1. ホーム
  2. 野菜紹介
  3. 玉葱(たまねぎ)

玉葱(たまねぎ)

玉葱は弊社を代表する品目です。
商品紹介を中心にご案内します。

玉ねぎ収穫風景

弊社の主な産地紹介

弊社を代表する玉葱は、早くから栽培記録の管理や、産地指導・点検のシステムのもとに、味・品質の向上や、安心で安全な商品の提供に取り組んできました。
複数の販売先で産直産地の認定を受けています。

<北海道>
・南空知玉葱出荷グループ(北海道)
・オホーツク玉葱出荷グループ(北海道)

<関東>
・たいよう農園(愛媛)

<九州>
・ひぜん産直の会(佐賀・長崎)

〈エプロン玉葱出荷カレンダー〉

安心安全への取り組み

選果場。DB詰めなども行われます。

・玉葱の選果場
美幌町にある弊社の玉葱選果場では除湿乾燥機・冷蔵貯蔵倉庫も併設されており、
4月~5月に北海道産たまねぎの品質・数量ともに安定供給が可能です。
約2,200tもの貯蔵が可能です。

・JGAPへの取り組み
安心・安全への取り組みとして、2018年7月 株式会社エプロンとしてJGAP団体認証取得いたしました。
品目:「たまねぎ」
農林水産省のホームページに弊社が紹介されています。

2021年12月時点
登録農場数:12農場(南空知・オホーツク地区)
登録選果場:2施設
総生産数量:約10,000t(2020年度産)

北海道産「玉葱」

北海道産 玉葱

北海道は日本一の玉葱産地、出荷量は70万トン以上。
全国玉葱出荷量の7割弱を北海道産が占めています。(平成29年農林水産省統計データより)

玉葱の種類は、収穫の時期によって早生・中生・晩生に分かれます。

 極早生  ~  当社PB【キタ七】・北はやて・バレットベア・など
 早生   ~  オホーツク222、Dr.ピルシー
 中・晩生 ~  パワーウルフ、在来玉葱(黄玉)、イコル、北もみじ2000

最も早くに出荷される早生は柔らかくて辛味が少なく、
晩生は病気に強くて貯蔵性に優れるなど、種類によって違った特徴があります。

■出荷期間
7月下旬~5月中旬(収穫後翌年に向け弊社独自の選果場にて保管)

■弊社の代表産地
・南空知玉葱出荷グループ(北海道)<一部 特別栽培>
・オホーツク玉葱出荷グループ(北海道)<一部 特別栽培>
・大雪を囲む会(美瑛・上富良野)<有機栽培>

九州産「新玉葱」

九州産 新玉葱

九州は、春から夏にかけ、北海道に代わって玉葱の中心産地となります。
中でも佐賀県は、全国で北海道に次ぐ出荷量で、全体の9%を占めています。
(平成29年農林水産省統計データ)

ひぜん産直の会では、生育速度の異なる早生~晩生の品種と、出荷時期に合わせた栽培方法で対応することにより、3月から8月まで出荷を行っています。
春に出荷される玉葱は、北海道産の玉葱と区別して新玉葱とも呼ばれ、柔らかくて甘味が強く、サラダなどの生食にも向いているのが特徴です。

■出荷期間
3月下旬~7月下旬

■弊社の代表産地
・ひぜん産直の会(佐賀・長崎)
・鹿児島産

※一部 特別栽培も取り組んでいます。

【期間・数量限定】「黄玉葱」

黄玉葱

南空知では、在来種(空知黄)の黄玉の種子栽培も行っています。

種子栽培は、すべて手作業で手間のかかる仕事ではありますが、貯蔵性に優れた
F1品種(一代限りのかけ合わせた品種)が主流な中において、「昔ながらの味を残していきたい」という思いから、種子栽培に取り組みました。

そんな生産者の熱い思いで作られている黄玉葱は、加熱することで甘みとうま味がぐっと強くなり、食感もとても柔らかくなる大変美味しい商品です。
そのままでは辛みが強いので、生食よりも加熱をお勧めしています。

また、作っている生産者が少ないため数量に限りがあること、貯蔵には向かないため、数か月間の期間・数量限定の商品です。

■出荷期間:9月~12月
■産地:
・南空知玉葱出荷グループ

極早生 北海道産玉葱「キタ七」

PB商品「キタ七」

キタ七には"7つ"のこだわりがあります。
①キタ七は7年に渡り30種類以上の品種を当社で独自に試験し、誕生した当社PB商品です。

②りん葉の一枚一枚が肉厚でやわらかな食味
北海道の玉葱は固く締まっているイメージですが、「キタ七」は関東や九州の柔らかな新玉葱に近い食味です。また、瑞々しく、とてもジューシーなのが特徴です。

