1. ホーム
  2. 産地ブログ

福岡のブロッコリーが始まります!

投稿日時:2021年11月1日 15:16 月曜日
北海道のブロッコリーも終盤に近付き、弊社の協力産地も今週ですべて出荷が終わる予定です。
今年はブロッコリーに限らず、干ばつと高温に非常に悩まされた年になりましたが、最後までがんばってくださった生産者の皆さんと農産物に本当に感謝です!!
状況が良くない年は、つくづく農産物は畑の「恵み」であることを実感します。

さて、弊社ではブロッコリーの年間供給のために、北海道が終了してからは九州の「福岡」へとリレーを繋いでいきます!
福岡産は11月上旬から出荷スタートする予定です。

















お取り引きさせていただいている「JA全農ふくれん」では、昨年から新センターを稼働し、すべて発泡氷詰めで出荷を対応可能な大規模な冷蔵施設があり、更に今年も新たに製氷機を導入予定です。

そうすることで収量が多くても、収穫後時間を置かずにすぐに予冷と氷詰めを行えるので、
北海道を含め全国遠方の出荷に向けて「品質の安定したブロッコリーをお届けすることができること」が特徴です!

***

今年の福岡のブロッコリーの産地状況ですが、8月の長雨で定植遅れと、それ以降の干ばつの影響を受けやや遅れ気味の生育状況となっています。

▼8月から10月にかけての福岡の降水量














▼降雨後の干ばつの影響でクラストしている箇所も


















▼ブロッコリーの圃場の様子


















葉は綺麗な緑でしっかりとしていました。
▼8月31日に定植したブロッコリーです


















やや小ぶりですが綺麗なブロッコリーです!

やや遅れ気味とはお伝えしましたが、今後雨次第ではありますが年末にかけて一気に収量が増える可能性もあります。
今年も福岡のブロッコリーをよろしくお願いいたします。

投稿者:tomo

JGAP更新審査が行われました!

投稿日時:2021年10月26日 9:25 火曜日
弊社ではJGAP団体認証を取得しております。

※ASIAGAP/JGAPとは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。
農薬・肥料の管理など、持続可能な農業につながる多くの基準が定められています。

(※日本GAP協会HPより引用)

弊社では今のところ【玉葱】で、南空知5農場、オホーツク6農場の計11農場取得しています。また、今回の審査認証で新たにオホーツクで1農場加わる予定なので、認証後は12農場となります。
また、3カ所の農産物取扱施設での認証を取得しております。


こちらのJGAPの認証を維持するためには、「更新審査」を受ける必要があります。

そのため先日4日間かけて、今回は南空知からは1農場、オホーツクからは3農場、他加工・選果場の現地審査が行われました!
南空知からは「木下農場」が選ばれました。当日の様子を少しだけご紹介しますね!


▼ちなみに審査当日は雨あがりで、虹が綺麗に出ていました。
















では早速審査開始です!
▼まずは周辺地図を基に玉葱の圃場及び周辺環境の確認が行われます。
















圃場地図では玉葱となっていますが、現在は玉葱収穫後に播種した秋播き小麦の畑になっています。
隣の畑へのドリフト、また、川がすぐ近くに流れるので氾濫の可能性、
堆肥などによる汚染の可能性の有無について詳しく説明しました。

その後、ハウスや農業機械保管庫といった施設の確認が行われました。

▼続いて玉葱の選果場の確認です
















木下さん、玉葱の選果作業についての流れを説明しています。

▼製品置き場もしっかり整理整頓されています!

















▼各種掲示物もしっかり貼られており、リスク管理もされています。

















施設の確認後は、書類審査に移ります。

▼書類審査中の木下さん

















木下さんはGAPについて自己学習しており、審査員の方からの質問の受け答えや求められた書類や証明書の開示も非常にスムーズでした!

