1. ホーム
  2. 産地ブログ

冬期間の産地「宮崎」のご紹介

投稿日時:2021年12月25日 9:10 土曜日
今回はエプロンの冬期間の産地、宮崎の産地をご紹介いたします。

まずは【JA日向】です。
今までのブログでも何度かお伝えしていますが、JA日向は冬期間のエプロンのトマト産地です。
糖度8度UPの「ひゅうが小町」というフルーツトマトを作っています。

▼フルーツトマトのハウスの様子 12.2撮影
























▼糖度別(7度、8度、9度)のフルーツトマト(とれたて!)を試食させていただきました!














糖度に差はあれど、皮も薄く食べやすく、大変おいしいトマトです♪

▼続いてはミニトマトのハウスの様子 12.3撮影
















フルーツトマトの他ミニトマトも作っていますが、ミニトマトには珍しく最新鋭の糖度センサーを導入しており、2019年には最先端の選果場も整備されています。そのため糖度をうたっての販売も可能です。
詳しい産地説明はこちら

続いては【JA西都】です。

▼カラーピーマンを作っています。
























JA西都は、
夏~秋の間→西米良村
冬~春の間→西都市というように1年間を通してカラーピーマンを栽培している全国的にも珍しい産地なんですよ。

また、今の時期はまだ出荷時期ではないのですが、5月から7月にかけては
完熟マンゴーを出荷しています。



















こちらもJA西都の名物!絶品ですよ。

また、ラストは弊社では珍しい胡瓜の話題です。
宮崎県は胡瓜の全国の収穫量一位の県なんですよ。

▼今回ご紹介するのは宮崎県宮崎市の【細川農園】です

























▼ブルーム胡瓜のため、一般的な胡瓜に比べるとうっすら白いですね。



















そもそも、ブルームとは、胡瓜などの果皮表面に生じる白い粉、蝋状の物質=ブルームのことです。
南瓜にもよくみられるものです。
ブルーム自体は胡瓜自身が雨から自身を守ったり、水分の蒸発を防ごうと自身から分泌される自然的なものですが、この白い粉が汚れや農薬のように見えるとのことから、近年では品種改良が行われ、ブルームレス胡瓜が市場で一般化されました。


しかし、細川農園ではその美味しさをお届けしたいという思いから、今となっては珍しい「ブルーム胡瓜」にこだわり、作り続けています。

ブルーム胡瓜は、そのみずみずしさ、歯切れのよさは一度食べると、みんな虜になってしまうぐらい食味が良いのです。
胡瓜嫌いの小さな子供も食べてしまうほど。
皮が薄いため、浸透率が高いので浅漬けなどにもオススメです!

細川農園はグローバルGAPも取得している農場です。

5月頃まで出荷がありますので、ぜひご賞味ください♪

投稿者:tomo