1. ホーム
  2. 産地ブログ

オーズグループのスナップエンドウ出荷中!

投稿日時:2017年6月23日 9:51 金曜日
今年からの新しい産地【O's GROUP(オーズグループ)】 
6月2週からスナップエンドウの出荷が始まっています
O's GROUPは富良野の小野さん、岡本さん2名グループで、
お二人ともJGAP認証農場です!
スナップエンドウは36aの面積で栽培を行っています。

▼小野農園 6月20日に訪問しました


















出荷ピークはまさに今、6月下旬頃。
スナップエンドウの引き合いは強く、来年の作付はさらに拡大する予定です。
来年は5月中旬から出荷できるように計画しています。

▼二ムラサラダスナップという品種です。豆を十分太らせて、莢ごと食べます

















▼小野託也さんご夫婦 茹でたスナップエンドウを試食させていただきました


















 よく太らせてから
 収獲を行っているため、
 とっても甘くて
 太っていますが、やわらかく
 食べごたえ有。
 
 2分ほど茹でると
 緑に輝きます☆
 何もつけなくても
 美味しくて
 何本も食べてしまいます。

 お子様のおやつにも
 いいですねー。




オーズグループでは7月中旬よりミニトマトの出荷も始まります!

投稿者:MITSU

南空知玉葱出荷グループ 定期総会&研修会

投稿日時:2017年6月21日 11:34 水曜日
第14回、南空知玉葱出荷グループ定期総会を、先週末南幌温泉で行いました。

ここ数日暖かい日が続いていますが、
南空知では定植以降は気温が上がらない状態が続いていました。
また5月下旬から定期的に雨があり、雨量(降雨回数)が多かったこともあり、
水はけの悪い圃場では水焼けが起きているところもあります。
とはいえ、生育は今のところは順調といえます!
今後、高温多湿条件になると軟腐病の発生が懸念されるので管理に注意しています。


▼会員、共同経営者を含め合計27名が出席。
 会長 坂野さんの挨拶に続いて、定期総会では昨年の活動・収支報告、
 今年度の活動予定についての議会をおこないました。

















事務局のエプロンからは
水谷より「たまねぎ販売状況について」…昨年度の玉ねぎの販売先と販売量を報告、
三ツ橋より「JGAP団体認証への取組みについての報告」
伊藤より「ミネラルの取組みと現在発生中の病害についての報告」を行いました

▼総会の後は懇親会

















==================================
研修の前日には、昨秋から開始した道外研修会に6名が参加していました。
メンバーを数名ずつに分けて、道外の産地や集荷センターを
見学する研修会の第二弾です。
今回は栗山の生産者6名が参加しました。

【1日目 コープデリ 柏青果集品センター(千葉)】
小林バイヤーに入荷から出荷までのセンター内の流れを説明して頂きました













参加者の皆さんからは
「JGAP認証にむけて大変勉強になった」
「野菜はここまでしないと売れない時代なのか」
「生協までの物の流れはわかっていたが、センター内でのチエック体制(安心できる)が
とても勉強になった」などの声がありました。














【2日目 佐賀・白石町玉ねぎ生産圃場見学】
▼大和青果の 生産者片渕さんの圃場を見学しました














収穫中の圃場を実際に確認させていただきました。
今年の作柄、ベト病の状況、後継者のこと、栗山との違いについてなど
互いに情報交換しました。

投稿者:MITSU

宮崎県JA日向フルーツトマト産地訪問

投稿日時:2017年6月17日 11:43 土曜日
先週、エプロン千葉が宮崎の産地を訪問してきました。

高糖度トマトの産地 【JA日向 門川地区】
JA日向では周年的に安定して高品質な高糖度トマトを生産するために
2~3段で収穫を止める低段密植栽培をしています。

















▼トマト生産者 林田さん

















養液栽培を行なっており、「塩分・肥料・水」の3種類の液が混ぜられています。
トマトがピンポン玉ぐらいになってら、
養液の濃度を上げてトマトにストレスを与えることで高糖度化しています。

区画ごとに養液を循環させていて、
万が一事故が起こった時も区画を超えて広がらないようにリスク管理されていました。
▼「養液栽培のベッド」箱の中
日照量・気温・CO2濃度など、外環境の数値に合わせて自動で養液が流れます。



















【JA選果場の様子】
▼ハウスが非常に広い為、ハウス内で4畝ごとに区画を分けて
 どこの区画で取れたトマトかわかるようにしてトマトを選果場に持込まれています。


















 
 光センサーで選果!

 糖度と重量により
 サイズと等級が選定されます。




センサを通ったら、レーンを移動しながらそのトマトの等級のところへ流れていきます。









このように、JA日向:門川地区の高糖度トマトは
確かな品質を保証する栽培や選果のシステムが整っています!

投稿者:MITSU

南空知玉葱出荷グループ コープしが産直点検

投稿日時:2017年6月13日 10:40 火曜日
昼間になり暖かくなっていきましたが、
今朝の北海道は内陸を中心に13の地点で氷点下になりました…
6月中旬のこの時期に道内で氷点下を観測するのは2012年以来、5年ぶりだそうです。
しばらくつづいた寒さと、昨秋の天候不良の影響で根株が十分に育たなかったため、
アスパラは昨年を大きく下回る出荷量となっており大苦戦しております・・・。

==================================
6月9日南空知玉葱出荷グループのコープしが産直点検を実施しました。
今回の点検にはコープしが村上さんが点検にお越しになり、エプロン進藤、伊藤が同行し
グループ代表坂野俊一さんの日生協GAP【生産者編】点検を行いました。

▼整理整頓も進められ、倉庫内は片付いていました。


















▼農薬管理や帳票類の管理がしっかりできていると高く評価していただきました。

















リスク評価で鳥の侵入を防ぐ対策が課題に上がりましたが
点検全体とおしてとても高い評価をいただきました。

▼左からエプロン進藤、コープしが村上さん、グループ代表 坂野さん


















6月上旬【岩見沢】の平均気温14.5度(平年比―1.4度)、降水量53mm(平年比259%)
やや低温で、雨の多かった印象ですが順調に生育しています。

▼玉ねぎの生育は順調!8月初旬の出荷を見込んでいます。



















投稿者:MITSU

得地農場ブロッコリー ならコープ産直点検

投稿日時:2017年6月9日 17:56 金曜日
前日の丸巳に引き続き、ならコープの産直産地である
音更町・得地農場の産直点検が6月1日行われました。
▼得地勝 社長 ブロッコリーの作付全面積は約40ha。

















適度な降雨があり、定植状況は今のところ計画通りに順調です
ブロッコリー生育状況はというと・・・

▼パオパオを使用した早出し圃場は花蕾が約5mm程度でした、
 6/20前頃からの出荷が見込まれています。

















▼産直点検では圃場周り、農薬庫、倉庫類などを確認しました。

















前年出された改善要請も改善がされており、
継続している生協GAPを通じて、自身の農場についての危険箇所を
意識するようになりました。
















北海道のブロッコリーは早い産地で出荷が始まりました。
得地さんもあと10日ほどで出荷です!

投稿者:MITSU
前の月
2017年 06月
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30