普段から取り組まれていることが無事に評価されました。
木下さん自身も、JGAPに取り組んだことで、整理整頓がしっかり行えるようになったことが良かったとお話をしていました。

この日の審査は計4時間程かけて、終了しました。
他、札幌と美幌町の加工選果場、同じく美幌町の仙頭さん・佃さん、小清水の佐藤さんの審査が行われました。

***

今後も非常に重要、そして安心・安全のためには必須となっていくであろうJGAP。
今後も生産者の方とエプロンの事務局とで協力して、しっかりと取り組んでいきます!


投稿者:tomo

鮮やかな秋の味覚

投稿日時:2021年10月15日 9:30 金曜日
今回は千歳のあしだファームのブログです。
あしだファーム代表の蘆田さんです!

















従業員の方にお話を聞くと、蘆田さんは年々不思議と若返えられているそうで…
確かに昔の写真と変わらないどころか、今の方が若くみえるような気がします!!
さて、そんな蘆田さんがいらっしゃるのは、大根の圃場です。
6月中旬から11月上旬頃まで大根を出荷しています。

▼そろそろシーズン終盤ですが、とても元気な大根です(10.6撮影)


















▼続いてこちらはこれからの季節にぴったりな鮮やかな赤カブの圃場です(10.6撮影)































頭しか見えていませんが、とても立派で、この時すでに十分な大きさになっていました。
赤カブは例年大きくなりすぎてしまうぐらい成長がよいため、今年は株間の間隔をぐっと狭くしたそうです。
それでも成長が順調のため、収穫を前倒しし、今月14日から出荷開始しています。

さて、赤カブは漬物にするというイメージがありますが…
本州の赤カブというのは、もう少し小さめでそのままでは渋いため漬物などに加工しなければ食べられないそうですが、
あしだファームの赤カブはほんのり甘いため、
薄くスライスにしてサラダにしても美味しいんですよ♪
もちろん、お酢で漬けるだけで簡単に綺麗な紅色の美味しいお漬物もできますので、是非お試しください!



まさに今が旬のあしだファームの赤カブ!

漬物、サラダとぜひ色々な方法でご賞味くださいね。





***

さて、蘆田さんと言えば大根というイメージが強いですが、
実は菌床生椎茸にも力を入れています!

椎茸が苦手な人もおいしく食べられたと声を頂く程、評判の椎茸です。
▼※こちらの写真は従業員の方からご提供いただきました。













2008年に、パートタイムの方の周年雇用のために始められた菌床生椎茸栽培でしたが、
最初は購入していた培地も、今では自身の農場で一日1500床を生産するほどに!
※培地とは微生物や動植物を育成するための資材や物質あるいは空間のことで、
ここではキノコを培養するための菌床のことを指します。


▼培地の原料のメインとなるおがくずです。
















↑のおがくずに、ふすま(小麦糠)や水を機械で混ぜ攪拌したものを、人の手で袋に詰めていきます。
▼こちらの袋は、空気は通しますが雑菌は通さない物凄く小さな穴(特殊なフィルター)がついています。
















▼その後培地を80℃で6時間かけて殺菌します。殺菌が不十分ですと、あとから接種する椎茸菌がうまく成長しないのです。

















▼その後無菌室にて培地に種菌を接種します。













▼その後は培養施設に移動し、培養します
















▼施設内は暖房設備や、外気を自動で取り込むなど温度・湿度を機械で徹底管理しています。














▼約90日後に菌床が成熟するので、あともう少しですが菌の接種70日後の培地の変化の様子です









菌の接種前とは違い、色が白や茶色く変化していますね。
上から接種された菌糸が伸び培地に活着していっている証拠で、菌床の成熟までもう少しです。
菌床の成熟後は、発生ハウスに移動させ、椎茸発生後収穫となります!

