1. ホーム
  2. 産地ブログ

南空知玉葱出荷グループ 定期総会&研修会

投稿日時:2017年6月21日 11:34 水曜日
第14回、南空知玉葱出荷グループ定期総会を、先週末南幌温泉で行いました。

ここ数日暖かい日が続いていますが、
南空知では定植以降は気温が上がらない状態が続いていました。
また5月下旬から定期的に雨があり、雨量(降雨回数)が多かったこともあり、
水はけの悪い圃場では水焼けが起きているところもあります。
とはいえ、生育は今のところは順調といえます!
今後、高温多湿条件になると軟腐病の発生が懸念されるので管理に注意しています。


▼会員、共同経営者を含め合計27名が出席。
 会長 坂野さんの挨拶に続いて、定期総会では昨年の活動・収支報告、
 今年度の活動予定についての議会をおこないました。

















事務局のエプロンからは
水谷より「たまねぎ販売状況について」…昨年度の玉ねぎの販売先と販売量を報告、
三ツ橋より「JGAP団体認証への取組みについての報告」
伊藤より「ミネラルの取組みと現在発生中の病害についての報告」を行いました

▼総会の後は懇親会

















==================================
研修の前日には、昨秋から開始した道外研修会に6名が参加していました。
メンバーを数名ずつに分けて、道外の産地や集荷センターを
見学する研修会の第二弾です。
今回は栗山の生産者6名が参加しました。

【1日目 コープデリ 柏青果集品センター(千葉)】
小林バイヤーに入荷から出荷までのセンター内の流れを説明して頂きました













参加者の皆さんからは
「JGAP認証にむけて大変勉強になった」
「野菜はここまでしないと売れない時代なのか」
「生協までの物の流れはわかっていたが、センター内でのチエック体制(安心できる)が
とても勉強になった」などの声がありました。














【2日目 佐賀・白石町玉ねぎ生産圃場見学】
▼大和青果の 生産者片渕さんの圃場を見学しました














収穫中の圃場を実際に確認させていただきました。
今年の作柄、ベト病の状況、後継者のこと、栗山との違いについてなど
互いに情報交換しました。

投稿者:MITSU
前の月
2017年 06月
次の月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30