1. ホーム
  2. 産地ブログ

得地農場ブロッコリー ならコープ産直点検

投稿日時:2017年6月9日 17:56 金曜日
前日の丸巳に引き続き、ならコープの産直産地である
音更町・得地農場の産直点検が6月1日行われました。
▼得地勝 社長 ブロッコリーの作付全面積は約40ha。

















適度な降雨があり、定植状況は今のところ計画通りに順調です
ブロッコリー生育状況はというと・・・

▼パオパオを使用した早出し圃場は花蕾が約5mm程度でした、
 6/20前頃からの出荷が見込まれています。

















▼産直点検では圃場周り、農薬庫、倉庫類などを確認しました。

















前年出された改善要請も改善がされており、
継続している生協GAPを通じて、自身の農場についての危険箇所を
意識するようになりました。
















北海道のブロッコリーは早い産地で出荷が始まりました。
得地さんもあと10日ほどで出荷です!

投稿者:MITSU

ブロッコリー定植始まっています!

投稿日時:2017年5月12日 15:39 金曜日
音更町・得地農場にエプロンブロッコリー担当北川が
5月10日作付状況の確認に行ってきました。

▼5/10も定植作業中でした!
























得地さんのところではブロッコリー定植は4/27から始まりました。
その後も順調に定植進んでいて訪問の時点で約5ha分は定植済み、
と例年にない超ハイペースで
現状は霜や強風の影響もなく、苗の状態も良く作業は順調です!

▼5月10日に定植した苗
























▼4月27日に定植した苗























▼一番早く出荷するところはパオパオをかけて生育を促進しています


















訪問時は2週間まとまった雨がなく、乾いた状態でしたが
昨日5/11音更は20mmのしっかりとまとまった雨をいただけました!

投稿者:MITSU

九州・福岡ブロッコリーの状況

投稿日時:2016年12月15日 11:24 木曜日
札幌は先週末の大雪で、この時期には珍しく道路わきにはたくさんの雪が積まれていますが、
豪雪地帯の岩見沢では、今のところ平年の約30%で約8cm程しか積雪しておらず
農家の皆さんもまだ雪かきに追われていません。
**************************************
先週、エプロンのブロッコリー担当北川が、現在出荷中の福岡県の産地を訪問しました。

福岡のブロッコリー8月から定植が始まり、10月下旬ころから出荷が始まります。



















今年の状況は・・・
【8月】高温、乾燥(雨不足)が続き、この時期に定植したものは
   生育に影響があり、出だしから遅れました。
【9月】雨が続き9/5~9/20までは、定植ができませんでした。
   そのため、苗が「老化苗」になってしまい、その後定植したものも
   活着、生育にバラつきが出ました。

▼福岡・博多気象庁データ 旬別(降水量、平均気温)



















これらの影響から、昨年と一昨年は出荷が多かった11月12月ですが
今年は前年の5割(11月)、3割(12月上旬)程しか出荷が進んでいません。
これから、1月中旬頃までは平年より少ない状況が続きそうですが
天候の影響でずれ込んだ関係で2月上旬~中旬にピークを迎えそうです。
























北海道のブロッコリーよりも多くの品種を栽培しており、
定植から収穫までの期間も品種によって1か月ほど違うものも有るので
定植日が同じでも収穫時期は同じ時期になりません。
そのため、出荷量が少ないながらも大きな増減なくここまで来ています。

▼こちらは年末年始頃に収穫を迎える予定のブロッコリー
 花蕾ができてから収穫までの時間が北海道と大きく違います。























より良い品質でお客様の元へお届けできるように
現在は発泡ケースに氷詰めで出荷していますが、
気温・品温の状態に合わせて出荷形態も見直す予定です。

九州産のブロッコリー取り扱いも2年目になりますので、
昨年の状況をふまえて、様々な場面で改善を重ねています。

投稿者:MITSU

台風、大雨被害状況 《玉ねぎ、ブロッコリー》

投稿日時:2016年8月24日 15:12 水曜日
相次ぐ台風の上陸による北海道の農業被害は22日の時点で5000haを超えており、
そのうち4000haはスイートコーンとうもろこし、
23日も未明から朝まで雨が降り続いたので、さらに被害は拡大する見通しです。
【追記】===============================
道が25日に発表した状況では、上川管内でもの水稲やそばの浸水などもあり、(1077ha)
被害面積は延べ9756haに達しています。
(オホーツク管内は2000ha以上、十勝管内は約4600ha)
被害の全容は未だ把握されておらず、さらに大きくなると考えられます。
【追記】===============================

