1. ホーム
  2. 産地ブログ

救命講習を受けました!

投稿日時:2017年11月20日 11:6 月曜日
エプロンではたまねぎでのJGAP団体認証今年度中の取得に向けて
現在準備中です。

「農場に応急手当ができるものを確保する」というJGAP管理点もあり、
せっかくの機会なので消防署にお願いして救命講習を開いていただきました。

▼11月8日南空知消防署ではJGAP取得予定の農場から6名とエプロン三ツ橋が参加しました。
















▼座学の後は、心肺蘇生の練習。「胸骨圧迫」はリズミカルに。
 AEDの使い方もマスターしました。















▼一時待機する場合や、呼吸をしている傷病者にはこの横向きの「回復体位」
をとらせます。
















▼11月13日美幌消防署ではJGAP取得予定の農場から8名と北晃運輸高橋さん
 が参加しました。













みんなまじめに受講しています!声だしもバッチリ。













JGAP認証予定の農場は全て
普通救命講習受講証をもらうことができました。
何も知らない場合と違い、
受講したことで何かあった時もあせらずに対応できるのではないでしょうか。

投稿者:MITSU

松倉さんの大根、イケ終わりました!

投稿日時:2017年11月14日 10:4 火曜日
先週、エプロン伊藤が函館の松倉さんに生協GAP(適正農業規範)の
二者点検に行ってきました。
点検を重ねることで必要な情報や書類がまとまってきており
前回の指摘事項もしっかりと改善されていました。

松倉さんでは、貯蔵大根(雪の下大根)を作っています。
土の下で貯蔵された大根はみずみずしく甘いのが特徴です。


















11月上旬に掘り取りながら、土の下に「イケる」作業を行いました。
今年は11月8日にイケ終わりました。
▼松倉さんご家族

















播種はお盆明け8月16日~から始まりました。
▼10月中旬の様子。試しに抜いてみるとLクラスのサイズでした。


















昨年は台風の影響で思うように成育が進まずサイズがM中心でしたが、
今年は株間を広めにとって、肥大が良好でL~2Lが中心サイズに育ちました。

▼前半に出荷する予定の部分は土が少なめに盛られています。

















▼後半に出荷予定の場所はこんもりと盛られていました。この下に大根が寝ています。
今年から貯蔵場所の横にサブソイラーで溝を掘り(緑の矢印)排水対策を行っています。


















今年は圃場でいける時にも、ほとんどロスが出なかったので
作業もとてもスムーズだったということです。
松倉さんの大根は、エプロンのミネラル肥料「ソイルバランス」を継続して使用しています。
肥大性やサイズの揃い、正品率の高さなどミネラルの効果が出てきている様でした。
松倉さんの貯蔵大根は12月2週からの出荷開始予定です。

投稿者:MITSU

JAひがしかわ若手生産者勉強会 IN宮城

投稿日時:2017年11月9日 13:16 木曜日
昨日、JAひがしかわの若手生産者勉強会で宮城のコープ東北サンネット様を訪問しました。
(エプロン堀江が同行)

▼JAひがしかわ 斉藤課長、中島主任と30代若手生産者5名が参加しました。
 お米以外の作付されている野菜(ブロッコリー、トマト、軟白ねぎ、サンチェ、コーンなど)は
 それぞれちがいます。

















今年9月8日に開所したばかりの「コープ東北多賀城ベジタブルセンター」
南三県(福島・山形・宮城)の組合員さまへの農産品のお届け新拠点です。
今年のJA東川のお野菜の出荷は終了していますが、
自分たちの出荷したものがどのような過程を経て消費者の皆さんにお届けされるのか
見学させていただきました。

▼センター内を谷口商務(写真左)に案内していただきました。

















▼JAひがしかわの商品がのっている宅配の紙面
紙面にタイムリーな作柄的なことも伝えていけたら良いですねという意見も上がりました。

















夜はで懇親会。みやぎの地の物をたっぷりいただきました~
▼根っこ付きの「セリ」鍋、みやぎといえば「牡蠣」!









▼〆の穴子山椒ごはん。みやぎは穴子の名産地なんですって。
 谷口商務の取り計らいでお米はなんと「東川米」で作ってくださいました!
 宮城名物を自分たちの作ったお米で味わえて感動。















▼懇親会のメンバー JA東川ご一行と松浦青果阿部さん、
 コープ東北サンネット谷口さん、コープ東北須藤さん。
紙面作り担当の須藤さん(左列一番奥)は、東川には行ったことがないのですが
生産者さんが自己紹介されると名前を聞いただけで、作っている野菜までご存じで
一同びっくりしました。













毎年、産直協議会でコープサンネット連合の理事さんや職員の方々が
JA東川を訪問されますが、今回は逆に生産者の皆さんが、販売先を見ることができ
とても有意義な勉強会、交流会になりました!

投稿者:MITSU

原谷農園の人参がテレビで紹介されました!

投稿日時:2017年11月6日 16:53 月曜日
北見の原谷農園の人参が地元テレビで紹介されました。
〈見たい!知りたい!北海道(STV:札幌テレビ放送)〉10月28日土曜日放送
原谷さんの人参は札幌のジューススタンドや消費者のお取り寄せなどでも人気です。
「北見のすごい人参」というタイトルで放送されました













▼番組中では原谷清作さんが自身の人参作りの説明や、
 原谷さんの人参をいつも食べている人の感想や、
 取扱店での評判などが紹介されました。















甘くて、クセがなく、えぐみがないという
そのおいしさで評価を受けているだけではなく
機能性成分の分析を行い、結果は一般的な人参に比べ
抗酸化力が約1.3倍、ビタミンCが約1.5倍という結果が出ていました。















 人参を作り始めて20年以上たちますが
 より品質の良いもの、美味しい人参を作るにはどうすればよいか試行錯誤され
 人参作りに適した土にするために火山灰を入れたり、
 土壌の微生物を増加させるために微生物資材を使用し
 化学肥料や農薬の使用を減らしています。

投稿者:MITSU

和田農園 長芋収穫始まりました

投稿日時:2017年11月2日 10:59 木曜日
北海道は初雪も降り、秋も深まって冬が近づいています。
帯広・和田農園では長芋の収穫が始まりました。
(以下 11/1撮影)
▼ゴボウと同じように、二台のトラクターが並走して収穫

















▼収穫機側のトラクターは和田誠さんが運転中でした

















▼掘り上げられた長芋をコンベアに載せ、左側のトラクタの後部に運ばれます

















▼収穫した長芋をハーフコンテナに入れていきます。

















和田さんによると今年は植付時の種芋の状態の影響から
平年よりやや収量は落ちるそうです。

▼長芋収穫の一連の動画をご覧ください!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 11月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30