Blog

産地が見えるブログのサムネイル

十勝のごぼうとブロッコリー

少し時間が経ってしまいましたが、8月19日~からの産地状況をお伝えします。

★【帯広市】和田農園 ごぼう
▼8.19撮影 和田農園 ごぼう圃場

以前お伝えしたように、4月末の大雨により発芽不良を起こした圃場もありましたが、
その後の干ばつの影響はほとんど受けず、上記の写真のように葉の緑も強く大きな葉っぱに育っていました!

▼左から和田政司社長と和田誠さんです。

誠さんが1本ごぼうを抜いてくださりました。写真からわかるように、一か月前に比べても立派に育っていますね。
大きな遅れもなく、収穫は例年通りもう間もなくの9月13日頃からを予定しています。
みんなでこちらのごぼうを試食したところ、えぐみも少なく、甘みがありました。

言わずもがな今年も“わだのごぼう”はおいしさ満点なので、皆様お楽しみに!

▼続いて、8.19撮影 長いもの圃場

こちらは手前しか写っておりませんが、ずっと奥に約270m程続いており、一棟に約50本の長いもを植えています。
ごぼう同様和田さんの長いもとネバリスターも生育順調だそうです。

★ネバリスターとは…長芋と大和芋のよさを受け継いだ山芋で大きさは小ぶり。
しかしながら粘りは長芋の2倍以上で甘みがあり、滑らかな舌触りでクセのない味です。
長芋とどちらを美味しいと思うかは、さらさらが好きかネバネバが好きかの完璧に好みですね。

▼粘りが強いネバリスター

和田農園と言えばごぼうにフィーチャーされがちですが、こちらのネバリスターも自慢の一品ですよ!

***

★【音更町】得地農場 ブロッコリー
▼8.20撮影 得地農場ブロッコリー 収穫の様子

得地さんでは、農薬化学肥料を半分以下削減した《特別栽培》でこだわりのブロッコリーを作っています。
得地さんでも干ばつの影響を受けていましたが、中生・晩生に向かって収量が回復してきていました。
このまま10月中頃まで頑張って出荷していきます!!

▼高温・干ばつの影響を受け、今年は↓のような花蕾のブロッコリーが各地で多く流通しています。

少し花蕾がボコボコとしているのがわかりますね。
このようなブロッコリーは例年でもあまり見たことがなく、高温と干ばつの影響が強くでていますが、花蕾自体はぎゅっと締まっており、食味にも問題はありません。

投稿者:tomo