1. ホーム
  2. 産地ブログ

宮崎・高糖度トマトのピークを前に

投稿日時:2019年1月18日 15:27 金曜日
高糖度トマトの産地JA日向をエプロン堀江がピークを前に訪問しました。
JA日向 門川町高糖度トマト生産組合では養液栽培の低段密植栽培
いう方法で一年中出荷しています。
年間出荷する中でも、出荷量と味のピークは春【3~6月】です!

















JA日向では周年的に安定して高品質な高糖度トマトを生産するために
1~2段目で収穫を止める低段密植栽培をしています。
   ※段とは…トマトが結実する枝が現れるサイクルを「段」と呼びます。
        葉が数枚でたあとトマトの成る枝が出ます。これで1段

▼門川地区生産者 林田さんの圃場

















▼「養液栽培のベッド」箱の中に根や養液がおさまっております。
 塩類ストレスをかけて、高糖度化するため溶液には塩を溶かして与えています。
 養液栽培は土で育てたフルーツトマトよりも、
 皮が固くなりすぎないという特徴があります。


















栽培期間が短いので、定植後の農薬使用回数も抑えることができ、
慣行栽培に比べると格段に少なくなります。

















JA日向の栽培方法、約2週間に一度定植を繰り返す【低段栽培】では
多段栽培(通常の育て方)に比べると苗が非常に多く必要になります。
育苗ハウスではこれから定植する苗がたくさん育てられています。

















▼今年は、出荷ピーク時(3月~6月)の美味しいトマトを
 たくさん食べていただけるように小箱(約800g)を企画、
 コストを削減での販売を計画しています。
※写真は緑のトマトが入っていますが…サンプルで急きょ作ったためです。


















酸味と甘みのバランスが程よく、糖度以上に美味しさを感じます。
年中味わえる高糖度トマトですが、美味しさも量もピーク時期の春に
ぜひ食べていただきたいです!

投稿者:MITSU

年の瀬 三つ葉

投稿日時:2018年12月26日 17:19 水曜日
年末三つ葉の出荷最盛期です。
今年は東川町の三つ葉が非常に苦戦しております・・・
















は種後の6月は曇天低温が続き、
発芽後の生育期7月上旬の大雨の後は干ばつが3週間近く続きました。
さらに8月も天候不順であったため、三つ葉の根の生育が良くありませんでした。
また掘り取り時(10月下旬~11月上旬)が例年より暖かかったことで
根に養分が蓄えられるのが弱かったようです。
病気の発生や根が弱かった影響が顕著に出てしまい
刈取り期になって状況が非常に悪くなり、平年の約4割減と終盤まで
回復することができませんでした。

▼根の状態がにくい良くないみつば…


















どうにかできないか奔走し、新規の産地にも三つ葉を提供していただくこともできましたが、
それでも厳しい状況が本日も続いています…。
お取引先の皆様には多大なご心配をかけ、供給不足のため大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

様々な災害に見舞われた年でした。
来年は明るい年になることを願って…
皆様よいお年をお迎えください。

投稿者:MITSU

フルーツトマトもうすぐ出荷開始

投稿日時:2018年5月25日 13:51 金曜日
6月から出荷が始まるフルーツトマトの産地
空知高糖度トマト出荷組合の五十嵐さんと清野さんをエプロン松村、松本が訪問しました。

▼美唄市の五十嵐さん。























収穫後、1個ずつ糖度センサーで糖度を必ず計り
8度以上のものを【特選】フルーツトマトとして出荷しています。
出始めの時期の特選【8度以上】の割合が多いです。。
「夜温が20℃を超える時期」や「雨が多い時期」にはトマトの糖度の低くなります。
▼美味しいトマトのマーク「ベースグリーン」がしっかり出ています。























糖度の高いトマトにするために、水を絞った環境で育てています。

▼茎やヘタの部分には産毛がたくさん。水分を集めるために伸びています。
















トマトの花が6段目くらいまでついていました。























まもなく、6月1週から出荷スタートです。
濃厚なトマトの美味しさをそのまま味わっていただきたいです。

エプロン堀江のおすすめ食べ方は、
湯むきして冷蔵庫で冷やすだけ。
さっぱりとしてデザートのような美味しさです!
是非お試しください。

▼新十津川町の清野さん

投稿者:MITSU

コープしが様 産地視察

投稿日時:2017年8月29日 10:10 火曜日
先週、コープしがの組合員理事さんによる産地訪問がありました。

【空知高糖度とまと生産組合 五十嵐さん(美唄市)】
有機肥料とミネラルを中心とした土作りと必要最小限しか水を与えない栽培で
フルーツトマトを作っています。


















1個1個出荷の際も糖度を測っている【糖度計】を実際使わせていただき
糖度7度、8度、9度の食べ比べを行いました。
1度上がるごとに、味が変わることを実感!
酸味もあって、うま味濃厚な味わいでした。


















赤いから甘いわけではないんだと体感しました。


















赤さよりも、トマトのお尻の部分に星マークがあるものは甘いんです。














続いて、コープしが産直産地でもある
【南空知玉葱出荷グループ】代表の坂野さんを訪問しました。


















あいにくの雨模様でしたので
坂野さんが種取りしている「在来種 黄たまねぎ」を見せていただきました。
種苗会社が作るF1種ではなく、毎年生産者さんが種取りをしてる伝統野菜です。

▼晴れたら外に出しますがこの日は雨のなので倉庫内で乾燥させていました。

















▼数日前に刈り取った母球のネギ坊主の部分。
 10月まで乾します。


















▼黒いのがはじけて出てきた、在来種黄玉の種です。
生産者さん自らが、種をつないで行っている貴重な品種です。

















写真がないのですが…
夜には、以下の産地の食材を使用した、料理・食べ比べを行い、
品種による味・食感の違い、調理方法の違いを実感していただきました!

●岩見沢市、坂野俊一、たまねぎ(ピルシー、黄玉、白玉、オホーツク222)は
丸焼きや、オニオンスライスで。
●美瑛馬鈴薯出荷グループ 外山貴司さんの(とうや、男爵、キタアカリ)は
フライドポテトやポテトサラダで。
●美唄市、五十嵐さんのフルーツトマトはカプレーゼで。

訪問を通じて、産地をより身近に、興味を持っていただけました!

投稿者:MITSU

オーズグループのスナップエンドウ出荷中!

投稿日時:2017年6月23日 9:51 金曜日
今年からの新しい産地【O's GROUP(オーズグループ)】 
6月2週からスナップエンドウの出荷が始まっています
O's GROUPは富良野の小野さん、岡本さん2名グループで、
お二人ともJGAP認証農場です!
スナップエンドウは36aの面積で栽培を行っています。

▼小野農園 6月20日に訪問しました


















出荷ピークはまさに今、6月下旬頃。
スナップエンドウの引き合いは強く、来年の作付はさらに拡大する予定です。
来年は5月中旬から出荷できるように計画しています。

▼二ムラサラダスナップという品種です。豆を十分太らせて、莢ごと食べます

















▼小野託也さんご夫婦 茹でたスナップエンドウを試食させていただきました


















 よく太らせてから
 収獲を行っているため、
 とっても甘くて
 太っていますが、やわらかく
 食べごたえ有。
 
 2分ほど茹でると
 緑に輝きます☆
 何もつけなくても
 美味しくて
 何本も食べてしまいます。

 お子様のおやつにも
 いいですねー。




オーズグループでは7月中旬よりミニトマトの出荷も始まります!

投稿者:MITSU
前の月
2019年 01月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31