1. ホーム
  2. 産地ブログ

佐賀産収穫&れんこん出荷中です!

投稿日時:2017年10月11日 11:47 水曜日
先週、エプロン進藤が
ひぜん産直の会のレンコン産地をコープきんきの土井バイヤーと訪問しました。
▼佐賀のレンコン生産者 百武さんを訪問しました。
 写真左から 土井バイヤー、百武社長、ひぜん産直の会岩崎さん















▼早生品種のれんこんを収穫中の百武雅矢さん 













(上の写真)では腰まで水に浸かっていて深そうに見えますが、
実は水の中で膝をついて作業をしているのです。

(下の写真)のように実は水深は意外に浅く、膝くらいまでしかありません。
手前の水だけの部分はすでに収穫したところで、
奥の茶色い葉の下、泥の中にレンコンがあり、
写真左にある機械で水圧をかけて掘り出します。














▼一船50~60キロのせています。













早生ものがそろそろ終わり晩生のものが出始める時期になってきましたが、
7月8月雨が少なかった影響で、12月出荷のものは小ぶり傾向になる予想です。

投稿者:MITSU

今もレンコン出荷中です!

投稿日時:2017年4月26日 9:11 水曜日
先週、エプロン堀江がコープきんき土井さんと
ひぜん産直会・レンコン産地(佐賀県)を訪問しました。
佐賀のれんこんといえば、秋から冬にかけてのイメージが強いと思いますが、
実は今も秋から継続して収穫&出荷中なのです!

▼昨年春に植えつけたレンコンですが、れんこんは収穫せずに田んぼの中で
 おいておくことができるので、必要分ずつ収穫しています。

















今年度作のレンコンの植え付けも4月上旬から始まっています。
▼左側は今年のれんこんを植付が終わった田です

















▼昨年植えつけた田では、収穫しないでおいてある蓮根が種レンコンとなり
 新たなレンコンが育ち始めています。
 いつも9月中旬からの出荷開始ですが、今年はこれを8月から収穫して、
 8月から「新レンコン」出荷開始スタートする予定です。

















▼レンコンを出荷していただいている百武さん。
 お店に頼んでレンコンの天ぷらを用意していただきました。

















▼佐賀大町の名物「たろめん」
 炭鉱のあった時代に炭鉱で働く人々が好んで食べられていたうどんです。
 ちゃんぽんのような具だくさんのスープにうどんが入っていておいしかったです。

















▼れんこんの天ぷらを試食するコープきんきの土井さん。


















佐賀のれんこんはもっちりしているのが特徴。
実際食べた堀江に聞いてもとてもおいしかったそうです!
佐賀のれんこんは、年間通じて出荷されていて、一年中食べられるのです。

8月からの新レンコンも楽しみにお待ちください。

投稿者:mitsu

佐賀の玉ねぎ状況

投稿日時:2017年3月28日 10:3 火曜日
先週、エプロン北川と松本が玉ねぎ産地
「ひぜん産直の会」の佐賀県・白石地区を訪問しました。

ここ数年、佐賀白石地区は気候や病気の影響で不作が続いておりました。
特にさくねんは「べと病」の大発生で全国ニュースになるほどの不作でした。
何度かレポートしているように、県や町でも病気が広がらない様に対策を打っておりますが。
どうなるのか、産地も弊社もお客さんも心配しておりました。

▼3月22日撮影 佐賀白石町早生玉葱圃場
 青々としたたまねぎ畑が広がっていました






















3月が雨がなく干ばつでしたが、訪問する直前の3/20~21にかけて
まとまった雨が降ったため持ち直し、肥大が進んで遅れを取り戻してきている状況でした。
▼マルチの下で玉葱らしい形に肥大していました。























▼エプロン北川が、畑で玉ねぎを丸かじりしてみました!!
 「みずみずしくて、とっても甘かった」そうです。























ひぜん産直の会の白石地区では4月10日頃から極早生玉葱の収穫が始まる予定です。
このまま、病気発生も少ないままであれば
早生品種の出荷時期:5月上旬ころまでは、久々に
平年並み程度の出荷ができるのではないかと期待しています。


