1. ホーム
  2. 産地ブログ

人参の生産量全国2位!千葉の産地状況

投稿日時:2021年12月3日 9:33 金曜日
12月を迎え、今年ももう残り僅かですね。
例年より雪が少ない北海道です。札幌の初雪は例年に比べ遅く、今後も根雪が遅くなる可能性があるそうです。
雪が少ないことで、影響があるのは函館の方の雪の下貯蔵大根などです。雪が少ないことで、土の中の地温があがり大根が傷んでしまう恐れがあるのです。。
今後の状況をしっかり見ていきます。

***

さて、今回は人参についてのブログです。
弊社の人参は、夏~秋は北海道産、冬~春にかけては、関東・九州産をメインにお取り扱いをしています。詳しくは→こちら(人参紹介)
ちなみに、全国の人参の収穫量は、1位が北海道、2位が千葉、3位が徳島となっています。

弊社では千葉は北部中央に位置する市、
千葉県富里市の相馬さんグループから特別栽培人参
を出荷していただいています。
富里市は人参の大産地で、相馬さんグループでも28名ほどの生産者がいます。
グループでは、化学肥料と農薬を、「ちばエコ農産物」の基準に則り地域の慣行基準より大幅に削減しており、環境にやさしく安心・安全な野菜作りに励んでいます。
今回は、既に11月に出荷が始まっている千葉産の秋冬どり人参の生育状況をみてきました。

▼相馬野菜生産者グループ代表の相馬さんです。







相馬さんは長年ずーっと人参を出荷してくださっています!













▼特別栽培人参の圃場の様子(11/26撮影)














































葉も青々しており元気な様子が伺えますね。
今年の産地状況としては7月に播種を行いましたが8月の大雨に影響を受け、彩誉(あやほまれ)という生育の早い品種を巻き直しました。
しかし、その後播種時期に適度に雨が降ったこと、それに加えて今年は台風の大きな被害がなく、天候に恵まれたため、今のところ生育も順調で平年並みを見込んでいます!
サイズもL~2L中心と大きくなっており、早く堀りあげないと大きくなりすぎてしまうほどです。
今後の天候にもよりますが、このままいけば順調な出荷を見込めます。

***

次のブログでは、これからお正月を迎えるにあたって、その時期限定のあの野菜をご案内します!

投稿者:tomo