【ブロッコリー】
ブロッコリーの産地は各地で大雨の被害が出ています。
台風の豪雨により畑にたまったり、また、先週からずっと雨続きなので
軟腐病などが多発したり、黄化したりして、多くが出荷できない品質になってしまっています。
少ないながらやっと収穫しても選果で大半がはねられてしまい、
選果の時間ばかりがかかるような状況です。
今まだ花蕾がついたばかり(これから大きくなるような)畑も、
明日以降も雨が降る予報なので、しばらくはブロッコリーの出荷は
道内各地で厳しい状況が続きそうです・・・。


▼長沼のブロッコリー畑













▼石狩のブロッコリー畑























▼鵡川のブロッコリー畑

















【たまねぎ】
玉ねぎの大産地である富良野地域は
8/17~8/23までの1週間降水量合計は354mmも有り
南空知よりも被害が甚大でした。

▼富良野地域の玉ねぎ畑①

















▼富良野地区の玉ねぎ畑②

















北海道産玉ねぎの状況はこの一週間でがらりと変わってしまいました。
=================================
▼JAびえいの施設周辺もこのように水が溜まりましたが、(8/23)
 本日堀江が訪問したところ、水はもうひいていました。

















投稿者:MITSU

サンネット産直協議会 『矢澤農園訪問』

投稿日時:2016年8月2日 12: 火曜日
先週末は、コープ東北サンネットのもう一つの産直産地で
東川町で産直提携協議会が開催され、12名の皆さんにお越しいただきました。

▼あいにくの雨模様でしたがまずは大雪旭岳源水公園からスタートです。
 東川町をかたるにはまず、極上の自然の恵み《水》。
 東川町に上水道はなく、蛇口をひねると美味しい水が出てくるなんて贅沢!

















今年は初めて『大雪水資源保全センター』さんを見学させていただきました。









ペットボトルの水の製造過程を教えていただいたり、水の飲み比べをしたり、
東川町の水の魅力を再確認!

















そこから、産直産地である矢澤農園(丸巳)に移動すると・・・
なんと奇跡的に雨がやみました。
















皆さんに、お届けするブロッコリーに欠品が出ないように、
畑では、多少の雨に関わらずブロッコリーの収穫作業をしています。

















結構な雨が降ったので、畑は水でぐちゃぐちゃでしたが
めげずに青いシューズカバーを付けて、畑の中へ










普段いただいているブロッコリーがずらーと並ぶ姿、間近で収穫の様子も見学しました。

















さらに山の方へ畑を移動して、車から降りた途端、歓声が上がりました。

















圧巻のキャベツ畑!
矢澤農園は全圃場で280haを超えており、一つ一つの畑の規模もとても大きいです。

















写真で伝わるでしょうか、広大な畑にずーっと続くキャベツの列。


















奥に広がるとうもろこし畑のグラデーションが美しいですね。(サンネット谷口さん撮影)

















畑がある高原からから、選果場や施設に戻ってまた歓声が上がったのは
丸巳の保管庫、冷蔵庫として使っている巨大な雪氷冷房冷蔵施設に入っている「雪の山」
この暑い中で雪の塊が見られるとは!

















こちらは、雪氷冷房冷蔵施設の中に入ったところです。
東川の自然、冬の積雪を利用した、エコロジーな冷蔵施設なのです。

















協議会これまでの取り組みの振り返りと、今後の課題について
産地から、生協からの意見を出し合い、しっかり確認したあとは、交流会です。

















野菜の魅力を伝えるには、採りたての試食に勝るものはありません!
ただ蒸しただけのブロッコリー、カリフラワー、大根ですが
どうしてこんなに美味しいの!大反響でした。

















そのまま食べたり、マヨネーズをつけるだけで御馳走です。

















参加者の皆さんは矢澤農園の魅力をしっかり伝えて、
組合員さんの利用をもっと増やしていきたいと意気込んでおられました!

投稿者:mitsu
前の月
2017年 06月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30