1. ホーム
  2. 産地ブログ

今もレンコン出荷中です!

投稿日時:2017年4月26日 9:11 水曜日
先週、エプロン堀江がコープきんき土井さんと
ひぜん産直会・レンコン産地(佐賀県)を訪問しました。
佐賀のれんこんといえば、秋から冬にかけてのイメージが強いと思いますが、
実は今も秋から継続して収穫&出荷中なのです!

▼昨年春に植えつけたレンコンですが、れんこんは収穫せずに田んぼの中で
 おいておくことができるので、必要分ずつ収穫しています。

















今年度作のレンコンの植え付けも4月上旬から始まっています。
▼左側は今年のれんこんを植付が終わった田です

















▼昨年植えつけた田では、収穫しないでおいてある蓮根が種レンコンとなり
 新たなレンコンが育ち始めています。
 いつも9月中旬からの出荷開始ですが、今年はこれを8月から収穫して、
 8月から「新レンコン」出荷開始スタートする予定です。

















▼レンコンを出荷していただいている百武さん。
 お店に頼んでレンコンの天ぷらを用意していただきました。

















▼佐賀大町の名物「たろめん」
 炭鉱のあった時代に炭鉱で働く人々が好んで食べられていたうどんです。
 ちゃんぽんのような具だくさんのスープにうどんが入っていておいしかったです。

















▼れんこんの天ぷらを試食するコープきんきの土井さん。


















佐賀のれんこんはもっちりしているのが特徴。
実際食べた堀江に聞いてもとてもおいしかったそうです!
佐賀のれんこんは、年間通じて出荷されていて、一年中食べられるのです。

8月からの新レンコンも楽しみにお待ちください。

投稿者:mitsu

佐賀れんこん好調に出荷中!

投稿日時:2016年9月26日 15:43 月曜日
先週エプロン堀江がコープきんき土井さんと
佐賀ひぜん産直会のれんこん生産者を訪問しました。

▼レンコン生産者 百武雅矢さん

















▼腰まで田につかって収穫します。
 秋はまだ良いのですが、冬になると寒さ冷たさでしびれます。

















今年の佐賀れんこんは台風の影響もなく、順調に育ちました!
9月初旬からエプロンでもっ出荷が始まっています。

















▼れんこん作付面積推移(佐賀・全国)













 (佐賀県は、茨城・徳島に次ぐ
  全国三位のれんこん産地です)



全国のれんこん栽培面積は最近は横ばいですが、
長期的に面積は減少傾向にあります。
佐賀県のれんこん栽培面積は2005年が最も低くなり251ha、
ここからは増加傾向で2015年の面積は371haとなりました。
面積は全国の9.4%、収穫量は7.5%を占めています。

ここ数年、佐賀では玉ねぎの不作が続いている為、れんこんの栽培に力が入っています。
そのよう産地の状況をくみ取り、コープきんきでは佐賀のれんこん販売に
力を入れていただけることになりました!

▼左から百武謙一さん、ひぜん産直の会岩崎さん、コープきんき土井さん、百武翔太さん。

















れんこんはビタミンC、ムチン、食物繊維、ポリフェノールなどを豊富に含み
咳やぜんそく、アレルギーなどにも効果が期待できます。
そしてこれから寒くなると益々れんこんがおいしい季節になります。
煮物、揚げ物、汁物など色々なお料理でお楽しみ下さい!

