1. ホーム
  2. 産地ブログ

2021年産 北海道たまねぎ栽培開始

投稿日時:2021年2月20日 13:23 土曜日
2月に入り暦のうえでは“春”となりますが、北海道ではまだまだ冬の寒さが厳しく、
最高気温が0℃以上にならない“真冬日”も多く観測されています。

そんな極寒の中、北海道内のたまねぎ産地では播種作業がビニールハウスで始まりました。

南空知玉葱出荷グループの長沼町・健名さんでは、専用の機械で播種された苗箱を“自走式苗箱運搬機”と“自動苗箱並べ機”を使用してハウス内に並べていきます。


きれいに並べられた苗箱に行われる作業、通称“板踏み”(動画参照)は
ハウスの土と苗箱をしっかり固定し散水時に浮き上がってこない様にするために行います。
また種に刺激を与え発芽が良くなるとも言われている大切な作業です。

長沼町・栗山町方面では2月17日頃より作業が始まっており、降雪が少ないため平年より1日~2日早い播種スタートとなっています。

一方、岩見沢市では2月10日時点としては、観測史上2番目に多い積雪を記録しており生産者の坂野さんがすっぽり隠れるほどの雪壁が出来ています。

▼ 整地されたハウスと生産者(坂野さん)と雪壁 (2/12撮影)
















岩見沢方面では、大雪の影響により平年よりも4日~5日程遅い、2月20日頃より播種作業が本格化する予定です。

オホーツク方面では一段と寒さが厳しく、2月に入ってから最低気温がマイナス20℃近い日が続きハウス内の土壌凍結も心配されましたが、11日以降は少し気温が上がったことで、平年通りの2月18日頃より播種作業が本格的に開始されています。


各生産者これからは中生品種・晩生品種と播種作業が続きながら、苗の温度管理と潅水作業を行います。

平年通りいけば4月中下旬頃より定植し、7月下旬頃より収穫を迎えます。
まずは第一歩目を順調にスタートしました!

投稿者:itoshin
前の月
2021年 02月
次の月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28