1. ホーム
  2. 産地ブログ

生協産直点検(オホーツク玉葱、美瑛馬鈴薯、JA十勝池田)

投稿日時:2018年6月14日 10:30 木曜日
先週、生協の産直産直点検が各地で行われました。

オホーツク玉葱出荷グループ 
6月6日 コープデリ、コープ九州 2生協の合同点検を実施しました。

















今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美幌町の仙頭さんです。
▼仙頭佳斉さん(左) コープ九州本田さん(中) コープデリ飯田さん


















GAPの必要性を感じ、息子の慶斉さんが今年JGAP指導員資格を取得され
倉庫内・農薬庫内は整理整頓がされており、素晴らしい管理がされていました。

















団体編では、エプロンが事務局として点検を受けました。


美瑛馬鈴薯出荷グループ
6月7日コープ九州の産直点検を実施しました。
今年の生産者編適正農業規範(生協GAP)点検は、美瑛町の大西さんです。

















農場管理、帳票管理が日頃よりされており、とてもスムーズに点検を実施できました。
来年度の点検者寺島さん夫婦が見学されて、来年の予習をしました。

▼培土も完了し順調に生育しているばれいしょ 6月7日撮影

















ところが、先日6月12日に大雨が降り…(美瑛町は降水量72mm)
美瑛の傾斜地に、短時間で一気に雨が降ったことで、川のようになってしまいました。
▼雨で流れた圃場 6月12日撮影

















もう、芋を倒してしまう可能性も有るので機械で培土は入れないので
土が乾いてから手作業でやるかどうか検討しているそうです…。


JA十勝池田町
6月8日コープ九州の産直点検を実施しました。

コープ九州の産直点検は今年で3回目、帳票類が整備されていて、
管理状況も改善が重ねられています。

▼JA十勝池田町 秋野課長(奥)


















▼インカのめざめの圃場です















北海道の農業シーズンが到来し、生協各産直産地では
続々と適正農業規範(生協GAP)による産直点検が実施されており
(各地でブログに掲載しきれていないものもあり)
これからも予定が入っております。
毎年継続して点検を行うことで、農場やグループの実態を確認し
改善を重ねてより良い運営をめざしております。

投稿者:MITSU

得地農場ブロッコリー出荷もうすぐです!

投稿日時:2018年6月13日 11:45 水曜日
エプロン北川、戸田が収穫開始直前の音更町・得地農場を訪問しました。

▼4月に霜のあたった圃場も順調に生育してました(品種:ピクセル)。
 花蕾の大きさは10cm前後。6月13日撮影













定植後すぐ4月に霜のあたった圃場も、気温の上昇に伴い遅れを取り戻していました。
今週に入ってから低温が続いていましたが、
高温で急激に肥大するよりは問題なく、
干ばつ気味だった事もあり、得地農場ではタイミングの良い雨になりました。


5/31には毎年実施しているならコープの産直点検もありました。
▼5月31日撮影のブロッコリー圃場

















▼農薬庫の確認中 得地勝さん(左)ならコープ沼澤さん(右)


















得地さんのブロッコリーはいよいよ来週から収穫開始予定です!

投稿者:MITSU

大牧農場の馬鈴薯ホッカイコガネ

投稿日時:2018年5月29日 11:7 火曜日
昨年度からコープきんきの産直産地になりました【大牧農場(音更町)】
コープしが村上さんとエプロン進藤が訪問しました。

▼(左)大牧農場 宮田社長 五十川農場のホッカイコガネ畑です。















▼写真左端側は男爵(ピンク矢印方向)を右側は北海黄金(黄緑矢印方向)が
 植えられています。このように植えたものを【枕男爵】というそうです
 ※圃場の端のことを「枕(まくら)、枕地」といいます。枕で機械を旋回したりします。













早生の男爵が先に収穫できるため、収穫したあとスペースに
鉄コンや農機を置いたり作業スペースとして使えるのだそうです。

▼萌芽してきていました。

















昨年産の馬鈴薯を保管している、
自然エネルギーを有効活用した雪室貯蔵庫を見せていただきました。















▼これから出荷予定のホッカイコガネ。美味しさのってます!
 雪の適度な湿度と、温度で品質を保って保管されています。













▼雪もまだ残っていました。

投稿者:MITSU

北海道のブロッコリー

投稿日時:2018年5月29日 9:40 火曜日
【萌育実生産組合(美瑛町)】5月24日 エプロン北川訪問
今年の定植は5/14から開始しました。昨年のスタートが早かったのですが、
今年は例年と同じ時期にスタートしました。

萌育実生産組合でも、化学合成農薬、化学肥料を北海道慣行基準の
半分以下に抑えた栽培をしています。
▼萌育実生産組合5/14定植開始圃場(5月24日撮影)

















植えて間もないですが、順調です。

▼育苗中の苗(品種はこの後植えるSK-099)

















萌育実生産組合のブロッコリーは7月上旬から出荷開始予定です。

【得地農場(音更町)】コープしが様、エプロン進藤訪問
以前にもお伝えしましたが、4月末に霜にあたったため当初の収穫予定より
7日~10日程遅れで、6月下旬の収穫となりそうです。
その後の生育状態にバラつきはあるものの、今のところ順調です。

▼(左)得地勝さん 5月24日撮影 特別栽培のブロッコリー














▼遅れていますが5/14の訪問時よりだいぶ大きくなりました。
品種はピクセルです。

投稿者:MITSU

フルーツトマトもうすぐ出荷開始

投稿日時:2018年5月25日 13:51 金曜日
6月から出荷が始まるフルーツトマトの産地
空知高糖度トマト出荷組合の五十嵐さんと清野さんをエプロン松村、松本が訪問しました。

▼美唄市の五十嵐さん。























収穫後、1個ずつ糖度センサーで糖度を必ず計り
8度以上のものを【特選】フルーツトマトとして出荷しています。
出始めの時期の特選【8度以上】の割合が多いです。。
「夜温が20℃を超える時期」や「雨が多い時期」にはトマトの糖度の低くなります。
▼美味しいトマトのマーク「ベースグリーン」がしっかり出ています。























糖度の高いトマトにするために、水を絞った環境で育てています。

▼茎やヘタの部分には産毛がたくさん。水分を集めるために伸びています。
















トマトの花が6段目くらいまでついていました。























まもなく、6月1週から出荷スタートです。
濃厚なトマトの美味しさをそのまま味わっていただきたいです。

エプロン堀江のおすすめ食べ方は、
湯むきして冷蔵庫で冷やすだけ。
さっぱりとしてデザートのような美味しさです!
是非お試しください。

▼新十津川町の清野さん

投稿者:MITSU
前の月
2018年 06月
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30