Blog

産地が見えるブログのサムネイル

美瑛馬鈴薯出荷グループではじゃが芋の植え付け作業が始まりました。

今年の冬は雪が少なく、春の天候に恵まれたことから例年よりも5日~7日程早い

4月17日より開始されました。

先日ご紹介した、美瑛馬鈴薯出荷グループの寺島さんでも植え付け作業が行われています。

▼ まずは、芽出した種芋を拾うところから始まります。

▼ 種芋からわずかに発芽しているのがわかります。

芽が1cm程度で植え付けを行います。

長すぎると植え付け時に折れてしまうので、絶妙なタイミングが必要となります。

▼ 次に植え付け作業を行います。

機械による植え付けを行いますが、種芋が畑に落ちないと欠株となってしまうため

人の手で調整を行っています。

植えた後は低温・風害から守るため、パオパオという不織布にてじゃが芋を守ってあげます。

▼ パオパオで覆われた圃場の様子

春早くから、たくさんの手を掛けることで、7月15日頃に収穫を行うことが出来るんです。

生産者の寺島さんによると『植え付け後に低温や降雨が続くと、土中で種芋が

腐ってしまうので、これからの天気に注意が必要』とのこと。

じゃが芋の植え付け作業は5月上旬まで行われます。

2020年産はグループ全体として、男爵13㏊・とうや1㏊・キタアカリ8㏊・はるか2㏊

作付により、合計約600tの生産を予定しています。

投稿者:itoshin