1. ホーム
  2. 野菜紹介
  3. 玉葱(たまねぎ)

玉葱(たまねぎ)

全国で食べられるタマネギのうち、約半分のシェアを占める、北海道産。
弊社を代表する産地、南空知玉葱出荷グループを中心に紹介します。

玉ねぎ収穫風景

玉葱の特徴と品種

在来種黄玉葱の畑。長い日照時間で肥大する。

 北海道産の玉葱は、平べったい本州の玉葱と違い、球状なのが特徴です。 また、玉葱が肥大するために必要な日照時間にも、大きな差があります。北海道の在来種「黄玉」の日長は14.25時間、愛知県の「愛知白」は、11.25時間というデータがあります。
 
 この日長による成長の違いから、北海道の玉葱は「長日作物」、それに対し本州の玉葱は「短日作物」に分けられます。 
上記の違いや、気候・その他の様々な条件が重なって、玉葱には地域の在来種が数多くあります。

玉葱苗の定植(南空知)

■北海道産玉葱
玉葱の種類は、収穫の時期によって早生・中生・晩生に分かれます。

 早生   ~ 北はやて・バレットベア
        (8月下旬-9月中下旬に収穫・出荷)
      
 中・晩生 ~ オホーツク222、在来玉葱(黄玉)、ブラウンベア、イコル、北もみじ

 最も早くに出荷される早生は柔らかくて辛味が少なく、晩生は病気に強くて貯蔵性に優れるなど、種類によって違った特徴があります。

佐賀産の早生玉葱

■九州産(佐賀・長崎)玉葱
 九州は、春から夏にかけ、北海道に代わって玉葱の中心産地となります。
中でも佐賀県は、全国で北海道に次ぐ出荷量で、全体の15%を占めています。
(平成23年農林水産省統計データ)

 ひぜん産直の会では、生育速度の異なる早生~晩生の品種と、出荷時期に合わせた栽培方法で対応することにより、3月から8月まで出荷を行っています。
 春に出荷される玉葱は、北海道産の玉葱と区別して新玉葱とも呼ばれ、柔らかくて甘味が強く、サラダなどの生食にも向いているのが特徴です。

玉葱の優れた機能性成分

玉葱には、辛味の成分のもとである硫化アリルや、二硫化プロピル、炭水化物を糖分にかえるといわれるフラクタンという酵素が含まれています。

 また、注目すべき機能性成分として。ポリフェノールの一種であるケルセチン(フラボノイド系)が多く含まれています。
このケルセチンには、動脈硬化やガン、高血圧に効果があります。本来は皮に一番多いのですが、最近の玉葱には、実そのものにも多い品種があります。。
 これらの機能性成分はお茶やリンゴにも含まれていますが、含有量は玉葱が断然多く、さらに調理をしても失われないという優れた特徴があります。
 
 ★機能性成分は、抗酸化力、解毒力、免疫力UPに効果が期待できます。

玉葱の保存方法と食べ方

新玉葱と貯蔵に向いた種類の特徴の違いに注意しましょう。

・「玉のまま」保存する場合は、風通しのよい冷暗所にネット等に入れて吊るします。
貯蔵は、湿気の少ない場所では長期間貯蔵が可能です。
(収穫後40~50日後に、休眠状態から目覚めます。玉葱の貯蔵は0℃、湿度は65~70%がベスト)

・「新玉葱」はみずみずしい分あまり日持ちしないので、新聞紙などでくるみ冷蔵庫で保管します。

・「使いかけ」はラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

新物の玉葱は水分が多くて柔らかく、甘味があるのが 特徴的です。
サラダや洋風の漬物ともいえる「マリネ」などの生で食べられる料理がおすすめです。
炒める場合には、あまり時間をかけず、さっと火を通す程度にします。

★エプロンレシピのページに
たまねぎねぎのおすすめの食べ方を紹介しています。
エプロンレシピのページはこちら

播種から収穫まで(北海道)


収穫後~出荷まで

 新物の玉葱は水分が多くて柔らかい反面、傷みやすいので、収穫から出荷までの間に、「風乾」作業をしっかりと行います。出始めの頃は玉葱の選別前に、風通しのよいところで風乾します。

 北海道では収穫後、鉄コンテナに入れたまま上にシートをかけ畑で風乾し、10月下旬ころから貯蔵倉庫に移され春まで出荷されます。

 九州では出荷時期が後になるにつれ、倉庫などで玉葱を下に置き、換気しながら行う「ころがし」、貯蔵庫に吊って乾燥させる「吊り玉」という貯蔵方法で風乾し、「吊り玉」を行う際は、出荷ごとに玉葱をおろして選果・出荷します。

鉄コンに入れた玉葱を畑で風乾(美幌町)

貯蔵中の玉葱(北海道)

吊り玉ねぎ(佐賀県)