1. ホーム
  2. 産地ブログ

北海道産ブロッコリー 收穫開始

投稿日時:2022年6月16日 9:48 木曜日
北海道産ブロッコリーの収穫がいよいよ始まります。

中富良野町の匠ファームでは4月14日に定植を開始。
5月はなかなか気温が上がらない日が多く、霜の被害や近隣ではひょうの被害もあったほどです。

低温の中ですが適度な降雨があり、予定よりも3日~4日ほど遅れた6月20日からの収穫に向けて着々と準備を進めています。

▼ 匠ファームブロッコリー   定植:4/14  撮影:6/15  品種:ピクセル















初収穫後も継続して収穫作業が行われ、シーズンで約54ha、150万玉の收穫、出荷を計画しています。


------------ばれいしょ----------------------------------------------------------

美瑛馬鈴薯出荷グループのばれいしょも順調に生育しています。

例年通りの4月21日より植え付け作業が始まり、適度な降雨もあり順調に生育しています。
早期出荷する圃場ではパオパオという不織布を使い、低温対策を行っていますが、先日除去作業が行われました。

▼ 美瑛町 寺島勝明さん パオパオ除去作業


畑一面となると張るのも剥がすのも家族総出で行います。


5月中旬から低温の期間が長く続きましたが、馬鈴薯は低温には強く順調に生育しています。


▼ 美瑛町 寺島勝明さん  6/15撮影 品種:男爵  
















早くも一輪だけ開花を確認できました。
これから次々と花が咲き、土の中ではじゃがいもが肥大する大切な時期となります。

7月20日頃に予定している收穫がとても楽しみです。



------------ミニ大根----------------------------------------------------

北海道南部、七飯町の木村さんでは“ミニ大根”の収穫が始まりました。


例年通りの4/9に播種を行いましたが、4月の干ばつによる発芽遅れと5月の低温による生育不良により、例年よりも7日~10日程遅れて収穫開始となりました。

ミニ大根とは一般品種の半分の長さ(20cm~25cm位)のもので、
一般品種を早期に収穫しているわけではなく、ミニ大根専用品種にて栽培を行っています。

害虫が寄りやすいため夏場の栽培は難しく、木村さんの出荷期間はシーズンで約2週間のみと大変貴重な野菜となっています。

▼ミニ大根生産者 七飯町、木村さん  品種:味いちばん

















今後、約2週間掛けて約60,000本の収穫、出荷を予定しています。

投稿者:itoshin

JGAP✕SDGs:玉葱  フルーツトマト收穫開始 南瓜定植開始

投稿日時:2022年6月1日 14:15 水曜日
株式会社エプロンとして取得しているJGAP団体認証の更新審査が行われました。

JGAPとは農場やJA等の生産者団体が活用する農場管理の基準です。
農薬・肥料の管理など、持続可能な農業につながる多くの基準が定められています。

エプロンでは北海道内のたまねぎ生産者12名、共選選果場2ヶ所を含めた団体認証を受けており2021年産では8,140tの生産実績があります。
2022年の計画では約180haの栽培面積と10,000tの生産計画となっています。


近年よく耳にするSDGs(持続的な開発目標)17の目標の内、JGAPでは13に密接な関わりがあり注目されています。
















審査では食品安全、労働安全に対してのリスクとその対策を中心に、機械整備状況、農薬保管状況など様々な確認が行われました。

▼ GAP管理されている農場の様子















一方、圃場での玉葱生育状況はと言いますと、5/27より全道的に降雨があり恵みの雨となりました。
もう少し雨が欲しいとの声も一部生産者より聞こえてきますが、まずは一安心。
これから一気に生育することに期待です。 

▼ 美幌町 佃徹さん 品種:バレットベア(草丈30cm) 定植:4/21   撮影:5/27



















 
   ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖フルーツトマト➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

高食味で高い評価を受けている空知高糖度トマト出荷組合(五十嵐さん、清野さん)のフルーツトマト初出荷を迎えました。

美唄市の五十嵐さんでは例年通りの4/23より定植が随時行われ、今年は晴天にも恵まれる日が多く、糖度の揃ったフルーツトマトが5/25から收穫開始されています。

▼收穫適期を迎えたフルーツトマト(5/25撮影)
















実際に糖度を計測してみると、糖度9度!

▼ 糖度9度のフルーツトマト   (5/25撮影 五十嵐盛朗さん)



















当生産者では糖度8度以上を“特選”という最上級のグレードとして出荷しており
收穫初期より“特選”が多く收穫出来ているとのこと。

收穫は7月下旬にピークを迎え、11月上旬まで行われ、シーズンで約80tの生産予定となっています。
 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖ 南 瓜 ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

コチラも食味が売りの南瓜生産者、新得町のワカハラ農場では南瓜の定植作業が始まりました。

ワカハラ農場では約12haの南瓜の栽培を行っていますが、その定植や播種作業は全て手作業で行っています。


▼定植の様子     (5/25ワカハラ農場)




苗を専用の移植筒で圃場へ差し込み、土を寄せて定植作業を行います。

この日の作業は2haほど、約10,000本の苗を定植しました。

天候の様子を見ながら定植、播種を行い9月收穫に向けて防除などの管理作業を行います。

貯蔵品種である蔵の匠の作付が6割以上を占めるワカハラ農場では10月の出荷から冬至まで高品質な南瓜にこだわり出荷を行います。



投稿者:itoshin