Blog

産地が見えるブログのサムネイル

美瑛馬鈴薯出荷グループ、萌芽しました!

皆さんお馴染みの美瑛町の美瑛馬鈴薯集荷グループの馬鈴薯の生育状況です。

グループでは代表の寺島さんをはじめ、全4軒の生産者が特別栽培に取り組んでおり、さらに有機質肥料とミネラル肥料を積極的に使い、「より美味しく、より安心な馬鈴薯づくり」を目指しています。

さて、馬鈴薯の作業・生育状況ですが、
一番早いメンバーでは例年より少し早い4月16日から種芋の植え付けを開始しました。

★種芋植え付けの前進となる芽出し作業については→こちら (植え付け前の芽出し作業は寺島さんのみ行っています)
★植え付け作業については→こちら

しかし、4月中旬~5月にかけて、最低気温が低い日が続き、植え付け後3回雪にあたってしまった圃場もありました。
萌芽が遅くなることも勿論ですが、芽が出る前に水分がある状態で低温にあたると種芋自体が腐ってしまう恐れもあり心配でした。

そんな中…代表の寺島さんの馬鈴薯の圃場です(5.14 撮影)▼

寺島さんは5月初めに種芋植え付けしました。植え付け後には丁寧にパオパオ(低温対策)をかけています。

▼パオパオをめくっても、何も見えませんね…。

と、思いきや!!少し手で上の土をとってみると…

植えつけられた種芋から芽が伸びていました!!(5.14 撮影 萌芽 美瑛)

▼わかりやすいように、もうちょっと掘ってみます。

種芋から芽が出ていることがわかりますね~!ちなみにこちらの品種は男爵です。
植え付け後に土の中から種芋を出すことはまずないので、中々珍しい写真ですよ。
このあと、萌芽したあとの種芋自体は土に還っていきます。

萌芽も大きな遅れもなくまずは一安心です。現在は露地の圃場も順調に萌芽が進んでいます。天候に左右されることはありますが、現段階では例年通りの7月中旬から早出しの馬鈴薯の出荷を予定しています!

投稿者:tomo