1. ホーム
  2. 野菜紹介
  3. ミニカリフラワー

ミニカリフラワー

アブラナ科アブラナ属
キャベツの仲間、ブロッコリーの兄にあたり、花蕾を食べる野菜です。
エプロンでは花蕾約10cmの小さい品種「美星」を中心としたミニカリフラワーを取り扱っています。

ミニカリフラワーの収穫

カリフラワーの保存方法

葉を取り外して、茎に湿らせたキッチンペーパー等を巻き、ビニール袋に入れて茎を下に立てて保存します。
1、2日で使いきれない場合は、茹でてから保存しましょう。茹でてから容器に入れ冷蔵庫で保存すれば3~4日は保存できます。

カリフラワーの栄養

白いから栄養がほとんどないと思っていませんか?

実はビタミンCが81㎎と豊富に含まれています。

ブロッコリーの120㎎に比べるとやや少ないですが
カリフラワーはゆでた後のビタミンC損失率が低いのが特徴です。
ゆでた後は、ブロッコリーと変わらないビタミンC量が残ります。
(ブロッコリー54㎎ カリフラワー53㎎)
茹でてサラダ、温野菜、スープ温かい調理にも向いています。
他にはカリウム410㎎(ブロッコリー360㎎)、ビタミンB群も豊富に含んでいます。
(五訂増補 食品成分表より 可食部100gあたり)