1. ホーム
  2. 産地ブログ

宮崎県JA日向フルーツトマト産地訪問

投稿日時:2017年6月17日 11:43 土曜日
先週、エプロン千葉が宮崎の産地を訪問してきました。

高糖度トマトの産地 【JA日向 門川地区】
JA日向では周年的に安定して高品質な高糖度トマトを生産するために
2~3段で収穫を止める低段密植栽培をしています。

















▼トマト生産者 林田さん

















養液栽培を行なっており、「塩分・肥料・水」の3種類の液が混ぜられています。
トマトがピンポン玉ぐらいになってら、
養液の濃度を上げてトマトにストレスを与えることで高糖度化しています。

区画ごとに養液を循環させていて、
万が一事故が起こった時も区画を超えて広がらないようにリスク管理されていました。
▼「養液栽培のベッド」箱の中
日照量・気温・CO2濃度など、外環境の数値に合わせて自動で養液が流れます。



















【JA選果場の様子】
▼ハウスが非常に広い為、ハウス内で4畝ごとに区画を分けて
 どこの区画で取れたトマトかわかるようにしてトマトを選果場に持込まれています。


















 
 光センサーで選果!

 糖度と重量により
 サイズと等級が選定されます。




センサを通ったら、レーンを移動しながらそのトマトの等級のところへ流れていきます。









このように、JA日向:門川地区の高糖度トマトは
確かな品質を保証する栽培や選果のシステムが整っています!

投稿者:MITSU

メロン苗 植え替えの研修

投稿日時:2017年4月3日 9:30 月曜日
石狩市厚田にある赤肉メロンの産地・長谷川グループ
先週エプロン松本、進藤が研修に行ってきました!
より大きな苗に育てる為、
小さいセルのプラグ苗からポットに植え替える作業をさせていただきました。

長谷川グループでは【パブリレッド】という赤肉メロンを作っています。
▼現在育苗中のハウス 作業はここで行いました
 ココでメンバー4名分の苗を一元管理しています。














▼購入したプラグ苗はダンボールに入って届きました   ▼箱から出すと…














▼エプロン松本 実習中! トレーに入ったプラグ苗からビニールポットに植え替えます。














▼長谷川さん、永澤さん、泉さん、三枝さんと奥さんや息子さん総勢8名で
 作業をしたのであっという間に終わりました。






















▼手前で植え替えをしているのはエプロン進藤です。























長谷川グループでは、①「購入したプラグ苗」の他に、
②自分たちでは種からする「自家苗」も作って、リスクを分散しています。

この日は「は種」作業もありましたが、
とっても重要な作業なので生産者さんが行いました…。






















▼種を播いたら水をやって…














▼新聞紙をのせて、ビニールをかけて発芽するまで湿度管理します























▼植え替えした苗にもみずをやりました













収穫時期間に合わせて定植は4月中旬~5月中旬まで1か月に分けて行います。

▼これは一番最初に定植する予定の苗です。














▼ハウスにはメロンじゃないものもありました。「ネギ」の苗です。

















実はこのネギはメロンと混植するのです。『連作障害対策』です。
ネギの根に共生している拮抗細菌が抗菌物質を作り、
メロンの連作障害『つる割れ病」や「つる枯れ病」等の病原菌を抑えてくれるのです。
農薬に頼らず、土壌の微生物菌を死滅させない対策として
この「ネギ混植」を実践しています!

投稿者:MITSU

宮崎産地を再び訪問

投稿日時:2017年3月6日 11:11 月曜日
先週、エプロン堀江が、1か月半ぶりに宮崎の産地を訪問しました。
今回は、コープきんき甲谷バイヤーとならコープ沼澤さにん同行いただきました。

最初の産地は【JA日向 門川地区の高糖度トマト】
▼甘くて美味しいトマトの証、ベースグリーンがきれいに出ています

















▼JA日向のフルーツトマト「ひゅうが小町」は宮崎ブーゲンビリア空港でも販売されています。


















▼今回訪問した生産者さんは、新規就農2年目の林田直人さん(写真右端)
 前回もお伝えしたように(⇒こちら)養液栽培、低段密植栽培のトマトです。

















▼育苗中の苗を見せていただきました。バラつきがなく生育の揃いがいい苗で
 コープきんき甲谷さん(中央)ならコープ沼澤さん(右)お二人ともとても感心されていました。





































良いトマトを作るため、また生産者による品質のムラがないようにするために、
部会の新門代表が新規生産者の指導をされているそうです。
トマトの生産自体は、生産者が主導になって行っていますが、
より良い状況で、生産に専念してもらえるように、JAで全面的に生産体制の
バックアップをされています。
良い形で運営されている団体だというのが訪問するごとにひしひしと感じます。

同じく宮崎のきゅうりの産地「シナジーファーム」を訪問しました。

▼1月に訪問した時はまだ集荷がチラホラという感じでしたが、
今回の訪問時はハウスの中はたくさんのきゅうりがなっていました!

















