1. ホーム
  2. 産地ブログ

七飯町・木村さんの大根・人参の生育状況

投稿日時:2016年5月31日 9:30 火曜日
5月26日、エプロン大北、前田が
大根とにんじんの生産者七飯町の木村さんを訪問しました。

▼生産者の木村隆夫さんミニ大根の畑で。
 「農薬をできる限り減らして安心して食べてもらえる大根を作っています!」

















ミニ大根は4月中旬(例年並)に種をまきましたが、
ここ2週間は雨がほとんど降っておらず、生育期に雨が不足気味の状況です。
それでも、大根は葉が大きく育ってきているので、朝露を集めて何とか
水分を吸収しています。
干ばつ気味ではありますが、今日明日は雨が降る予報です。

▼大根の圃場では草取り作業をしていました。


















▼木村さんの奥さんです!足腰にも負担がかかるため
 椅子に座りながら畦間をきれいに。農薬だけに頼らず、手で草取りしています。

















▼ミニ大根は6月中旬から出荷の予定です!


















こちらの人参畑は3月20日に種をまいたものです。
発芽はまずまず順調でしたが雨が不足しているので、
干ばつだった昨年と同様に凸凹したものが出てくる可能性も有ります。

















▼まだ人参は鉛筆位の太さです。6月下旬からの出荷予定です。

















収穫まで大根は約2週間、人参は約4週間です。
雨ばかりはどうにもなりませんが、干ばつ気味の土を潤す良い雨になってほしいところです。

投稿者:MITSU

北海道産ミニ大根、人参 出荷始まってます!

投稿日時:2015年7月7日 15:4 火曜日
今週から、千歳あしだ農園のミニ大根の出荷が始まりました。

▼最初は短形だいこんの【三太郎】という品種です。
 九月まで出荷が続きますが、途中で【味一番】という品種にかわります。

















発芽は順調にそろったのですが、現在は「ミニ大根」サイズのバラつきが目立っていました。。
7/3時点で畑の約三~四割が450g前後と予定していた生育よりも小さいのです。
 同じ日に発芽したものでも朝か夕方に発芽したかで差がつくのですが、
 通常なら生育していく内に、生育も揃ってくるのです。
 しかし、今年は6月の日照不足、低温気味の天候の影響で、
 小さいものが育ち切れていない状態です。

▼【7/3撮影】5/10に播種した畑です(5/15訪問時の様子は→こちら) 

















上から見ると葉が生い茂っているので、差がわかりづらいのですが・・・
抜いてみるとよくわかります。
左側は約750gと大きめなのもあるのですが、
いまのところは右側の小さい大根約450g程度のが多いのです。

7月に入り気温も少し上がったので、今後は生育も進んでくれると思います。

▼品種の特性でやや長細い形です。


















***********************************
紹介が遅れていましたが、6月の下旬~あしだ農園のミニ大根が始まるまでは
七飯町・木村隆夫さんのミニ大根を出荷していました。
雨が少なかったため、順調に育つか心配していたのですが、
大根は葉が大きいので、朝露(水分)を集めることができ、良い具合に育ちました。
▼6/17撮影 木村隆夫さん


















一方、6月末から収穫が始まった人参は、大根よりも干ばつの影響を受けていました。
・サイズが小さく、細長い形状であったり
・水分が行き届いていないため 段がついている
のような人参が試しに抜いてみるとみられました。

七飯地区では木村さんグループだけでなく全体的にそのような傾向です。。

▼【6/17撮影】この時の土は、掘ってもカラカラに乾いている状態でした

















6/17以降もしばらく干ばつ続き、6/26ようやく雨が降りました!
生育には必要な雨なのですが、
ただ、干ばつの期間が長かったため、割れてしまった人参も多く出てしまいました。



















木村さんグループ・七飯町の人参は8月上旬位まで出荷が続きますので
これから、少し良くなってくれるだろうと生産者の皆さんは前向きです!

投稿者:MITSU

道南・七飯町の人参発芽しました!

