Blog

産地が見えるブログのサムネイル

多事の為、長らく更新をご無沙汰してしました。
今年は、水害、台風、地震等甚大な災害が続きました、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

今年の北海道は、7月の長雨、その後の干ばつと気候的にも非常に厳しく、
人参、南瓜など多くの農作物の作況にも影響が及びました。

**********************************
先月、先週とエプロン社員が
有機農産物のグループ<大雪を囲む会>を訪問しました。

▼大雪を囲む会代表:一戸農場(美幌町)
 ゴボウの圃場 ゴボウは9/20から収穫が始まりました。

昨年は太物ゴボウが多く出ましたが、今年はLM位が多そうです、
生育は悪くなく、収量は平年よりやや減の見込みです。

こちらは、収穫前の圃場です。上の葉を取った状態ですが土の中には
ごぼうがありました。

▼ゴボウを引き抜きました【動画】
 ゴボウの土にある様子がよくわかります。

【にんじん】
メンバーの地域で作況は違いますが、大雪を囲む会グループ全体としては、
昨年の6~7割の収穫量にとどまりました。

今年はサイズが小さくても割れが目立っており、
加工用(ジュース)として出荷されたものも多かったといいます。

【ばれいしょ】
男爵・メークインともに小玉傾向で、Sが多く発生しています。
「小玉でも、味は良いので是非たくさん食べてほしいです」と一戸さん

もうすっかり秋になりましたので、ホクホク根物土物をたくさんとって、
体を温めたいですね。