1. ホーム
  2. 産地ブログ

ピーマン定植始まりました

投稿日時:2017年4月17日 10:30 月曜日
JA道央 恵庭ではピーマンの定植作業が始まっています!
先週4月12日エプロン松本、進藤が苗運び作業のお手伝いをさせていただきました。

▼JA道央恵庭のピーマン苗を作っている中央園芸さん























上画像、育苗中はトレーに9ポットの苗が余裕をもって並べてあるのですが
苗を生産者さんの元へ運ぶに当たり、
きゅきゅきゅっと1トレーに24ポット詰める、という作業をしました。

▼作業中のエプロン進藤 キュキュっと詰めていきます























その後、すでに定植を始めている生産者さんを訪問しました。
▼こちらは4/8~から定植されました。
 平均の1.5倍以上収穫されるピーマン作りの名人です。
 定植して一週間たっていませんがしっかりと茎が太く生育していました!






















▼ハウスの天井には、ピーマンの木が大きくなったら誘引するための
 ひもが備え付けられていました。






















▼こちらは4/10に定植開始
 ビニールハウス内にはトンネルをかけて温度の調節をしています。























JA道央のピーマンは5月末~6月初旬より出荷が始まる予定です!

投稿者:MITSU

道内産地訪問【ピーマン→ブロッコリー→トマト】

投稿日時:2015年6月16日 9:6 火曜日
先週コープネットの高橋バイヤーが産地確認にお越しになりました。
高橋さんは、北海道の産地訪問は初めてで今回は道央中心に回りました。
【JA道央・恵庭 ピーマン】
▼部会長の島上さんを訪問。ご夫婦で対応いただきました。


















▼今年は春先の気候が良かったことも有り、早めの生育だったのですが、
 6月になり低温、曇りや雨が多い天候不良のため例年並みに戻りました。
 出荷は6月頭から始まっていますが、本格的に出そろうのは6月下旬からです。


















【JA道央・野幌 ブロッコリー】
こちらは4月13日に定植したブロッコリー畑です。
当初は今頃すでに収穫が始まっている予定でしたが、
ピーマン同様、6月の気候の影響で6月20日頃からの収穫開始予定で
平年並みのスタートになりそうです。

















▼6/10時点での花蕾の大きさは3~4cm程度。

















【JA新すながわ トマト】
▼JA新すながわのトマトは農薬、化学肥料を減らした
 「北海道のクリーン農業基準」YES!clean栽培に取り組んでいます。

















トマトも6月下旬から出荷スタートの予定です。


















コープネットの高橋さんは、ピーマンなら8月、トマトなら7月下旬からと、
最も出荷が多くなる産地の旬に合わせた
販促をして、旬の販売拡大を目指しています。
「野菜が旬の美味しい時にお客様にたくさん食べてほしい!」という思いからです。

旬の時期は美味しいだけでなく、野菜の栄養も高まる時期です。
はしり、初物も季節の先取りで良いですが、
その時にたくさんできるものが、その時一番おいしいもの、
その「旬」を意識して食べたいですね。

投稿者:MITSU

ブロッコリー生育状況~5月下旬現在

投稿日時:2015年5月29日 10:32 金曜日
北海道各地のブロッコリー産地の状況をお伝えいたします。
▼まず5月の降水量データを見てみましょう。
 上旬は音更を除き、平年並みからそれ以上の降水がありましたが、
 下旬は平年の半分以下の地域が多いです。
 やや干ばつ気味です。まだ干ばつの影響は大きく出てきてはいません。 



各地の様子です。

【得地農場・音更町】
 4/28~定植開始しました。
▼(5月20日撮影) 雨は少ないものの予定通りの生育していると得地勝さん。















▼(5月20日撮影) 6月下旬から収穫を予定しています。
















【萌育実生産組合・美瑛町】
 5/18~定植開始しました(平年並スタート)
▼(5月23日 撮影)左端に小さく映っているのはエプロン小堤です。
















▼(5月23日 撮影)植えて1週間程度だったので、このくらいの大きさです















▼(5月23日 撮影)定植前の苗
















【JA道央 野幌・江別市ほか】
 4/13~定植開始しました。
 エプロン産地では最も早いです。
近いことも有り、約1週おきにエプロン杉山が訪問していますので、
4/13に定植した同じ畑の様子を順を追ってご覧ください!
▼(5月15日 撮影)まだ土の表面に水分があり色も濃いですね。

















