1. ホーム
  2. 産地ブログ

”わだのごぼう”収穫開始

投稿日時:2022年10月1日 9:3 土曜日
たまねぎの収穫作業もようやく終盤を迎えてきました。

振り返ってみると9月は穏やかな日が多かったですが、6月~8月は各産地で降雨量が
多く、平年(折れ線グラフ)に対して棒グラフ(2022年)が高いのがわかります。


▼ 北海道内 たまねぎ生産地の降雨量













特に十勝地方(足寄町)の降雨量は平年と比較して、
6月:208%
7月:161%
8月:178%
と3ヶ月連続して平年値を大幅に超える降雨量を記録しました。

激しい降雨後の乾燥によって、“土壌クラスト”という土壌表面の固結が生じます。
収穫作業においては土塊として収穫されてしまうため、除去作業を行ってから収穫を行います。


▼ 土壌クラストの様子      (9/16撮影、十勝地方)

















土の表面が固まってひび割れが発生しています。

▼固結した土塊      (9/16撮影、十勝地方)

















たまねぎよりも大きい土塊が生じることがあります。
推定直径15cm!!



▼ 北海道産 玉ねぎ状況













収穫が残っている地域も10月上旬には収穫が全て完了する見通しとなっています。


➖➖➖➖➖➖ごぼう➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
“わだのごぼう”としてお馴染みの帯広市和田農園さんでは、ごぼうの収穫作業が始まりました。

▼ 生産者の和田親子

















春の播種作業は4/25~5/21と例年通りに行われました。
8月は連続した降雨と曇天が続きましたが、長年培った土作りの力と海藻系ミネラル葉面散布など、臨機応変に対応することで、大きな影響なく順調に生育しています。

例年通りの9/3より試し堀りを開始しされ、9/25からは本格的な収穫作業が10/25にまで行われます。


▼ 旺盛な生育をしているごぼう畑        (9/26撮影)

















和田農園では35haのごぼうを作付しており、約800tのごぼうを収穫、来年9月まで通年かけて出荷を続けていきます。

新物ごぼうを待ち望んでいる方も多いと思います。
今年も“わだのごぼう”をたっぷりと楽しむことが出来そう

投稿者:itoshin

たまねぎ、じゃがいも それぞれの風乾

投稿日時:2022年9月16日 9:47 金曜日
北海道では9月に入りようやく晴天の日が続くようになってきました。
最高気温もまだ25℃を超える日が多く、北海道民としては少し暑い位です。

たまねぎ生産者では順調に收穫作業が進んでいます。
収穫後は圃場の上で、乾燥場他にもよりますが14日程、時間かけてしっかりと風乾を行います。

▼ 圃場での玉葱風乾の様子         (9/12撮影)

















この作業をすることで、表面が乾燥し鬼皮(外皮)が取れやすくなります。

ここ数日は天候に恵まれているため乾燥状態も良いので、心配していた鬼皮の黒じみによる品質面も徐々に改善されつつあります。


▼ 北海道産 玉ねぎの作況状況













収穫作業は平年の進捗まで挽回しており、道内5割~8割くらいまで收穫が完了。一部では収穫終了した生産者もいます。

大きいサイズが多く収穫量も多いですが、雨を受けて肥大したものについての品質面はまだまだ油断できない状態です。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖じゃがいも➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

一方、じゃがいもでは少し違った形で風乾作業が行われています。

今年の収穫時期(8月)は降雨が多く、じゃがいも表面に水分が多く、貯蔵後の腐敗が心配されていました。

收穫物を状態を確認し、エプロンでは機械を使用した風乾システムを導入しさらなる品質向上を目指しています。

▼ 馬鈴薯風乾の様子 ※動画



シートとファンを組み合わせて囲いを作り、ファンで中の空気を抜くことで強制的にじゃがいもの間に空気を通し、表面を短時間で乾燥させることが出来ます!

じゃがいもは日光に当たると緑化してしまい、玉ねぎの様にじっくり圃場で風乾という訳にはいかないので、倉庫内で短時間で行える画期的な方法です。

この作業により、皮むけの防止、腐敗の予防、発芽抑制などの効果が期待できます。


長期貯蔵する場合はこの様な初期乾燥も重要な作業となります。


投稿者:itoshin

たまねぎ(收穫中)、南瓜(収穫直前)

投稿日時:2022年9月1日 14:4 木曜日
新得町の南瓜生産者タスクファームでは收穫作業に向けた準備が進められています。

今年の播種は例年通りの5/23より開始。機械を使わず全て手作業で行われました。

播種から約1ヶ月間は安定した気候により順調な生育をしていましたが、
花時期を迎える7月中旬より、雨続きの天候となってしまいました。

▼ 新得町 南瓜 花時期(7月中旬)の降雨量













この時期はハチによる受粉時期ですが、今年は天候が悪くハチの活動が少ないため着果が少ない年となってしまいました。


その後は肥大に影響する大切な時期ですが、ここでも雨が続いており特に8/16には記録的な豪雨145mmを観測。
この日の一日の降雨量は8月一ヶ月平均の70%に相当する量です。


▼ 新得町 南瓜 肥大時期(8月)の降雨量














肥大期の極端な雨により南瓜が水分を多く含んでしまうため、その後の貯蔵性も悪くなってしまいます。

冬至向けの貯蔵品種(蔵の匠)を多く作付しているタスクファームでは、
収穫後は例年よりもしっかりとした風乾をすることで、貯蔵中の腐敗を防ぎ
冬至にも品質の良い南瓜を届けたいと話してくれました。

