1. ホーム
  2. 産地ブログ

九州(長崎・熊本・佐賀)玉ねぎ他視察

投稿日時:2020年1月20日 18:3 月曜日
長崎・熊本の玉ねぎを中心に状況をお伝えします。
生育状況は今のところ順調に推移してます。前年の秋からの天候にも恵まれ苗の状態も良好で、適期時期に適度な雨もあったそうです。
全体的に暖冬傾向であり、当然気温も高く生産者の間でも「去年より、生育は早い。」という話も出ているそうです。









熊本圃場です。順調です。収穫・出荷に関しては、前進傾向です。







↓佐賀圃場(マルチ)           ↓佐賀圃場                                   佐賀も平年より良い生育になっている様子です。





冒頭でも、お伝えしたように九州地方の玉ねぎは順調でおおむね今のところ豊作になる予感です。

投稿者:murata

現在の北海道の天候状況

投稿日時:2020年1月20日 10:27 月曜日
2020年(令和2年)になりましたが、北海道は降雪量が少なく積もりません。
積雪量も平年の半分以下という地域が多いようです。札幌においても昨年末までは、積雪ゼロで年明けに何回か雪が降りましたがいつもよりかなり少ないです。
毎年、札幌の大通り公園で開催される雪まつりの準備も雪不足の為、いつもより早く前倒しで近隣の中山峠付近よりダンプにて連日搬入しているようです。北海道内での市町村では、雪まつりを中止にしているところもあります。
札幌近郊のスキー場も全コース滑走できるところも少ないようです。

北海道地方の向こう3か月の天候の見通しです。(↓札幌管区気象台ホームページより)
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/412.pdf

北海道の畑はやはり一定期間、雪で覆われているのが望ましいと思います。雪が降り積雪による土中の保温効果などがあり、雪がある程度積もっていないと土が凍結する現象が起きます。
逆に、畑が乾きずらくなったりもして春先の畑作りにも影響が出てくることもあります。また、越冬する作物にとっては深刻な状況にもなります。
ドカ雪や集中降雪は嫌ですが、平年並みの降雪・積雪になって欲しいものです。

本日(1月20日)札幌では、現在雪が降っています。天気予報では約20~30㎝積もるようです。

投稿者:murata

新年のご挨拶

投稿日時:2020年1月4日 8:51 土曜日
あけましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新年をお迎えのことと謹んでお慶び申し上げます。また、関係各位には、日頃より弊社事業に、ご理解・ご協力いただき厚くお礼申し上げます。

昨年を振り返りますと、台風・集中豪雨などに見舞われた地域もあり、大変な年でした。被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
北海道の農業の動向を振り返りますと、春先から比較的に順調に作業等は進み、収獲もスムーズに行き、玉葱をはじめとした農作物にとってはわりと恵まれた天候で推移しました。作柄的にも豊作傾向になりました。

毎年、異常気象と言われますが、当たり前のような気候になりつつあるとも感じております。本年も厳しい天候条件になることも予想もされますが、農業に良い天候になることを願うばかりであります。

2019年は、株式会社エプロンとしてお取引先様に信頼されて頼りにしていただけるよう社員各々が責任・自覚をもって行動して、より一層の努力をしていく所存です。
各産地・生産者とも密に連携・協力して安心安全な信頼できる農産物の生産・販売をできるようより一層進めていきます。その中でGAPの取り組み、ミネラル資材の供給等による、おいしい野菜づくり、栽培技術の向上、平準化などの協力等を継続していきます。
その中で、当社のブランドを確立していけるように努力していきます。

本年もご支援・お引き立てを賜りますよう何卒よろしくお願い致します。
皆様にとって有意義な一年になることをご祈念申し上げて、新年のご挨拶とさせていただきます。


株式会社エプロン
代表取締役 前田 政快



投稿者:murata

みつば出荷最盛期です。

投稿日時:2019年12月24日 10:4 火曜日
みつばですが、現在最盛期で出荷中です。
現地で働く皆様、大変ご苦労様です。
前回は、みつばの状況、写真での大まかな栽培工程を簡単に説明しましたが、今回は収穫から出荷までを動画にてご覧下さい。

ハウスで刈り取り・調整作業をします。


水洗いと選別作業をします。


袋詰め・選別調整作業をします。


ハッポ―スチロールに詰めていきます。


現場では、繊細のものを細かく優しく取扱いして、そしてスピーディに行っています。
年末には、みつばを買っておいしいなべ料理で年越しを迎えれば幸いです。
本年も皆様には大変お世話になりました。それぞれ良い年をお迎えになることを祈念致します。

投稿者:murata

みつば・年末出荷向けて

投稿日時:2019年12月20日 9:57 金曜日
2019年の年末出荷向けて「みつば」が生育中です。

東川町・丸巳(矢澤農園)さんでは、ハウス内で今か今かと12月22日からの出荷に備えており、年末のピーク時に向けて生育等の調整もしています。







←ハウス一杯に元気よく生育中です。





ハウス内では、1日、約1㎝ずつ伸びていきます。

↓根っこもたくましいです。















↓新しいものが次々と育っています。













6月から根を養成して10月下旬頃から根を掘り起こして、木箱に詰めてハウスに並べていきます。
今の時期は、日中の寒暖差が大きいのでハウスでの温度管理等には、非常に気を使います。繊細な作物であるので注意して栽培管理をしています。

















上記のお話しを踏まえ、改めて「みつば」の種まきから出荷までの流れを簡単にご説明します


①6月上旬 播種(種まき)












②6月中旬~下旬 播種から10~14日位で発芽











③6月~10月 生育期間→露地で根株をしっかり養成します。












④10月下旬~11月下旬 夏から秋にかけてたっぷり含まれた根株を掘り取りします。
 みつばを抜いて土をほろい、まとめます。一度葉を刈り取り土を洗い流します。




















⑤11月下旬~12月中旬 ハウス内へ伏せ込み、軟白栽培の為、株は密植するので木箱にびっしりと根株がつまってます。





















⑥12月下旬頃 収穫~選果~出荷作業 すべて手作業で実施する為、多くの人が動員されます。収穫後、洗浄された後に折れや黄変等をはじき、選果したものをパック詰めしていきます。








投稿者:itoshin
前の月
2020年 04月
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30