1. ホーム
  2. 産地ブログ

大雪を囲む会

投稿日時:2018年10月16日 10:51 火曜日
多事の為、長らく更新をご無沙汰してしました。
今年は、水害、台風、地震等甚大な災害が続きました、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

今年の北海道は、7月の長雨、その後の干ばつと気候的にも非常に厳しく、
人参、南瓜など多くの農作物の作況にも影響が及びました。

**********************************
先月、先週とエプロン社員が
有機農産物のグループ<大雪を囲む会>を訪問しました。

▼大雪を囲む会代表:一戸農場(美幌町)
 ゴボウの圃場 ゴボウは9/20から収穫が始まりました。


















昨年は太物ゴボウが多く出ましたが、今年はLM位が多そうです、
生育は悪くなく、収量は平年よりやや減の見込みです。

こちらは、収穫前の圃場です。上の葉を取った状態ですが土の中には
ごぼうがありました。
























▼ゴボウを引き抜きました【動画】
 ゴボウの土にある様子がよくわかります。


【にんじん】
メンバーの地域で作況は違いますが、大雪を囲む会グループ全体としては、
昨年の6~7割の収穫量にとどまりました。

















今年はサイズが小さくても割れが目立っており、
加工用(ジュース)として出荷されたものも多かったといいます。
























【ばれいしょ】
男爵・メークインともに小玉傾向で、Sが多く発生しています。
「小玉でも、味は良いので是非たくさん食べてほしいです」と一戸さん

















もうすっかり秋になりましたので、ホクホク根物土物をたくさんとって、
体を温めたいですね。

投稿者:MITSU

和田農園のごぼう収穫始まりました!

投稿日時:2017年9月25日 13:45 月曜日
十勝帯広市の和田農園で9月半ばからゴボウの収穫が始まっています!
和田農園の看板、「わだのごぼう」はその甘味と香りで評価されています。

▼社長の和田政司さんと和田誠さん
「今年のごぼうは相次ぐ台風に悩まされた昨年に比べて良い出来です」

















▼2台のトラクターを並走してゴボウの収穫作業中でした(9月21日)

















▼結構なスピードで掘り上げられるゴボウをハーフコンテナに
 並べてる作業は、たいへん重労働です。


▼選果も始まっています!まず機械でサイズ別に選別されます

















▼ごぼう選別機の動画です。最後にサイズごとの場所に落ちます。



▼わだのゴボウの甘さと香りを実感できるジュース
 コーヒーのような色から想像するような土臭くはなく、ゴボウそのものの味ですよ。


















▼屈折糖度計(BRIX)で測ってみるとなんと「18度」!
 掘りたて、貯蔵前からこの甘さです。


















▼和田農園のゴボウの美味しさは「土作り」に秘密があります。
 独自のブレンドで海のミネラルを豊富に含む肥料を与えています。
 

















和田農園の自信作「わだのごぼう」は出荷が始まりました。
これからの季節たくさんお召し上がりいただきたいです!

投稿者:MITSU

原谷農園人参と和田農園ごぼう!

投稿日時:2017年8月12日 10:12 土曜日
今週、ユーコープ加藤バイヤーとエプロン高橋、伊藤が
昨年から産直産地になった原谷農園を訪問し産直点検を行いました。

【原谷農園(北見市)】では、
土壌の微生物環境に重点を置いた土づくりにこだわった栽培をしていて
定期的に人参の成分検査の結果、「抗酸化成分が高い」ことで注目を集めています。
一昨年には「ガイヤの夜明け」でも紹介されました。

▼H28年産人参でも成分分析を行いました。 《デザイナーフーズ分析》
 抗酸化力を測るために、ESR法で活性酸素消去活性を評価。
 人の体内で発生する活性酸素の中から
 「スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、一重項酸素」の主な3種で測定しています。








結果は、一重項酸素消去活性が一般人参の平均値の約2.9倍
硝酸イオンが少なく、ビタミンCが約1.5倍多いという結果でした!
※一重項酸素:紫外線などによって発生する活性酸素です。

▼昨年は原谷農園でも8月末の台風の影響を受け、
 予定していた量を供給することができませんでしたが
 今年は、たくさんの皆さんに食べていただけるように頑張ります


















▼8月初旬より収穫、選果が開始しています。
















今年はB品が発生しやすくなる9月末~の時期に、
「わけあり規格」としても販売していただく予定です。
どうしても出てしまう規格なので、販売していただけるのは大変ありがたいと原谷さん。

▼収穫中の圃場を確認しに行きました。今年はいまのところ順調!
 収穫時期に合わせて高畦対策している圃場も有ります。

















▼収穫機で土から人参が抜かれていく様子。



【和田農園(帯広市)】も翌日訪問しました。

和田農園のごぼうは「わだのごぼう」で商標登録を取得されていて、
甘味と香り、その美味しさにも定評があります。
土作りでは、海の素材と山の素材を使った独自ブレンドの肥料を使用するなど
おいしいゴボウを作るために、土作りに工夫をされています。


▼和田さんではゴボウの生育状況を確認

















▼和田政司社長にためし掘りしていただきましたが、
 現時点では昨年よりも良い感じで生育していました!

