佐賀県農業技術防除センターの調査によると前年に比べると罹病株の発生率は低いものの、
これからが本格的な感染期になるので油断できない状況が続きます。

















昨年の病気の影響で、作付面積自体減少しておりますが
べと病拡大期前に収穫できる極早生や早生の割合いが増えて作付の半分を占めており、
中晩生の面積はより減少しております。
また、定植期の雨が多かったため作業が遅れて老化苗になったものは
小玉傾向の可能性も高く、遅れで定植されなかった圃場もあり、
今後の病気の発生状況にもよりますが
5月中旬以降収穫~7月出荷の中晩生については減少するのではないかと予想されます。


投稿者:MITSU

ひぜん産直の会 玉ねぎ生育状況

投稿日時:2017年3月15日 11:34 水曜日
3月初旬にエプロン伊藤がひぜん産直の会玉葱産地を訪問しました。

【佐賀県・白石町】
白石地区では昨年の訪問時と様子が大きく変わっていました。
玉ねぎの作付が減少し、周りの圃場を見渡しても、麦畑が多くなっていました。
作付面積は3割減といわれていますが、印象としてはもっと減ったように感じます。

▼久原さん(左)と川崎さん
 品種:アドバンス 1月10日定植でやや遅れ気味です。
 5月中旬頃から収穫の予定です。

















近年のべと病の発病以外にも、今年は播種時の高温による発芽不良、
長雨により定植出来なかった・・などにより作付面積が減少しています。

▼廣橋さん
定植は予定どおり11月下旬に行いました。

































▼べと羅病株は見つけたらすぐに持ち出し、病気が広がるのを防ぎます。






















今年のべと病対策として
 ① 発病株を抜き取り、圃場外にて処分
 ② べと病有効薬剤の一斉防除(農薬支給)
 ③ 農薬に添加する展着剤の検討

行政を交えて、対策を行っています。
現時点での発病度合いは前年よりも少ないのですが、
作業・生育が遅れているの加え、本格的な発病は 気温が上がるこれからのため、
 油断は出来ないと各生産者が口を揃えて言っていました。

▼ならコープさんによる産直点検(GAP)を実施しました。日生協適正農業規範団体編です
ならコープ沼澤さん(左)、ひぜん産直の会岩崎代表(中)、大和青果川崎さん(右)

















▼選果場を確認しました。

















【長崎・南島原市】
現在新玉ねぎを出荷中の長崎も訪問しました。

北海道のように一度に収穫してしまうのではなく、
サイズの大きいものを選んで収獲を2回行い、3回目で全て収獲します。
3月末には全ての収獲を終える予定です。
▼穴が開いているのは、先に収穫したところです


















▼形、品質のよい玉葱が取れていました。


















4月以降は佐賀の玉ねぎの出荷も始まります。
べと病の対策の成果がどうなるのか、まだ不安は残りますが、
植付け面積が減っているのでこれ以上大きな被害が出ないとよいのですが。


投稿者:MITSU

白石地区以外の佐賀玉葱

投稿日時:2017年2月22日 8:59 水曜日
ひぜん産直の会の百武さんより、白石地区以外の玉ねぎ状況が届きました。

2月20日現在【江北町、佐賀市】の状況です。
昨年まで不作などの影響を受けた生産者の意欲減退による作付けの減少、
定植時の天候不順による作付けの遅れ、
苗不足などにより昨年より作付面積は3割ほど減っています。

▼江北町 玉ねぎ圃場【貴錦、春一番】超極早生品種です















▼同じく江北町 中晩生品種【ターザン】

 越年罹病株が昨年より
 2週間(12月20頃)早く
 白石地区で発生し
 感染株の抜き取りが行われていますが、
 江北町、佐賀市地区では
 白石地区のように目立った感染は
 今のところしておりません。
 それでも先日、県防除委員会より
 2月下旬から防除徹底するよう
 通知もあり、予防の為例年より
 防除が多くされています。



油断できない状況は続きますが
江北町、佐賀市の玉ねぎは定植後の生育は今のところ順調です。

投稿者:MITSU
前の月
2017年 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31