▼シナジーファーム代表の西岡さん GLOBAL GAPにも取り組まれています。

















 堀江が試食させていただきましたら、
採れたてはやはり格別「とっても歯切れがよい美味しい胡瓜でした」
 来月からコープ九州さんで「ワンタッチ朝どりきゅうり」の販売が始まります!

投稿者:MITSU

【宮崎】朝どりきゅうり出荷に向けて

投稿日時:2017年1月16日 9:14 月曜日
「日本のひなた」ともいわれる温暖な気候の宮崎県にある、
きゅうりの産地をエプロン堀江が1月10日にふたたび訪問しました。
都道府県別の出荷量では宮崎県が第一位のきゅうり産地です!

▼九州・宮崎県 地図の★印の辺りです!




















昨秋から、弊社で取扱いを開始した宮崎県のきゅうりです!
今後はコープ九州様で、朝どり胡瓜として販売していただく方向です。
















コープ九州の朝どり胡瓜メイン産地となるのが、シナジーファーム(Synergy farm)さんです。
▼代表の西岡さん シナジーファームではGLOBAL GAPの認証も取られています。

















シナジーファームや蛸島さんでは『つる下ろし栽培』を行っており、
 ・育つタイミングや向きがそろい、品質の良いA品の比率が高くなること
 ・花や実が常に同じ高さで管理しやすい
 などのメリットがあります。

また『ワンタッチきゅうり』ともよばれる産地の特徴は…
ハウスで収穫する時に、出荷用の段ボールに直接入れていきます。
収穫する時の1回しか胡瓜に人の手が触れないため
「ワンタッチ」と呼ばれています。
胡瓜の特徴であるイボイボが取れにくく、鮮度が保たれます。


















11月にも訪問した蛸島さん(左)も一緒に朝どり胡瓜に取り組みます!
(右)はコープ九州本田さん。

















蛸島さんの奥さん。「ワンタッチ」収穫した胡瓜の出荷ダンボールです。


















 北海道まで送っていただき、試食しましたが、
 みずみずしさと歯触りがとっても良くてとてもおいしい胡瓜でした!

投稿者:MITSU

新規こだわり産地!宮崎のきゅうり

投稿日時:2016年11月11日 9:38 金曜日
今週、胡瓜の新しい産地開拓にエプロン堀江が宮崎を訪問しました。

宮崎県は「日本のひなた」といわれるほど温暖な気候にめぐまれています。
平均気温 全国第3位 17.4℃   (1981~2010年累年平均 気象庁データ)
日照時間 全国第3位 2,116時間 (2013年平年値 気象庁データ)
快晴日数 全国第2位 53日        (1981~2010年累年平均 気象庁データ)
データで見ても温暖な気候は全国のトップクラスです!

気候を生かして、宮崎県の農業産出額は平成26年3,326億円(全国5位)。
米や畜産業の他、きゅうり、ピーマン、大根、里芋などが主要な野菜です。
▼きゅうりの都道府県別の出荷量上位5県(農水省データ)
 宮崎県が第一位です!








▼まず訪問したのは宮崎市の生産者:蛸島さん。実は旦那さんは北海道出身。
 ベトナムの研修生を受け入れておられ、7反の面積で胡瓜を作られています。 

















▼有機質肥料やミネラルなどを使った土づくりをされています。
 きゅうりが生りに生っていました!


















今回訪問した、産地の特徴その1は
『収穫日・生産者がわかること』
胡瓜は相場の上下が激しい野菜なので、一般的に市場に出回っているものは、
相場に合わせてストックしていたり、市場を転送していたりと
消費者のもとへ届くまでかなりの時間がたっていたり、
いつ収穫したものかもわからないことが多いですが、
こちらの産地では、出荷に合わせた収穫をしているので新鮮。
またいつ収穫したものなのか、生産者は誰のものかは明らかです。

産地の特徴その2は
『ワンタッチ』
ハウスで収穫する時に、出荷用の段ボールに直接入れていきますので、
収穫する時の1回しか胡瓜に人の手が触れないため「ワンタッチ」と呼んでいます。
胡瓜の特徴であるイボイボが取れにくく、鮮度が保たれます。


















産地の特徴その3は
『50本定数』
1箱5㎏(50本)が標準ですが、サイズが大きくなっても50本の本数は変わりません!
ですので、胡瓜が大きい時は約7㎏にもなります。
また、これを想定してダンボールも大きめに作っている為、
胡瓜の段ボールは上部が空いているのですが、盛り上がって傷んでしまうこともありません!

















▼試食させていただきました。収穫したてなのでみずみずしい!!
 やはり胡瓜は鮮度です。

















▼中邨(なかむら)さんご夫妻は新規就農2年目!
 収穫が始まるのは12月からです。

















市場品との差別化を図った取り組みをされている胡瓜の産地。
「新鮮なもの、よりおいしいものを食べてほしい」という強い思いがあります。
宮崎のきゅうりは6月まで出荷が続きます。是非よろしくお願いします!!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 08月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31