今年の作付は9.3ha。降雨の影響で平年の8割くらいの約100tの出荷を見込んでいます。


▼ 生産者のタスクファーム(藤田匡さん)
















➖➖➖➖➖➖たまねぎ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

収穫作業のピークを迎えている玉ねぎですが、連日の雨で悪戦苦闘の日々です。

機械收穫を行う玉ねぎにとっては、雨が続いてしまうと收穫作業が行えません。
そればかりか、雨に当たる度に品質が悪くなってしまいます。


▼ たまねぎ收穫圃場の様子          (8/24 北見市)


















この日は久々の晴天となりました。

収穫後のスチールコンテナにはオレンジのカバーを掛けて、雨が入らないようにしています。
主力生産地のオホーツク方面では、5月、6月には干ばつによって悩まされましたが、
7月以降に十分な水分があり肥大の方はとても良好。L大、2Lサイズの収穫量も多くなっています。

しかし、玉ねぎ自体が多くの水分を吸ってしまっているため貯蔵性が悪く、外皮が少し黒ずんでいるものも多く収穫されています。

▼収穫前の肥大の様子         (8/26 撮影 小清水町)


















收穫量は全体の半分弱。少しでも良い品質で収穫しようと、生産者がフル稼働で收穫する日々はまだまだ続きそうです。


▼ 北海道産玉ねぎ  各生産地域の状況














收穫期に入り北海道全域で降雨量が多くなっています。
どの地域でも貯蔵性の悪さや腐敗の発生。外皮の黒ずみが多くなっています。

投稿者:itoshin

玉ねぎ状況(8.15) 北海道産とうもろこし

投稿日時:2022年8月15日 17:53 月曜日
北海道産玉ねぎの收穫が最盛期を迎えました。

南空知玉葱出荷グループ、栗山町の川合さんでは本日(8/15)より收穫作業が開始となりました。

有機栽培と特別栽培に取り組んでいる川合さんでは、まずは有機栽培の2.9ha分からの収穫を開始となりました。

▼玉ねぎ收穫の様子(動画)   栗山町、川合さん         (8/15撮影)



8月に入り降雨の日が多く、特に8月8日からの5日間は連続してトータル約100mmの降雨がありました。

収穫期間中の雨は収穫作業が遅れ、品質面に影響を及ぼすので、圃場の状態、玉ねぎの乾き具合を見ながら収穫作業を行っています。

2月11日に播種を開始して約6ヶ月、4月15日に畑に定植を行ってちょうど4ヶ月。
干ばつや強風に悩まされた年でしたが、無事に收穫を開始することができました。
有機栽培終了後は特別栽培の收穫を行い、9月中旬に全ての収穫作業が終了となる見通しです。


今回の長雨は全道的に発生し、各産地にて收穫遅れなどが発生しており、
一部では局所的な大雨となった地域もあるようです。


北海道内の玉ねぎ  各産地の状況 (8/15)












➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖スイートコーン➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

北海道産の人気野菜でもあるスイートコーン。

真狩村の生産者、横川さんでは5月26日播種を行い、8月18日からの收穫に備え、日々の品質チェックを行っています。

▼ とうもろこし畑の様子   ドローン動画撮影     (8/12 真狩村)


栽培品種は“恵味”
生育も良好で大きいもので既に400gを超えている物もありました。
收穫までの1週間でさらに大きく、甘くなっていきます。

▼ とうもろこし重量(421g)  8/12撮影 ※収獲日前















今年は8月に入ってから晴天の日が少なく、日照不足により若干色付きが遅れて生育しているのも特徴です。
残り1週間で色と味がさらにのってくれると思います。

横川さんでは8/18から收穫が始まり、9/中旬まで約13万本の收穫を予定しています。

投稿者:itoshin

たまねぎ最新状況(7.17)

投稿日時:2022年7月17日 14:45 日曜日
北海道産たまねぎの収穫がいよいよ始まりました。

先陣を切って始まったのが、越冬たまねぎ生産者の伊達市、近江さん。

7月6日に根切りを行なった後は畑の上で風乾。今日からの収穫を迎えることが出来ました。
▼ たまねぎ根切の様子 〈7月6日 伊達市〉



▼ 玉葱收穫の様子  〈7月15日  伊達市〉



収穫しているのは”越冬たまねぎ”冬季間の積雪と春先の干ばつによって欠株が多くなってしまいましたが、よくここまで育ってくれた。早く収穫をして皆様にお届けしたいとの事です。

収穫されたたまねぎは更に風乾と選別作業を行い、早ければ20日頃の出荷となります。

▪️各地の生育状況▪️
南空知(栗山町)…気温も高く生育は順調だが、後半品種にかけてやや水分不足気味。根切は雨後より本格化し、收穫は月末からが本格化する見通し。

オホーツク地方…一気に生育を挽回しつつあるが、水分不足気味。極早生の根切りは長雨前の15日、16日に一斉に開始。収穫は雨後の25日頃からの見込み。

十勝地方(足寄)…曇天、降雨の日が多く、生育が進まない天候が続いています。極早生根切りが8日と早かったが降雨続きで収穫は25日頃より。

根切り、収穫が本格化される時期ですが、翌週に長雨の予報が出ており、予定通りの作業が行わず、極早生の收穫は遅れています。
軟腐病の発生も報告されており、これからの高温、多湿には十分注意が必要です。

投稿者:itoshin