1. ホーム
  2. 産地ブログ

有機玉ねぎ生産者の産直点検

投稿日時:2019年8月9日 16:1 金曜日
8月7日、南空知玉葱出荷グループの有機栽培生産者の
有機たまねぎ生産者【栗山町・川合さん】へ生協産直点検を行いました。

川合さんはエプロンJGAP取得生産者で、化学合成農薬・化学肥料を一切使用しない有機栽培、そして特別栽培の玉ねぎを作られています。

▼有機玉ねぎの圃場をバックに、息子の川合裕二さんです。笑顔が素敵です!



















▼コープデリの産直点検の様子です。


















川合さんは帳票管理や農場管理をしっかりと整備しており、バイヤーからの質疑応答も適切であったため、スムーズに点検を終えることができました。改善要望はありませんでした!

川合さんの日々の努力の賜物です。さすがですね!




産地状況としては、生育期全体として干ばつ傾向ではありましたが、
栗山(三日月地区)は地下水位が高いので三日月地区の玉葱は干ばつに耐えています。

川合さんの有機栽培の圃場では、緑肥や堆肥の工夫など数多くの努力の結果、玉揃いがよく、ここ数年来で最高の出来とのこと!



















点検の前日に根切を行ったため、25日頃から行われる収獲が楽しみですね!

投稿者:前田

一戸農場 農作業の様子

投稿日時:2018年5月24日 9:47 木曜日
有機JAS農産物生産者グループ「大雪を囲む会」
代表一戸さんより現在の農作業の画像が届きましたので紹介します。

▼美幌町もさわやかな季節になってきました。(白樺の花粉症の方にはつらい季節です)


















▼4月に種を播いたオーガニック【人参】の圃場に、早速草取りに入りました。

















化学合成農薬、化学肥料は使用しない有機栽培ですので
もちろん除草剤も使いませんので、人力で草を取ります。
器具を使うと、土をひっくり返してまた雑草が出てくるので
手でひたすら抜きます。草取りのスピードは一人1日約3a
…毎日どこかの圃場で除草作業に入っています。大変な労力です。

【男爵薯】一回目の培土は萌芽するかしないかという時期に行います。
除草の効果もあります。
この後、仮培土、本培土と計3回行います。


















▼【雑穀】の播種も始まりました!5/21は黒大豆、5/24は小豆をまきました~
 操縦は一戸義則さん。

















農作業が続き、忙しい季節です。

投稿者:MITSU

大雪を囲む会・一戸農場「はじまりました!」

投稿日時:2018年4月25日 14:41 水曜日
有機農産物を作っている「大雪を囲む会」では、春の植え付けが始まっています!
大雪を囲む会は美幌町、小清水町、清里町、北見市、滝川市、
新十津川町、中富良野町、上富良野町と道内各地にメンバーが10名おり
人参、馬鈴薯、玉葱、南瓜、ゴボウなど様々な品目を約136haの面積で有機栽培しています。


大雪を囲む会の代表も務める美幌町・一戸農場の播種作業の様子です
▼人参の種まきが一番最初に始まりました。

















▼今日、男爵薯の植え付けも始まりました!

















▼後ろには4人が種芋係として乗っています

















これからどんどんと播種作業が続きます!

投稿者:MITSU