Blog

産地が見えるブログのサムネイル

おおよそあと一か月ほどで、弊社取り使い品目の中でも最も取り扱い数量の大きい玉葱の収穫が始まります。
まずは、エプロンの産直産地を代表する、
南空知玉葱出荷グループオホーツク玉葱出荷グループの玉葱の生育状況をお伝えします。



南空知地区にて水ヤケが起きている圃場がところどころあるのでそちらが心配ですが、
全体としてみると遅れをとり戻していき順調に生育しております。

▼岩見沢「春玉葱」圃場(6/23撮影)

現在のサイズはSS~Sほどで、昨年と比べると少し成長が遅く感じますが、
こちらでは水ヤケが起きておらず順調に生育していました。

このままいけば7月25日から末にかけて出荷ができそうですよ!

————————————————

続いて、北海道でいちばん最初に出回る、伊達の新玉葱の生育状況です

▼伊達 「春玉葱」圃場(6/21撮影)

こちらは春植えの玉葱です。玉サイズもおおむね均等に育っており、現在はM中心までに成長していましたよ。

 

収穫予定は7/10を予定しています。
もうすぐですね!


▼伊達 「越冬玉葱」圃場(6/21撮影)

さて、こちらはとっても珍しい越冬玉葱です。北海道でも伊達でしか作られていません!

 

前年の8月中旬に畑へ直接種を播き、その後パオパオで被覆し苗の状態で越冬させました。
こちらは品質の確保と、2L以上のサイズに肥大化するのを防ぐために、収穫前の6/28頃に根切りを行う予定です。


収穫予定は7/7頃と、もう間もなくですよ!

越冬玉葱と一般の玉葱との違いは、なんといってもその糖度です。

糖度は一般的な玉葱に比べ高く、昨年はかったものは12.4度もありました。(一般的な玉葱の糖度は7度前後です。
詳しくは昨年のブログを参照ください。

長い生育期間と、越冬させるので糖分を蓄積するのではと、近江さんは考えています。
甘みだけではなく、もちろん栄養もたっぷりです。

北海道で一番初めに出荷される伊達の玉葱、お楽しみに!

投稿者:tomo