Blog

産地が見えるブログのサムネイル

5月15日現在の農作物生育状況が北海道農政部より発表されました
4月中旬以降は気温が高く降水量少なく、日照時間も多かったため、
農作業は平年よりやや早く始まりました。

▼玉ねぎの各地の作業進捗及び生育状況(5月15日現在)

玉ねぎの定植も天候に恵まれ各地とも平年よりやや早く終了しました。
その後ゴールデンウイーク後半から、
特にオホーツク地方では、低温が続いたため生育が停滞しています。
発表された生育状況では平年並み程度になっていますが、遅れている印象です。

▼オホーツク:美幌町
 約1か月前に定植の早生品種バレットベアの生育状況(5月17日撮影)

▼2018年4月15日~5月20日の玉葱産地 日平均気温推移

22日に【南空知地域】を訪問したところ、
20日以降は天気に恵まれ地温も上がってきたため、色味が濃く出てきた状況です。
今年は、定植後の雨のタイミングも良かったので、根の活着ははやく、
低温による遅れはあっても、現状の玉葱はとてもよかったです。

▼南空知 栗山町(5月22日撮影)
4月16日定植 早生品種バレットベア

▼南空知 長沼町(5月22日撮影)
4月22日定植 在来玉葱も順調です。

投稿者:MITSU