1. ホーム
  2. 産地ブログ

長芋収穫研修

投稿日時:2019年11月8日 17:56 金曜日
帯広市、和田農園へエプロンの大西が長芋の収穫研修を行いました。


和田農園では長芋を約23ha、(内ネバリスター約6ha)と
ごぼうを約38ha、馬鈴薯を約48haを中心として栽培しています。


まず農場へ伺うと、和田農園入植100年を記念して作成された鐘が飾られています。




豊穣の女神デメテルの文字からデザインされたマークが描かれており、大地と豊穣神への感謝の思いが込められています。




続いて畑では収穫作業が行われています。








一見大型機械による収穫作業に見えますが、近くで見ると大勢の人達で収穫作業を行っています。









専用の作業機械にて土ごと掘り上げると長芋の先端が上がってきます。
ここから先は全て手作業!
上がってきた長芋を抜き、土をほろい、収穫コンテナまで運びます。
以前まではベルトコンベアで運んでいたのですが、傷や打ち身などの品質低下を
避けるため、今年よりこの方法で行っています。

手作業でも簡単にキズや折れてしまうため、重労働かつ繊細な作業が求められました。


とても大変な作業をにより収穫された長芋は、粘り・風味がとても良く
まさに、豊穣の女神に愛された一品です!









今年は11月一杯まで雪の降る予報がないため目一杯収穫作業を行い、
残りは春掘りとしてまた収穫作業が行われます。

投稿者:itoshin

収獲作業も終盤戦

投稿日時:2019年10月16日 16: 水曜日
北海道では最低気温1ケタ台が続き、日々寒さを感じるようになって来ましたが、
これから収獲を迎える作物があります。

北海道、秋の味覚『長いも』です。

作付面積が1,000haを超える十勝地方では、順調な天候条件と新品種の導入により、帯広市川西地区の予想反収は昨年よりも10%程多く3.8㌧/反を見込んでいるとのこと。

帯広市の和田農園では11月上旬から行われる収獲までの間、土の中でしっかりと完熟させることにより、豊かな風味としっかりとした粘りが特徴の長いもとなります。
来年の夏頃までながーく味わうことが出来ます。


同じ様にながーく味わうことが出来る北海道の野菜『玉ねぎ
こちらは『蔵入れ』のピークを迎えております。

蔵入れとは、凍結を防ぐため、屋外で風乾を行った全ての玉ねぎを倉庫内へ入れる作業のこと


▼入庫前、並べられた玉葱















▼冷蔵庫の中にもぎっしり並べています。













11月上旬まで作業が続けられ、5月までの間に順次出荷を行います。

今年はやや干ばつ気味ではありましたが、晴天に恵まれ大きいサイズがたくさん採れています。
オホーツク地区では平年作を約10%程度上回る5.5㌧~6.0㌧位の反収となっています。

貯蔵された玉ねぎに火を通して調理すると甘味が増してとても美味しくなります。
大きい玉ねぎは煮物・炒め物がオススメです!
健康野菜としてたくさん食べて頂きたいです!!


投稿者:itoshin

和田農園 長芋収穫始まりました

投稿日時:2017年11月2日 10:59 木曜日
北海道は初雪も降り、秋も深まって冬が近づいています。
帯広・和田農園では長芋の収穫が始まりました。
(以下 11/1撮影)
▼ゴボウと同じように、二台のトラクターが並走して収穫

















▼収穫機側のトラクターは和田誠さんが運転中でした

















▼掘り上げられた長芋をコンベアに載せ、左側のトラクタの後部に運ばれます

















▼収穫した長芋をハーフコンテナに入れていきます。

















和田さんによると今年は植付時の種芋の状態の影響から
平年よりやや収量は落ちるそうです。

▼長芋収穫の一連の動画をご覧ください!

投稿者:MITSU

和田農園のごぼう収穫始まりました!

投稿日時:2017年9月25日 13:45 月曜日
十勝帯広市の和田農園で9月半ばからゴボウの収穫が始まっています!
和田農園の看板、「わだのごぼう」はその甘味と香りで評価されています。

▼社長の和田政司さんと和田誠さん
「今年のごぼうは相次ぐ台風に悩まされた昨年に比べて良い出来です」

















▼2台のトラクターを並走してゴボウの収穫作業中でした(9月21日)

















▼結構なスピードで掘り上げられるゴボウをハーフコンテナに
 並べてる作業は、たいへん重労働です。


▼選果も始まっています!まず機械でサイズ別に選別されます

















▼ごぼう選別機の動画です。最後にサイズごとの場所に落ちます。



▼わだのゴボウの甘さと香りを実感できるジュース
 コーヒーのような色から想像するような土臭くはなく、ゴボウそのものの味ですよ。


















▼屈折糖度計(BRIX)で測ってみるとなんと「18度」!
 掘りたて、貯蔵前からこの甘さです。


















▼和田農園のゴボウの美味しさは「土作り」に秘密があります。
 独自のブレンドで海のミネラルを豊富に含む肥料を与えています。
 

















和田農園の自信作「わだのごぼう」は出荷が始まりました。
これからの季節たくさんお召し上がりいただきたいです!

投稿者:MITSU

原谷農園人参と和田農園ごぼう!

投稿日時:2017年8月12日 10:12 土曜日
今週、ユーコープ加藤バイヤーとエプロン高橋、伊藤が
昨年から産直産地になった原谷農園を訪問し産直点検を行いました。

【原谷農園(北見市)】では、
土壌の微生物環境に重点を置いた土づくりにこだわった栽培をしていて
定期的に人参の成分検査の結果、「抗酸化成分が高い」ことで注目を集めています。
一昨年には「ガイヤの夜明け」でも紹介されました。

▼H28年産人参でも成分分析を行いました。 《デザイナーフーズ分析》
 抗酸化力を測るために、ESR法で活性酸素消去活性を評価。
 人の体内で発生する活性酸素の中から
 「スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、一重項酸素」の主な3種で測定しています。








結果は、一重項酸素消去活性が一般人参の平均値の約2.9倍
硝酸イオンが少なく、ビタミンCが約1.5倍多いという結果でした!
※一重項酸素:紫外線などによって発生する活性酸素です。

▼昨年は原谷農園でも8月末の台風の影響を受け、
 予定していた量を供給することができませんでしたが
 今年は、たくさんの皆さんに食べていただけるように頑張ります


















▼8月初旬より収穫、選果が開始しています。
















今年はB品が発生しやすくなる9月末~の時期に、
「わけあり規格」としても販売していただく予定です。
どうしても出てしまう規格なので、販売していただけるのは大変ありがたいと原谷さん。

▼収穫中の圃場を確認しに行きました。今年はいまのところ順調!
 収穫時期に合わせて高畦対策している圃場も有ります。

















▼収穫機で土から人参が抜かれていく様子。



【和田農園(帯広市)】も翌日訪問しました。

和田農園のごぼうは「わだのごぼう」で商標登録を取得されていて、
甘味と香り、その美味しさにも定評があります。
土作りでは、海の素材と山の素材を使った独自ブレンドの肥料を使用するなど
おいしいゴボウを作るために、土作りに工夫をされています。


▼和田さんではゴボウの生育状況を確認

















▼和田政司社長にためし掘りしていただきましたが、
 現時点では昨年よりも良い感じで生育していました!

















早い圃場は9月中旬から収穫が開始する予定ですが
ごぼうは9月から肥大期に入るのでこれからの天候が重要になります。
順調に収穫期を迎えられるように、今年は穏やかな秋を迎えたいですね。


投稿者:MITSU
前の月
2020年 04月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30