※ちなみに、収穫後の菌床は休ませ、繰り返し発生させ収穫したあと、廃菌床となるのですが、
その数なんとシーズン30万床ほど!
あしだファームではそんな廃菌床を畑に再利用して、畑の循環に努めています。


その後の椎茸の詳しい発生作業については、従業員の方に詳しく教えていただきました!
▼※こちらの写真・文章は従業員の方からご提供いただきました。


















「ハウス内の温度管理も、常に一定を保つのではなく時間帯によってわざと差をつける為に
ボイラーをまわしたり、換気したり、目指すべき温度になるまで調整します。
その温度差が刺激となり椎茸の発芽を促します。

菌床の含水率を上げたり菌床に刺激を与え発芽率を上げる為に
浸水作業というものがあります。

決められた個数の菌床を大きな桶に入れて1日水に浸けるのですが
前日に浸けられてた菌床を元の位置に戻してから、
新たに今日の分を浸けるのでこの作業は、働くスタッフも
1日の理想的な歩数をクリアできるほど良い汗をかきます。

その他にも、音楽を聴かせたり愛情をかけながら
毎日まめに地道に椎茸と向き合い創意工夫を取り入れながらお世話をします。

それに応えてくれるように椎茸は大きくて肉厚に成長してくれます。
結果が伴うと、嬉しくなりますね。

そんなあしだファームの椎茸たちがたくさんの方の食と健康に
少しでもお役に立てますように。」


このような生産現場の方の声をお聞きすると、どれだけの思いと手間を込めて作られているのかがよくわかります。
これこそがあしだファームの商品の美味しさの何よりの秘訣なんですね!
あしだファームを訪問すると、蘆田さんと従業員の方との心の距離が近く、優しいアットホームな雰囲気を感じます。

そんなあしだファームの秋の味覚の大根、赤かぶ、椎茸、
他にも人参も作られているので、ぜひご賞味ください!

投稿者:tomo

30年以上作り続けられているミニトマト

投稿日時:2021年10月8日 13:49 金曜日
段々と冷たい風がふくようになってきましたね。
やっと北海道らしい気候になってきて少しほっとしています。
さて、今回はミニトマトのブログです!

















出荷シーズンは全く異なりますが、
トマト(ミニトマト)含む全国の生産量の順位としては、
1位が大きく差をつけ熊本県2位が北海道 となっています。

北海道産のシーズンはおおよそ5月始め頃~10月末頃で、
おおよそ熊本産が9月末頃~7月頃まで続いていきます。

もう10月に入っているので、今年の熊本産が少しずつ始まってきているのですが、
北海道が干ばつのころに九州は大雨に見舞われ、生育に影響が出ており、
出荷数量・相場共に中々厳しい状況からのスタートとなりました。

さて、現在の北海道の産地の様子です。

新十津川町 中川農園代表の中川さんです。
















以前のブログで初めてご紹介させていただきました。中川さん、素敵な笑顔です♪
特別栽培のミニトマト(品種:キャロルスター)を作られています。
今年を振り返り、やはり今年の天候は今までに経験がないものでした、
とお話してくださいました。

産地状況としては、干ばつ高温の影響で中断の花が落ちて実がつかなかった分、
シーズン終盤のこの時期に上の段に小さな実がたくさんついている状態です。
このような実の付き方は例年にはないそうです。


▼ミニトマトのハウス















▼ほとんどSなので、中々収量が上がらず、また、気温が低いことから色ものりづらい状況です…。
















しかし、そんな厳しい状況下でも、中川さんのミニトマトには甘みがあるんです!

その秘訣は生育中のミニトマトの水分調節です
ミニトマトは潅水チューブで水をあげているんですが、定植以降は基本的に
シーズン1~2回しかあげていないそうです!(多い時でも3~5回程度)。
というのは、水を多くあげてしまうと根が土に深く張るのをやめてしまうから。
中川さんは、木の状態をよくみながら、とにかく「根」をしっかり土に張らせることで、土壌中(地下水)の水分をしっかり吸わせているそうです。

こうした「水を与えすぎない」「ミニトマトを甘やかさない」
そんなこだわりのミニトマト作りを、お父様の代から30年以上続けています。

元々米作りが盛んな新十津川町で、トマト類の作付けがまだあまり盛んではない頃からミニトマト作りを始められたそうです。

そんな中川さんの歴史あるミニトマト、ぜひご賞味くださいね。
ちなみに、中川さんの奥様のお勧めのレシピは、トマトソースにすることだそうです!
少し手間はかかりますが、うま味がすごくでるそうです。私もぜひ作ってみたいと思います!