投稿日時:2015年4月14日 9:29 火曜日
いよいよ北海道も本格的に農作業が開始しています。
先週、エプロン前田が七飯町の木村隆夫さんを訪問しました。
木村さんは、函館の隣、七飯町で『人参』と『ミニ大根』を作っています。

今年は北海道の桜、4/21が開花予想で2週間も早いですが、
農作業も早く進んでいて、人参の播種作業は約1週間早い3月18日から始まりました。

▼木村隆夫さんの人参畑。














▼品種はパワフルレッド、発芽は順調です。













木村さんは、地力を維持するため、緑肥をさいばいしたり、
堆肥や有機質やミネラルを補給して土づくりにこだわって栽培し、
農薬も慣行基準に比べかなり少なく抑えています。

▼函館、道南地区の人参は、トンネル+マルチ栽培で道内人参の先頭を切って、
7月初めから出荷されます。













木村さんに出荷していただいているもう一つの野菜
『ミニ大根』は、ちょうど今日からは種が始まります。
ミニ大根は人参より少し前の6月下旬から収穫開始予定です。

投稿者:MITSU

道南の人参、大根

投稿日時:2014年5月23日 9:40 金曜日
5月19日にエプロン石井が人参とミニ大根の生産者
木村隆夫さん・七飯町を訪問してきました。

木村さんの畑は七飯町でも函館よりです。
▼函館市の4月上旬~5月中旬の気象データ









データを見てもわかるように函館は
・4月上旬から5月上旬は降水量が不足。
・逆に4月中旬下旬は日照時間が平年の150~180%と非常に多。
・また、4月中旬は気温が平年より低

▼4/28に堀江が訪問した時は人参のマルチをひいていました。

















▼一番水が不足していた時期なので土は砂の様にカラカラでした。4/28

















▼それから約2週間後の5/19です。木村さんが見ているのは4月上旬に播種したトンネル

















▼干ばつによる発芽不良。
 6列あるのですが真ん中の列が特に芽が出ていません。
 トンネルの支柱に近い両端は支柱を伝ってツユや水蒸気が集まりやすいので
 まだ水分が中央部分より有るので発芽しています。
 
 この時期には種した部分は、発芽不良の部分が抜けるので、
 サイズはやや大きめになり収穫量は半減してしまいそうです。


















3月末に種をまいた人参は発芽はしていますが、干ばつの影響で生育が遅れています。

▼ミニ大根の畑です。トンネルの中大きい株と小さいのがあるのわかりますか?


















▼4月中旬には種が始まった「ミニ大根」
 やはり干ばつの影響で発芽がそろっていないのです。
 芽が出た部分は遅れながらも追いついていく株もありますが
 やはり、収穫量は減ったり、収穫時期が遅れてしまいます。


















木村さんだけではなく、函館地方は同様の生育状況になっています。
とはいっても、雨は降ってくれましたので
これからの回復とそれ以降の順調な生育を願って・・・
美味しい人参と大根を作るぞと木村さんは意気込んでます!応援してください~
















投稿者:MITSU

道内産地リポート!ブロッコリー、ミニ大根

投稿日時:2013年6月14日 9:2 金曜日
今日は久方ぶりの雨に恵まれる!?ということで期待しているのですが
まだポツポツとしか来てません…、サーッと気持ちよく降ってほしい!!

【ブロッコリー】
まずは、丸巳(矢澤農園)の除草作業を紹介します。(6月7日エプロン明石が訪問)
矢澤農園のブロッコリーは除草剤を使用せず、手取りと機械で草取りをします。

▼カルチ除草という機械での除草の様子です。爪の後ろにローラーが付いたタイプ。















(6月7日撮影)

















 雨がないので、
 カルチをかけることで
 土を固めて水分を吸収
 しやすくする効果も期
 待してるのですが・・・
 
 この乾きっぷりです。
 (←6月12日撮影)














水不足の影響は他にもあります。
スイートコーン種まきから2週間たちましたが発芽しません・・・
▼掘ってみるとまだ種のまま。真ん中にある赤いのが種です。(6月12日撮影)


















***********************************
続いては、JA道央 野幌支所 (6月12日にエプロン北川が訪問しました)
▼早いところで定植は4月16日に始まりましたがその後、
 低温続きで霜にも当たりところどころに欠株も出ていました。(6月12日撮影)














▼蕾がありました!5cm程の大きさにブロッコリーが育っていました!(6月12日撮影)













やはりここも、現在雨不足でカラカラ。平年より1週間程遅れており、6/20頃出荷開始の予定です。

**********************************
【ミニ大根】七飯町・木村隆夫さん 
先週、6月7日エプロン石井が産地確認に行ってきました。
木村さんの作っているミニ大根は、その名の通り、
通常の大根の約半分の大きさなので、食べきりやすいサイズで人気です。
写真を見てもわかるようにこの時点ではまだ小さめでした。
訪問から一週間たち、なんとか明日からの出荷に間に合いました。

















が、水不足でなかなか肥大していかないのです。
5月下旬から干ばつ傾向で6月に入ってからも一度も雨が降っていません!
***********************************

降っても1mm、ほとんど0mm・・・そんな状態で6月半分が過ぎました。
今日の雨、みんなが期待してます。

投稿者:MITSU
前の月
2017年 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31