1. ホーム
  2. 産地ブログ

宮崎県JA日向フルーツトマト産地訪問

投稿日時:2017年6月17日 11:43 土曜日
先週、エプロン千葉が宮崎の産地を訪問してきました。

高糖度トマトの産地 【JA日向 門川地区】
JA日向では周年的に安定して高品質な高糖度トマトを生産するために
2~3段で収穫を止める低段密植栽培をしています。

















▼トマト生産者 林田さん

















養液栽培を行なっており、「塩分・肥料・水」の3種類の液が混ぜられています。
トマトがピンポン玉ぐらいになってら、
養液の濃度を上げてトマトにストレスを与えることで高糖度化しています。

区画ごとに養液を循環させていて、
万が一事故が起こった時も区画を超えて広がらないようにリスク管理されていました。
▼「養液栽培のベッド」箱の中
日照量・気温・CO2濃度など、外環境の数値に合わせて自動で養液が流れます。



















【JA選果場の様子】
▼ハウスが非常に広い為、ハウス内で4畝ごとに区画を分けて
 どこの区画で取れたトマトかわかるようにしてトマトを選果場に持込まれています。


















 
 光センサーで選果!

 糖度と重量により
 サイズと等級が選定されます。




センサを通ったら、レーンを移動しながらそのトマトの等級のところへ流れていきます。









このように、JA日向:門川地区の高糖度トマトは
確かな品質を保証する栽培や選果のシステムが整っています!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 06月
次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30