▼(5月20日 撮影)少し大きくなってます。畦間はまだ土の色が濃いです。

















▼(5月27日 撮影)おお~生育しましたね。土の表面は乾燥してますが、
今のところ順調で6月中旬には収穫スタート予定です。


















【JAひがしかわ・東川町】
 本日、エプロン北川が訪問しています。
▼(5月29日 本日撮影)5/3定植の畑です。畑は干ばつ気味。


















▼(5月29日 本日撮影)6月末から収穫開始の予定です。























美幌でも野菜の生産者は灌水をしてしのいでいるところも有ります。
本日は気温も上がります。後は、このあたりでまとまった雨がほしいです。


投稿者:MITSU

ブロッコリーの定植もすすんでます

投稿日時:2015年5月12日 14:49 火曜日
▼こちらはブロッコリー産地の4月下旬、5月上旬の降水量、日照時間、平均気温です








先日お伝えした産地とも大きな差はなく、
どこも晴れの日が続き、雨が少なく、平均気温が平年を大きく上回る暖かさでした。
このため、ブロッコリーの定植も平年より早めに作業が進んでいます。
各地の定植開始の状況です
【十勝・音更町】得地農場    4/28~  ※早出しはべた掛け被覆あり
【上川・東川町】丸巳(矢澤農園)5/1~   ※前年より6日早
         JA東川     5/2~
【上川・美瑛町】萌育実生産組合 5/11~ ※前年5/20スタート
         JA美瑛    5/4~
【空知・長沼町】JA長沼    4/24~ ※べた掛け被覆あり
【石狩・江別市】JA道央 野幌 4/13~ ※べた掛け被覆あり
【檜山・厚沢部】4/19~ ※一部被覆

全体的に前年より早く、現状定植時期としては順調に進んでますが、
前述のように雨が不足している状況です。

写真は5月1日にエプロン堀江、北川、前田が訪問したJA長沼の
ブロッコリー畑です。
▼部会長の大林さん。

















昨年、ながぬまでは4月末に霜の被害があったのですが、今年は今のところ順調です。


















▼4月24日に定植したブロッコリー。
 一番早く出荷する予定の場所は被覆材で覆ってそだてます。















 雨が不足気味でしたが、
 ようやく今夜から
 降りそうな北海道です。
 
 恵みの雨を期待してます!

【追加】
▼こちらは5/13にしっかり雨が降ったあと、
 5/15に撮影したJA道央野幌のブロッコリー 一番早い定植の部分です

投稿者:MITSU

雪の下貯蔵男爵薯

投稿日時:2014年5月2日 13:5 金曜日
北海道には春になってから堀るジャガイモがあります。
秋に収穫した芋を土の下に貯蔵し、長ーい冬を雪の下で越した
「雪の下貯蔵ジャガイモ」です。

▼4月17日、JA道央 北広島の生産者堺さん掘り取りの真っ最中にエプロン石井が訪問しました。

















▼9月下旬から10月上旬収穫した男爵を1メートル幅で堀った溝に並べ上から
 土を盛ります。約半年たった4月中旬から5月中旬にかけて掘り出されます

















▼男爵薯は土の下でわらやシートに覆った上に土が盛られています

















▼掘り出したイモは一つずつ、選別しながらメッシュのフレコンバッグへ
















雪の下男爵はわら、土、雪が重なることで適度な温度と湿度や保たれるのです。
▼寒さの下で貯蔵されたじゃがいもは秋に収穫してすぐ食べるよりも
 ホクホク感と甘みも増しとてもおいしい!!















JA道央「雪の下貯蔵男爵薯」
味ののったじゃがいもには北海道の冬の恵みと春の喜びが詰まってます。
ぜひお召し上がりください!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31