シーズン終了までもう少しですが、最後までよろしくお願いいたします。

投稿者:tomo

南瓜の出荷が始まりました~!

投稿日時:2021年10月1日 11:47 金曜日
南瓜の収穫を終えてキュアリング(風乾)作業を経て出荷がスタートしている産地が続々です。

ブロッコリーやとうもろこしをメインで作る得地農場でも、南瓜を栽培しています。
▼9.25 得地農場 蔵の匠(南瓜) 収穫直後コンテナにて保管されている様子

















今年は7~8玉メインです。

▼9.25 得地農場 蔵の匠(南瓜) ハウス内でキュアリング中の様子

















こうやって並ぶ南瓜は圧巻ですね!
通常は手間がかかるのでコンテナに入れたまま風乾するのですが、得地さんでは風乾にムラがないように、1玉1玉丁寧にヘタを上に向けて並べています。



とても量が多いので3段まで積み重ねています(これ以上積み重ねると南瓜が変形する恐れがあります。)

とっっても手間がかかるので、こちらの1玉1玉床に並べる作業をされているところは珍しいんですよ。

すごいです、得地さん!


※↓以前撮影した得地さんのハウス内全体の様子です(とてつもない南瓜の量です…)











▼さて、よくみるとキュアリング完了前の南瓜は
まだ果梗部(ツルの切り口)が青々しくて水分があります。


































このままでは切り口から菌が侵入する恐れがあります。
そのため、2週間前後しっかりキュアリング(風乾)作業を行うことで、果梗部の切り口をしっかり乾かし、切り口からの菌の侵入を防ぎ、実の腐敗を防止していきます。
同時に南瓜の熟成も進んでいき、収穫後も追熟させることででんぷんが糖に変わって甘みが増していきます。

こうして皆様の元により美味しい南瓜をお届けしています。

キュアリング作業は、自然の風で乾燥させるところもあれば、しっかりと扇風機を回して乾燥させる産地、様々です。
ただし南瓜はおよそ7度を下回ると低温障害が起き腐敗してしまう恐れがあるので、これから迎える寒い季節には温度管理に細心の注意を払います。

そんな中、特に貯蔵庫に工夫している産地が、前回のブログでお伝えした、
ワカハラ農場(新得町)のこだわり貯蔵庫です!

















こちらは断熱倉庫で、湿度が高い時には湿気を吸い込み、乾燥している時には湿気を吐き出して周囲の湿度を調整する「調湿作用」を持つベニヤ板を天井に施工しています。
また常に扇風機を回し、空気を循環させ、温度を一定に保つよう工夫しています。
このようにワカハラ農場では南瓜の品質管理を徹底されているんですよ。

▼そんなワカハラ農場のキュアリング後のくりゆたか南瓜です。


















実がオレンジがかった綺麗な黄色ですね!シンプルにレンジで加熱して試食したところ、ホクホクとして甘みがありました。
シンプルに素揚げ、天ぷらにしてもおいしそうです~!

ちなみに、ワカハラ農場では今年こんな色鮮やかな南瓜も作りました!
▼品種:オレンジプリンセス














これからのハロウィーンにぴったりな南瓜ですね!食味もホクホクとしていて、お菓子作りにも向いているなと思いました。



私も一足先に、今年の南瓜を裏ごしして、それに少しの小麦粉、砂糖、牛乳、卵を混ぜて焼くだけのシンプルな焼きプリンのようなお菓子を作りました!

南瓜の風味がきいていて、南瓜好きな人にお勧めですよ。




これからの季節、ぐ~っと美味しくなった南瓜がどんどん出荷されていきますので、皆様お楽しみに!

投稿者:tomo