1. ホーム
  2. 産地ブログ

美味しいじゃが芋の始まり(美瑛馬鈴薯出荷グループ)

投稿日時:2020年4月7日 10:58 火曜日
北海道では春の播種・定植作業が行われていますが、

早くもじゃが芋の作業も始まりました!

美瑛馬鈴薯出荷グループの寺島さんでは、前進栽培・男爵芋の芽出し作業を行っています。


芽出し作業とは…

▼種芋の切り口を下に向けて、隙間なく並べます。


全て手作業なのでとても大変な作業です。


薄く土を被せた上にパオパオで保温して、萌芽を促進させます。


▼ 土の中の種芋の様子














芽が出るまで、2週間~3週間待ちます。

1cm位の芽が出ている種芋を掘り起こし、畑へ定植します。


とても手間の掛かる作業ですが、芽出しを行うことにより

初期成育の勢いが良くなり、2週間近く早く収穫が出来るようになります。


収穫時期は7月中旬!

この頃には大きな男爵じゃが芋が出来上がっています。


美瑛馬鈴薯出荷グループのじゃが芋は、安心・安全の特別栽培!

ミネラル肥料たっぷりのミネラル栽培!


美瑛馬鈴薯出荷グループ + ミネラル肥料により『旨味』『旨味コク』

アップすることが食味分析によりわかりました!





2019年産、男爵
味覚センサーを用いた自社試験データ





今年も4つの品種、男爵・とうや・キタアカリ・はるかを栽培します。

投稿者:itoshin

美瑛馬鈴薯出荷グループの美味しいじゃがいも

投稿日時:2019年9月9日 17:26 月曜日
安心安全の特別栽培で男爵芋を栽培している美瑛馬鈴薯出荷グループ。
収獲のピークを迎えている横山さんを訪問しました。

広大な大地でのびのびとミネラルたっぷりに育てられ、平年よりも大きく
空洞の少ない良質な男爵芋となりました。


訪問した横山さんでは丁寧に手拾いにて収獲を行っていました。



美瑛馬鈴薯出荷グループの大西さん、斉藤さんより『男爵』『とうや』『キタアカリ』『はるか』を提供して頂き、上富良野町『FLOUR BOKU』様にてさらに美味しく調理して頂きました。










★昨年収獲した『はるか』を
 使ったコロッケ



★新じゃが男爵の蒸かし芋




コロッケは『はるか』特有の甘味と中に入っている鱈との相性が抜群です。

新じゃが男爵はシンプルに蒸かして頂きました。
新じゃがらしい香りと男爵らしいホクホク感が同時に味わえる一品でした。




★『キタアカリ』『はるか』のポテトサラダ



★『とうや』の冷製スープ



スープで使用されている『とうや』ならではの滑らかな舌触りが感じられる
ずーっと飲んでいられるくらい美味しいスープでした。


ポテトサラダに使用されている『キタアカリ』『はるか』は共に昨年収獲され
雪の下の貯蔵により甘味を蓄えているため、食べた瞬間に強い甘味と旨味が
口に広がる最高の一品でした。

このポテトサラダは数量限定ですがお店で提供されています。
他のメニューも大変美味しかったので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか♪

投稿者:itoshin

今年も美瑛の馬鈴薯が始まります。

投稿日時:2019年7月24日 13:51 水曜日
いよいよ今週末から美瑛馬鈴薯出荷グループの早出しのじゃがいもの出荷が始まります!

▼メンバー集合写真です(外山さん、斉藤さん、横山さん、寺島さん、大西さん。)
「今年も美味しいおイモをお届けします!」

















それに伴い、先日、コープ九州様の産直点検と美瑛馬鈴薯出荷グループの目揃え会が行われました。

▼まずは産直点検の様子。


















コープ九州小田原バイヤーより、倉庫内の整理整頓がとても行き届いており、帳票整備も整っていること、それがグループ全体として行われていることを評価して頂きました!
これからも生産管理の徹底に努めていきたいと思います。


その後、目揃え会をスタートしました。
エプロンからも社長をはじめ、6名が参加しました。

▼会の代表、外山さんからの挨拶がありました。


















今年のじゃがいもの見通しとしては、少し雨不足でしたが、生育期間通して天候に恵まれ、
また肥大期の今ここにきて雨が降ったため、例年並みの収量を期待しています。

▼今後も順調を願いまして・・・かんぱーい!



