早い圃場は9月中旬から収穫が開始する予定ですが
ごぼうは9月から肥大期に入るのでこれからの天候が重要になります。
順調に収穫期を迎えられるように、今年は穏やかな秋を迎えたいですね。


投稿者:MITSU

【一戸農場】春掘り有機ごぼう 

投稿日時:2017年4月11日 10:10 火曜日
有機農産物出荷グループ『大雪を囲む会』のメンバー、
美幌町の一戸農場で先週『ゴボウの春掘り』が行われました。
昨年植えて、土の中で冬を越したゴボウを4月に収穫するのが春掘りです。
(画像は全て代表の一戸義則さんから送っていただきました)

▼4/5~4/8で約1haの面積のゴボウを収穫。
 右のトラクターがゴボウの収穫機で、左のトラクターは台をひいています。

















春掘り用のゴボウを植えるのは例年6月なのですが、昨年は6月が長雨や曇天続きで
播種作業が遅れてしまいました。

















植付の遅れや天候の影響を受け、
収穫してみると2Lサイズはほとんどなく、Sサイズ・細めのゴボウが中心でした。
味や香りは変わらず、とってもいいので、是非ご利用ください!

▼掘りたて! 一戸農場の「有機ごぼう」


















さて、▼こちらは一戸農場の土づくりの「要」である堆肥です。























手前の色の黒い部分は、今秋に畑に入れる堆肥。奥の色の薄い部分は、
一戸農場の堆肥に欠かせない「抜根チップ」です。
これから来年以降使用するの堆肥を作っていきます。
「抜根チップ」は木なので、セルロースやリグニンを含んでいて分解に時間がかかりますが、
腐植を多く含む良い堆肥になります。

美幌では雪解けも進み、明日から肥料を播いたり、
今週末には一番早い人参の種まきを行う予定です!

投稿者:MITSU

みやぎ生協「めぐみ野生産者」が【大雪を囲む会】を訪問

投稿日時:2016年11月25日 11:34 金曜日
先週、みやぎ生協の地場産直「めぐみ野」の生産者さん11名、生協職員さん4名の
合計15名様が大雪を囲む会に視察研修にいらっしゃいました。

めぐみ野生産者さんは年に1回、全国の意欲的な産地を訪問する取り組みを続けられています。
北海道初上陸の今回は、コープ東北サンネットの産直産地でもあり、
グループで有機栽培に取り組む「大雪を囲む会」が研修産地になりました。

▼まず訪れたのは新十津川町の【オニオンファームカワマタ】
 有機栽培の玉ねぎを約10ヘクタールで栽培しておられます。













川真田さんが有機栽培を始められたきっかけや栽培方法、
販路の確保などについてお話をいただきました。

▼代表の川真田修さん(中央)と奥さん(右)、左はエプロン大北













▼翌日は「大雪を囲む会」グループ代表の一戸農場(美幌町)へ。
 中央が一戸義則さん。













▼出荷中のゴボウの選果場や倉庫などの施設を見学しました














集会所では一戸さんから「大雪を囲む会」の今までの取り組みや方針をお話しいただきました。
大雪を囲む会では【土づくり】を大事にし、栽培方法に関する情報はメンバーで共有しており
情報共有できない人が栽培した物は販売をしないことが原則です。
栽培する品目は消費者の皆さんにより美味しいものを出荷するために、
各々が得意とするものを作っています。
販売計画の立て方や販路の拡大、グループの勉強会など様々な話題が上がりました。













ご近所にある【オホーツク玉葱出荷グループ】とその選果場も訪問しました。
▼オホーツク生産者の佃徹さん
 玉ねぎ生産や後継者育成についてお話ししていただきました。













▼平成28年産のたまねぎが倉庫に約3000基保管されています。


















▼選果作業の様子も見学しました。


















▼現在急ピッチで進められている、玉ねぎの保管冷蔵庫
 これが完成すると、翌年の7月まで品質を保って保管・出荷が可能になります。


















新十津川から美幌町と移動距離のある研修でした。
今回の交流を通じで、思うところやヒントがそれぞれあったのではないでしょうか。
今後は、産直産地同士のつながりをもっと広げていけたらと思います!

投稿者:MITSU
前の月
2018年 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31