1. ホーム
  2. 産地ブログ

一戸農場 農作業の様子

投稿日時:2018年5月24日 9:47 木曜日
有機JAS農産物生産者グループ「大雪を囲む会」
代表一戸さんより現在の農作業の画像が届きましたので紹介します。

▼美幌町もさわやかな季節になってきました。(白樺の花粉症の方にはつらい季節です)


















▼4月に種を播いたオーガニック【人参】の圃場に、早速草取りに入りました。

















化学合成農薬、化学肥料は使用しない有機栽培ですので
もちろん除草剤も使いませんので、人力で草を取ります。
器具を使うと、土をひっくり返してまた雑草が出てくるので
手でひたすら抜きます。草取りのスピードは一人1日約3a
…毎日どこかの圃場で除草作業に入っています。大変な労力です。

【男爵薯】一回目の培土は萌芽するかしないかという時期に行います。
除草の効果もあります。
この後、仮培土、本培土と計3回行います。


















▼【雑穀】の播種も始まりました!5/21は黒大豆、5/24は小豆をまきました~
 操縦は一戸義則さん。

















農作業が続き、忙しい季節です。

投稿者:MITSU

大雪を囲む会・一戸農場「はじまりました!」

投稿日時:2018年4月25日 14:41 水曜日
有機農産物を作っている「大雪を囲む会」では、春の植え付けが始まっています!
大雪を囲む会は美幌町、小清水町、清里町、北見市、滝川市、
新十津川町、中富良野町、上富良野町と道内各地にメンバーが10名おり
人参、馬鈴薯、玉葱、南瓜、ゴボウなど様々な品目を約136haの面積で有機栽培しています。


大雪を囲む会の代表も務める美幌町・一戸農場の播種作業の様子です
▼人参の種まきが一番最初に始まりました。

















▼今日、男爵薯の植え付けも始まりました!

















▼後ろには4人が種芋係として乗っています

















これからどんどんと播種作業が続きます!

投稿者:MITSU

雪の下人参収穫&出荷始まりました!

投稿日時:2018年3月20日 10:48 火曜日
先週、留寿都・サンファームの雪の下人参の収穫が始まりました!
収穫2日目の3/14エプロン進藤、高井の2名が収穫研修させていただきました。
▼留寿都サンファームから羊蹄山が一望できます。













▼現場責任者の奥田さん!後ろの雪に覆われた部分も下に人参が眠っています。















この日は約15aを社員、パート、研修生あわせて20名で収穫作業を行いました。
雪の下人参ですので、まず雪はねから始まります
▼表面の雪をよけ、トラクターで土をほぐします






















▼そこからは手掘り作業、手で1本、1本プラコンに収穫していきます


















▼奥の鉄コンテナへ人参を集めます













寒さの中の作業であること、また機械でできない人の手による作業が多いので
サンファームの中でも最も過酷な作業だそうです。
人員不足の中なんとか人数を集めて作業をしている
なかには、ベトナムからの研修生や高齢者の方もおられ
厳しい環境の中淡々と作業をこなしていました。
















厳寒の冬を超えた人参は、とってもあま~くなっています。
過酷な収穫をしていただき、この美味しさをあじわうことができます。

生産者の皆さんに感謝です!

投稿者:MITSU

原谷農園の人参がテレビで紹介されました!

投稿日時:2017年11月6日 16:53 月曜日
北見の原谷農園の人参が地元テレビで紹介されました。
〈見たい!知りたい!北海道(STV:札幌テレビ放送)〉10月28日土曜日放送
原谷さんの人参は札幌のジューススタンドや消費者のお取り寄せなどでも人気です。
「北見のすごい人参」というタイトルで放送されました













▼番組中では原谷清作さんが自身の人参作りの説明や、
 原谷さんの人参をいつも食べている人の感想や、
 取扱店での評判などが紹介されました。















甘くて、クセがなく、えぐみがないという
そのおいしさで評価を受けているだけではなく
機能性成分の分析を行い、結果は一般的な人参に比べ
抗酸化力が約1.3倍、ビタミンCが約1.5倍という結果が出ていました。















 人参を作り始めて20年以上たちますが
 より品質の良いもの、美味しい人参を作るにはどうすればよいか試行錯誤され
 人参作りに適した土にするために火山灰を入れたり、
 土壌の微生物を増加させるために微生物資材を使用し
 化学肥料や農薬の使用を減らしています。

投稿者:MITSU

原谷農園人参と和田農園ごぼう!

投稿日時:2017年8月12日 10:12 土曜日
今週、ユーコープ加藤バイヤーとエプロン高橋、伊藤が
昨年から産直産地になった原谷農園を訪問し産直点検を行いました。

【原谷農園(北見市)】では、
土壌の微生物環境に重点を置いた土づくりにこだわった栽培をしていて
定期的に人参の成分検査の結果、「抗酸化成分が高い」ことで注目を集めています。
一昨年には「ガイヤの夜明け」でも紹介されました。

▼H28年産人参でも成分分析を行いました。 《デザイナーフーズ分析》
 抗酸化力を測るために、ESR法で活性酸素消去活性を評価。
 人の体内で発生する活性酸素の中から
 「スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、一重項酸素」の主な3種で測定しています。








結果は、一重項酸素消去活性が一般人参の平均値の約2.9倍
硝酸イオンが少なく、ビタミンCが約1.5倍多いという結果でした!
※一重項酸素:紫外線などによって発生する活性酸素です。

▼昨年は原谷農園でも8月末の台風の影響を受け、
 予定していた量を供給することができませんでしたが
 今年は、たくさんの皆さんに食べていただけるように頑張ります


















▼8月初旬より収穫、選果が開始しています。
















今年はB品が発生しやすくなる9月末~の時期に、
「わけあり規格」としても販売していただく予定です。
どうしても出てしまう規格なので、販売していただけるのは大変ありがたいと原谷さん。

▼収穫中の圃場を確認しに行きました。今年はいまのところ順調!
 収穫時期に合わせて高畦対策している圃場も有ります。

















▼収穫機で土から人参が抜かれていく様子。



【和田農園(帯広市)】も翌日訪問しました。

和田農園のごぼうは「わだのごぼう」で商標登録を取得されていて、
甘味と香り、その美味しさにも定評があります。
土作りでは、海の素材と山の素材を使った独自ブレンドの肥料を使用するなど
おいしいゴボウを作るために、土作りに工夫をされています。


▼和田さんではゴボウの生育状況を確認

















▼和田政司社長にためし掘りしていただきましたが、
 現時点では昨年よりも良い感じで生育していました!

















早い圃場は9月中旬から収穫が開始する予定ですが
ごぼうは9月から肥大期に入るのでこれからの天候が重要になります。
順調に収穫期を迎えられるように、今年は穏やかな秋を迎えたいですね。


投稿者:MITSU
前の月
2018年 06月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30