Blog

産地が見えるブログのサムネイル

あけましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。

2023年も、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

本年もよろしくお願い致します。

昨年12月より弊社ホームページが大きくリニューアルとなりましたが、それに伴うシステム変更で“産地が見えるブログ”の更新が滞ってしまいました。

当更新より月に2回、定期的に産地の状況をお伝えしていきます。

➖➖➖➖➖玉ねぎ(佐賀県)➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

佐賀県産玉ねぎの代表産地である白石地区では、9月中旬から始まった定植作業がほぼ終了を迎えております。

今年は降雨が少なく順調な定植作業が行えている一方で、平年の4割~5割程度の降雨量は少し不安になります。

特に10/10~11/10の30日間での降雨は11mmと極端に少なく、この付近での定植された苗の生育は遅れています。

さらに12月には強い寒気が流れ込む事が多く、12/18最高気温3.8℃、12/23、24最高気温4.1℃・4.0℃となり圃場には薄っすらと雪が積りました。

▼1/11 撮影   白石地区    品種:レクスター(9/25定植)

寒さには強い玉ねぎですが、水分不足もあり全体的な葉色は薄く、葉先は黄化してしまっています。

この後は気温が一気に上がり、降雨の予報もあるので、生育を挽回出来るでしょう!

収穫期となる5月連休付近まで約4ヶ月あるので、まだまだ生育序盤です。

これからの生育に期待です。