Blog

産地が見えるブログのサムネイル

”わだのごぼう”収穫開始

たまねぎの収穫作業もようやく終盤を迎えてきました。

振り返ってみると9月は穏やかな日が多かったですが、6月~8月は各産地で降雨量が

多く、平年(折れ線グラフ)に対して棒グラフ(2022年)が高いのがわかります。

▼ 北海道内 たまねぎ生産地の降雨量

特に十勝地方(足寄町)の降雨量は平年と比較して、

6月:208%

7月:161%

8月:178%

と3ヶ月連続して平年値を大幅に超える降雨量を記録しました。

激しい降雨後の乾燥によって、“土壌クラスト”という土壌表面の固結が生じます。

収穫作業においては土塊として収穫されてしまうため、除去作業を行ってから収穫を行います。

▼ 土壌クラストの様子      (9/16撮影、十勝地方)

土の表面が固まってひび割れが発生しています。

▼固結した土塊      (9/16撮影、十勝地方)

たまねぎよりも大きい土塊が生じることがあります。

推定直径15cm!!

▼ 北海道産 玉ねぎ状況

収穫が残っている地域も10月上旬には収穫が全て完了する見通しとなっています。

➖➖➖➖➖➖ごぼう➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

“わだのごぼう”としてお馴染みの帯広市和田農園さんでは、ごぼうの収穫作業が始まりました。

▼ 生産者の和田親子

春の播種作業は4/25~5/21と例年通りに行われました。

8月は連続した降雨と曇天が続きましたが、長年培った土作りの力と海藻系ミネラル葉面散布など、臨機応変に対応することで、大きな影響なく順調に生育しています。

例年通りの9/3より試し堀りを開始しされ、9/25からは本格的な収穫作業が10/25にまで行われます。

▼ 旺盛な生育をしているごぼう畑        (9/26撮影)

和田農園では35haのごぼうを作付しており、約800tのごぼうを収穫、来年9月まで通年かけて出荷を続けていきます。

新物ごぼうを待ち望んでいる方も多いと思います。

今年も“わだのごぼう”をたっぷりと楽しむことが出来そう

投稿者:itoshin