投稿者:MITSU

西日本大寒波、雪の影響 ②れんこん

投稿日時:2016年1月27日 15:3 水曜日
昨日もお伝えしましたが、大寒波による影響の続報が入りました。
ひぜん産直の会 岩崎さんより
佐賀県白石町のれんこん田の様子が届きました。

この時期の平年の気温は【最高気温:約9度、最低気温:約0℃】なのですが…
1/24(日)最低-6.2℃ 最高-2℃
1/25(月)  -9.6℃   0.4℃
1/26(火)  -2.7℃   2.8℃
白石町の気温は雪の日から低い日が続いています。

▼こちらは、蓮根です。凍ってる状態です。1月26日撮影



































▼雪が積もってるところもありました。1月26日撮影

















2日間の出荷分は、寒波を予想して前もって準備してましたが、
3日も入れないとは・・・・。
水道管が破裂し出なかったり、機械が回らなかったり
まだまだ寒波の影響が収まりません。

投稿者:MITSU

佐賀れんこんも台風15号の被害が

投稿日時:2015年9月2日 11:58 水曜日
8月25日、鹿児島の三矢物産のオクラが台風15号の被害にあったとお伝えしましたが、
佐賀県・ひぜん産直の会ではレンコンが台風被害に合いました。
(以下、百武青果の百武翔太さんより画像を送っていただきました。)

▼台風の前のレンコン田






















8/25、佐賀県白石町では最大瞬間風速31.4mを記録しました。
レンコンは葉が大きいので、風の影響を受けやすい植物です。

▼台風の強風で、葉が破れたり、茎が折れてしまいました…























れんこんの穴は茎にまでつながっており、茎が折れてしまうと、
栄養が届かなくなるので生育が止まる、腐れるなど
「収穫量」や「品質」に影響がでます。

ひぜん産直の会では9月下旬からレンコン出荷が始まります。
最初の早生品種は影響が少ないと思われますが、晩生品種に影響がありそうです。

***********************************

台風の他にもう一つ、れんこんの大敵があります。
それは鳥の「カモ(鴨)」です。
カモ水に潜って、れんこん自体を食べてしまうそうで、
圃場によってはほとんど食べられてしまうというところも有ります。

カモの食害は12月頃から増えるのですが、
植え付けに入る3~4月までカモがいるので、
せっかく植えつけたれんこんまで食べてしまうそうです。

▼今春に植えつけた後に、鴨被害が多かった圃場です。
 補植しましたが、このように所々葉が出ていない所がいくつかあります。
















こうなると、収穫量がその分丸々減ってしまうことになります。

▼真ん中、葉がなくて穴が開いているところもカモ被害です。

投稿者:MITSU

佐賀のれんこん出荷が始まります!

投稿日時:2014年9月19日 9:2 金曜日
佐賀県産の新物れんこん出荷を間近にひかえて、
ひぜん産直の会代表の岩崎さんより
レンコンレポートが届きましたので、ご紹介いたします~
**************************************
▼収穫したれんこんは“舟”にのせて運びます。

















今年は、8月が降水量例年の2.7倍、日照時間は50%以下と天候不順に悩まされ、
その結果レンコンも日光の恵みをあまりもらえないで、収量がずいぶん下がる見込みです。
これだけ大きな葉っぱなので夏場の日照時間の多い少ないは、
作物の新陳代謝に大きく影響し、ご覧のように茎も徒長気味でちょっと力強さがないですね。
現時点では、産地で3割減くらいかと言われています。


















この日は、百武さんの圃場に伺い次男坊の雅矢さんが収穫作業をしていました。
▼佐賀県白石町はれんこんの有数の産地です。
 特に福富地区のれんこんは古くから有名です。

















例年でしたらもう少し大きなれんこんがとれてるんですが、
本当に小ぶりでだいたい10aで2トンとれるものが、
1.5トンくらいではないかと予想されています。

















何の作物でも一緒ですが、収穫作業は1個は1個なんです。
大きくても小さくても!
ただ生産者の心境としても小さいものよりは大きいものを収穫するほうが、
やっぱりやりがいがあります。

まだ、葉っぱが生きてますから以前もお伝えしましたが(→こちらの記事)
これからしばらくは、さびが付いたような肌目のものが見受けられますが、
これは、生きてる証なのでどうぞご理解ください。

来週の協同購入の出荷から始まります。
今年もこれから春先まで、よろしくお願いします!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 08月
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31