Blog

産地が見えるブログのサムネイル

2019年の年末出荷向けて「みつば」が生育中です。

東川町・丸巳(矢澤農園)さんでは、ハウス内で今か今かと12月22日からの出荷に備えており、年末のピーク時に向けて生育等の調整もしています。

←ハウス一杯に元気よく生育中です。

ハウス内では、1日、約1㎝ずつ伸びていきます。

↓根っこもたくましいです。

↓新しいものが次々と育っています。

6月から根を養成して10月下旬頃から根を掘り起こして、木箱に詰めてハウスに並べていきます。
今の時期は、日中の寒暖差が大きいのでハウスでの温度管理等には、非常に気を使います。繊細な作物であるので注意して栽培管理をしています。

上記のお話しを踏まえ、改めて「みつば」の種まきから出荷までの流れを簡単にご説明します

①6月上旬 播種(種まき)

②6月中旬~下旬 播種から10~14日位で発芽

③6月~10月 生育期間→露地で根株をしっかり養成します。

④10月下旬~11月下旬 夏から秋にかけてたっぷり含まれた根株を掘り取りします。
 みつばを抜いて土をほろい、まとめます。一度葉を刈り取り土を洗い流します。

⑤11月下旬~12月中旬 ハウス内へ伏せ込み、軟白栽培の為、株は密植するので木箱にびっしりと根株がつまってます。

⑥12月下旬頃 収穫~選果~出荷作業 すべて手作業で実施する為、多くの人が動員されます。収穫後、洗浄された後に折れや黄変等をはじき、選果したものをパック詰めしていきます。

投稿者:itoshin