③北海道の中でもいち早い7月中旬からの出荷スタートが可能です。

④道内各地の厳選された生産者による安定した出荷の実現
厳選された生産者のみが「キタ七」の栽培に取り組んでいます。

⑤当社オリジナル肥料によるミネラル栽培
栄養や味に与える栄養を考えたミネラルを取り入れたオリジナルの施肥設計の取り組みを行っています。

⑥減農薬の取り組み
特別栽培に取り組む生産者もおりますので、特別栽培での販売についてはご相談ください。

⑦全生産者情報開示可能です

■出荷期間:7月中旬~要問い合わせ
■産地:
・伊達、空知、オホーツク地区の限定の生産者

北海道産 越冬玉葱「えったま333」

"えったま333"のロゴマーク

「越冬玉葱(商品名:えったま333)」とは、北海道の伊達市で作られている珍しい栽培方法の玉葱のことです。

その最大の特徴は、通常の北海道の玉葱は春に播種し秋ごろに収穫をしますが、
こちらの越冬玉葱は、前年の夏に播種し、その後パオパオで被覆し"苗の状態で越冬させて翌年の夏に収穫すること"です。

栽培期間が長いことも特徴で、「えったま333」の"333"は栽培期間である11ヶ月を日数に換算したものなのです。

畑の中でじっくりと育ち栄養を蓄えることから、通常の玉葱に比べて肉厚で甘みがあり、栄養価が高くなります。
生で食べると、瑞々しく、ほとんど辛味がなく、爽やかな甘みがあります。
通常は辛味のある玉葱だと野生の鹿は食べないのですが、その鹿も食べてしまうぐらい甘味のある、こだわりの玉葱です。

■出荷期間
7月始め

■産地
・伊達市の限定生産者

「赤玉葱」

北海道産 赤玉葱

鮮やかな赤色が美しい赤玉葱(アーリーレッド)。
とても瑞々しいのが特徴です。また、辛味や臭みも通常の玉葱に比べて少なく、甘味もあります。
この特徴から、サラダなど生食でおいしくいお召し上がりいただけます。

■出荷期間:通年(時期に応じて産地が変動するため、要問い合わせ)
■産地:
・南空知玉葱出荷グループ(北海道)
・ひぜん産直の会(佐賀)

【コラム】玉葱の保存方法とお召し上がり方

新玉葱のサラダ

新玉葱と貯蔵に向いた種類の特徴の違いに注意しましょう。

<保存方法>
・「玉のまま」保存する場合は、風通しのよい冷暗所にネット等に入れて吊るします。
貯蔵は、湿気の少ない場所では長期間貯蔵が可能です。
(収穫後40~50日後に、休眠状態から目覚めます。玉葱の貯蔵は0℃、湿度は65~70%がベスト)
・「新玉葱」はみずみずしい分あまり日持ちしないので、新聞紙などでくるみ冷蔵庫で保管します。
・「使いかけ」はラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

<お召し上がり方>
新物の玉葱は水分が多くて柔らかく、甘味があるのが 特徴的です。
サラダや洋風の漬物ともいえる「マリネ」などの生で食べられる料理がおすすめです。
炒める場合には、あまり時間をかけず、さっと火を通す程度にします。

【コラム】播種から収穫までのご紹介(北海道)


【コラム】収穫後~出荷までのご紹介

 新物の玉葱は水分が多くて柔らかい反面、傷みやすいので、収穫から出荷までの間に、「風乾」作業をしっかりと行います。出始めの頃は玉葱の選別前に、風通しのよいところで風乾します。

 北海道では収穫後、鉄コンテナに入れたまま上にシートをかけ畑で風乾し、10月下旬ころから貯蔵倉庫に移され春まで出荷されます。

 九州では出荷時期が後になるにつれ、倉庫などで玉葱を下に置き、換気しながら行う「ころがし」、貯蔵庫に吊って乾燥させる「吊り玉」という貯蔵方法で風乾し、「吊り玉」を行う際は、出荷ごとに玉葱をおろして選果・出荷します。

鉄コンに入れた玉葱を畑で風乾(美幌町)

貯蔵中の玉葱(北海道)

吊り玉ねぎ(佐賀県)