▼目揃え会では、毎年恒例で取れたてのじゃがいもを炭火で焼いて試食します。
























出来上がったとたん、みんなで箸を伸ばします!
やっぱり今年も美味しく、あっという間になくなってしまいました!


*********


美瑛馬鈴薯出荷グループでは、より良いものを作るにはまず土壌づくりということで、メンバー全員でエプロンのミネラル肥料「ソイルバランス」を使用しています。
ただ単に施肥するだけなく、それぞれの各生産者の畑の土壌分析をした上で、ミネラル肥料の量や種類を使い分けて施肥しています。

結果がわかりやすく目にみえるものではありませんが、
毎年の積み重ねが土作り、作物作りへとつながりますので
今後もエプロンでは一丸となって「ミネラル栽培」の大切さを多くの生産者へ
広めていきます。

投稿者:前田

九州で試食会実施しました!

投稿日時:2018年12月21日 13:7 金曜日
12月17日(月)福岡県・エフコープ店舗で
美瑛馬鈴薯出荷グループの試食販売会を行いました。
美瑛から外山明美さん、寺島友香さん、大西幹奈子さんの3名が
おすすめのレシピの試食で、美瑛のじゃがいもをピーアールしました。

▼試食販売をお手伝いいただいたエフコープの理事さんと美瑛の3名

















▼一緒に試食してもらう料理の準備
















▼今回紹介した食べ方はレシピも作って持っていきました。
(⇒レシピページはこちら















毎日料理をする方が悩む献立に役立ててもらえるよう、レシピを配布したところ
興味持っていただき、実際食べてもらうとどれも美味しいと大好評!

 美瑛馬鈴薯出荷グループではおなじみのはるかの「シャキシャキサラダ(左)」と
 北海道の定番キタアカリの「いももち(右)」と「ジャガバタ―」を試食提供しました。
とくに「いももち」は九州ではなじみがないようで、人気がありました。










この日は2店舗で試食販売を実施しました。美瑛の3人はそろいのハッピを着て


















店頭でお客様の話を聞くと、キタアカリの人気・認知度がとても高かったです。
普段店頭でキタアカリを販売していないので、
「探していた」「いつも売っているのか」などの声も有りました。
はるかはまだメジャーな品種ではありませんが、芽が浅く調理がしやすいことや
試食をいただいて購入いただける方が多く、あっという間に残りわずかになりました。

















美瑛の馬鈴薯を楽しみにしてくれている組合員さんもおり、励みになったと生産者の皆さん。
もっと多くの人に美瑛のじゃがいもを食べていただきたいです!

投稿者:mitsu

美瑛馬鈴薯出荷グループ目合わせ会

投稿日時:2018年7月17日 16:48 火曜日
先週の金曜日、毎年恒例美瑛馬鈴薯出荷グループの目合わせ会がありました。
早出しのじゃがいもは来週末から始まりますので、
収穫が始まる前の、目合わせと決起集会として
グループメンバーとそのご家族、エプロンから7名が参加しました。

▼美瑛馬鈴薯出荷グループ 代表外山 貴司さんの挨拶

















▼2018年6月~7月上旬《美瑛》 旬別気象データの平年比 気象庁データより





今年は馬鈴薯にとって良い天候条件ではありませんでした…。
6月の低温(中旬は特に低く、平年比-3.3℃)
6月下旬から7月上旬にかけての日照不足と雨天続きで生育不良、遅れが出ています。
特に早い出荷のじゃがいもは、小玉が多く、収量は少なくなりそうです。


















▼新じゃが(男爵薯)、早速いただきました!
 【皆さんもバーベキューの時は是非お試しください】
  湿らせた新聞紙で皮付きのじゃがいもを丸ごと包み、ホイルで覆って
  そのまま焼くだけ。お好みでバターや塩をつけて。

















このような天候ではありましたが、
じゃがいもの味は…格別に美味しかったです。
美瑛の水はけのよい傾斜地で育ったじゃがいもは味が濃くておいしいんです。
間もなく始まる美瑛のじゃがいも、
この時期ならではの新じゃがのフレッシュさもお楽しみください!

投稿者:MITSU
前の月
2021年 05月
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31