのですが、
今年の状況下では本音を言うと、
「できるだけ土の中に置いておき、生育させてあげたい」

という気持ちです…。

今後の降雨の状況、天候次第によっては、良い馬鈴薯のために、
収穫開始をもう少し遅くする可能性もあるので、何卒ご理解をいただければ幸いです。

***

そんな中ですが、今年の男爵芋を一足先に味見をさせていただきました!

▼水にぬらした新聞紙で男爵を包み、
更にそれをアルミホイルに包んで炭火で焼いたものです










▼アルミホイルを開けてみると…良く火の通ったおいしそうな男爵が!










▼更に箸で割ってみると!!
















ほわほわのおいしそうな湯気がでて馬鈴薯の良い香りが香ってきます~。
肝心のお味は、新馬鈴薯特有の水っぽさがなく、ホクホクとしており、調味料がいらないくらい味が濃く、とてもおいしい馬鈴薯でした!!

これも以前ご紹介した寒暖差と生産者の努力がなせる業ですね。


今年は中々厳しい状況の美瑛馬鈴薯出荷グループですが、
雨が降ることを祈って…
皆さまに美味しい馬鈴薯をお届けできるようにこれからも全力で頑張りますのでどうか見守ってください!


投稿者:tomo